データで読み解く中国の未来中国脅威論は本当か

データで読み解く中国の未来 中国脅威論は本当か [電子書籍版]
川島博之

1,944円(税込)

獲得ポイント:


初めての方限定!1冊無料クーポンプレゼント!
初めての方限定!1冊無料クーポンプレゼント!

紙書籍版も取り扱ってます!

楽天Kobo 電子書籍版 データで読み解く中国の未来 1,944円
紙書籍版 データで読み解く中国の未来 2,160円

商品基本情報

商品説明

【水野和夫氏・推薦】
中国の未来は、アジアの覇権国家か、普通の開発途上国か?
高い評価を得た『データで読み解く中国経済』の続刊・未来分析編、遂に刊行!

 米国が覇権を確立して以降、中国はもっとも手ごわい相手である。だから、対峙することに躊躇している。日本の保守系メディアが言うように、オバマ政権が弱腰だからではない。共和党政権でも中国と真正面から対決することはないだろう。
 中国は太平洋を二分して、西側を中国のテリトリーとする案を米国に提案している。そこに「中華帝国」を作る。10年のスケールで考えれば、米国はその提案を飲む可能性が高い。米国と中国の妥協が成立すれば、日本はアジアで孤立する。日本は20世紀に米国と安保条約を結んだことによって大きなメリットを受けた。だが、21世紀にあまりに米国を頼っていると、米国と中国が話をつけた場合に、大きなデメリットを被ることになる。この辺りのことは、もっと真剣に議論しておいたほうがよい。(本文より)


【主な内容】
第1章 中国に競り負ける日本
     〜データで見る「世界の工場」の現状と未来

第2章 安い石炭を使うから強い
     〜歪んだコスト競争力の源泉

第3章 格差があるから強い
     〜中国の成長は簡単には止まらない

第4章 「中進国の罠」にはまる中国
     〜農民国家が直面する宿命

第5章 不動産バブルの実態と今後
     〜バブルはゆっくりと崩壊する

第6章「中華帝国」の野望
     〜中国脅威論をデータで分析する

終章 中国の未来

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

紙書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天Kobo電子書籍版

1,944円(税込)

紙書籍版 2,160円より216円お得

お気に入りに追加
  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る
全品対象!
2017/8/10(木) 23:59まで
祝勝利!楽天イーグルス
エントリーで
ポイント2倍
全品対象!
2017/8/10(木) 23:59まで
男性の方限定!
10%OFF
クーポン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ