商品一覧

プロフィール

1933年11月4日生まれ。1960年代から70年頃までTVドラマの女王として一世を風靡した女優。高校卒業後、三越百貨店に入社。売り場で美貌が評判となり役者への道を志す。新東宝に入社し『皇太子の花嫁』で映画デビュー。1956年に『新妻鏡』で初主演し、三ツ矢歌子、久保菜穂子とともに“新東宝現代劇の女優三波羽鳥”として脚光を浴びた。60年に出演したドラマ『今日を生きる』は昼ドラマにも関わらず驚異的な高視聴率を獲得。以後、お茶の間の顔として数多くのドラマに出演。出演する作品が毎回20%を超えることから“20%女優”とも呼ばれた。

(C)CDジャーナル

活動期間

1933年11月04日2010年09月26日

更新日 2019年06月13日 (登録日 2016年02月03日 )
提供元:株式会社ジャパンミュージックデータ