神霊科学入門無料お試し版生命起源と死後世界を結ぶ秘密

神霊科学入門 無料お試し版 生命起源と死後世界を結ぶ秘密 [電子書籍版]
蕨谷哲雄

無料


初めての方限定!1冊無料クーポンプレゼント!
初めての方限定!1冊無料クーポンプレゼント!

商品基本情報

商品説明

 生命の起源に関して、大嘘がまかり通っています。熱水鉱床で生命が発生したなどという噴飯物の学説です。NHKなどが教養番組でまことしやかに説明しているので真に受けている人も多いでしょう。
 地球上でイメージする生命とは蛋白質で構成された増殖機能を持つ物質のことです。
 原材料のアミノ酸は確かに豊富に存在します。アミノ酸同士が結合できる環境も存在します。
 だからといって、「数億年程度で生命が合成される」などという学説はペテンでしかありません。生物の構造が複雑すぎるからです。
 どんな原始的な単細胞生物でもテレビジョンよりは複雑な構造をしています。
 もし、箱の中にテレビの材料が総てそろっていたとして、その箱を振っていれば、そのうちテレビが完成するでしょうか?
 条件を単細胞生物発生に近づけるためにテレビの材料の入った箱を1ミクロン立方にして、熱水鉱床どころか海の容積全体に埋め尽くし、1秒に1回振動させてみましょう。
 テレビの部品数と組み合わせの確率ですから、高校卒業程度の数学の知識があれば簡単に計算できるでしょう。部品数は300くらいでもかまいません。基板に300の穴が空いていて、必要な部品が正確に穴にはまる確率と考えれば良いでしょう。勿論、1秒で、総ての部品がどこかの穴にはまるという前提です。たった一つの正解の回路が存在し、正確に総ての部品が収まれば、テレビは完成したと見なします。
 その場合の確率は0ではありません。しかし、限りなく0です。
 その中の1個でも1兆年間で偶然テレビになる確率は10の200乗分の1以下です。0が200個並んでもあり得ない確率ということです。
 では、やはり生命は宇宙から飛来したのか?
 残念ながら宇宙も有限なので、宇宙中の総ての恒星に地球みたいな星が必ず1つ以上あって、その全部の星で先ほどと同じようにテレビの箱を振動させても、やはり1兆年間に1回でもテレビが完成する確率は10の100乗分の1以下です。


 こうなると、神様でも登場させなければならなくなりますが、「では神様はどうやって作られたの?」と突っ込まれてしまいます。
 本書では以上の疑問に加え「何故私たちは今地球で生活しているのか?」「死んだらどうなるのか?」という疑問に対する解答も用意しています。


 


 


 


 

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

楽天kobo電子書籍版

無料

お気に入りに追加
  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る
全品対象!
2017/4/27(木) 23:59まで
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸
W勝利で
ポイント
3倍
※キャンペーン参加にはエントリーが必要です。
全品対象!
2017/4/27(木) 23:59まで
男性の方限定!
10%OFF
クーポン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・医学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      サイコパス
      電子書籍サイコパス

      中野信子

      800円(税込)

    2. 2
      植物はなぜ薬を作るのか
      電子書籍植物はなぜ薬を作るのか

      斉藤和季

      950円(税込)

    3. 3
      宇宙が始まる前には何があったのか?
      電子書籍宇宙が始まる前には何があったのか?

      ローレンス・クラウス

      850円(税込)

    4. 4
      毒々生物の奇妙な進化
      電子書籍毒々生物の奇妙な進化

      クリスティー・ウィルコックス

      1,700円(税込)

    5. 5
      探査機画像でたどる火星【第2版】
      電子書籍探査機画像でたどる火星【第2版】

      岡本 典明

      100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ