東南海地震は必ず起こる!「助かるいのち」を救うために、いますべきこと

東南海地震は必ず起こる! 「助かるいのち」を救うために、いますべきこと [電子書籍版]
中島孝志

648円(税込)

獲得ポイント:

ポイント

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計 1倍以上
  • 通常購入分+1
  • 楽天会員にログインして、下記取得情報をご確認ください。
  • 楽天カードご利用+3
  • 楽天市場アプリから当月1回以上ご購入+1
  • 楽天プレミアムカードご利用+1
  • 楽天モバイルご加入+1
ボーナスポイント合計 #GROUP_TOTAL# 倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計 #GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#
ボーナスポイント合計 #GROUP_TOTAL# 倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#


初めての方限定!1冊無料クーポン
初めての方限定!1冊無料クーポン

商品基本情報

商品説明

東日本大震災、御嶽山噴火、広島豪雨ー。自然災害大国日本は、いつ天変地異が起こっても不思議ではない。ことに2000年に入ってからは地震活動も盛んになってきた。地震活動が活発になるということは噴火活動が活発になるということである。事実、2014年9月27日には御嶽山が噴火し、50人以上の死者を出した。これは、雲仙普賢岳を上回る戦後最悪の数字である。折り悪く、台風18号が近づき行方不明者の捜索活動は難航しそうである。東日本大震災から数年。天災は忘れたころにやってくる。日本は台風が通り過ぎる国であり、地震列島であり、火山列島である。そして、海に囲まれた国であるから津波の心配もしなくてはならない。そのことを忘れてはならない。本書は、今後日本で地震や津波が発生したことを想定し、いざというとき生き延びるためには、日頃から何をし、どのような意識づけをしなくてはいけないかを著したサバイバルマニュアルである。構成は、地震やその他の天変地異に対して正しい認識を持つための「現実認識篇」と、実際に地震が起きたときどのように行動すればいいのかを示した「実践編」の2部からなる。昔から天変地異はタイミング的に重なるものである。今年から来年にかけてが危ない。備えあれば憂いなし。「助かるいのち」を救うために、今日から備えておこう。

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天kobo電子書籍版

648円(税込)

電子書籍版商品について

電子書籍版商品について

楽天Koboの電子書籍とは?

・楽天Koboの電子書籍をご覧になるには楽天Kobo無料アプリもしくは対応端末が必要です。楽天Koboの概要についてはこちらをご覧ください。

対応端末

・商品によって閲覧できる端末は異なる場合があります。詳細は商品ページでご確認ください。

楽天Kobo会員登録について

・初めて楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックスにて電子書籍をご購入いただく際に、楽天Koboの利用規約画面が表示されます。
楽天Koboの利用規約に同意いただくと、電子書籍の購入及びサービスをご利用いただくことができます。

お気に入りに追加

無料で立ち読みできます!

楽天Kobo無料アプリが必要です。
※現在、iOSアプリでは
ご利用いただけません。
全品対象!
2016/9/30 (金) 23:59まで
2冊以上ご購入で!
15%OFFクーポン
クーポン

あなたにオススメのキャンペーン

  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・医学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ