現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • 【ついに終わってしまう”平成”の振り返り企画】30年前はこうだった!!

2019-04-03

【ついに終わってしまう”平成”の振り返り企画】30年前はこうだった!!

【ついに終わってしまう”平成”の振り返り企画】30年前はこうだった!!

2019年4月30日に”平成”という1つの時代が終わってしまうことが現実味を増してきました。昭和生まれの私からすると自分の生まれた年号が2つも前の年号になるなんて恐ろしい限りですが、新元号「令和」がどんな時代になるのかワクワクしますね! ”平成”とは、どんな始まりだったのでしょうか?早速、振り返ってみたいと思います!

楽天Kobo

<2019年4月3日追記>

新元号が「令和」と発表になりましたね!

「令和」は『万葉集』巻五、「梅花(うめのはな)の歌三十二首」の序文

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

から取ったとのこと。

令和の時代も引き続き楽天Koboをよろしくお願いいたします!

平成はこんな始まりだった~出来事編~

★1989年2月9日 「マンガの神様」の呼称で知られる漫画家の手塚治虫が死去

手塚治虫といえば『ブラック・ジャック』ですよね!

そんな手塚治虫の『ブラック・ジャック』を原作とした『ヤング ブラック・ジャック』が「ヤングチャンピオン」で連載されております!

また、2019年1月7日(月)より、『どろろ』のTVアニメ・舞台化も予定となっております。

★4月1日…消費税法施行。消費税率は3%でした。
★4月21日…任天堂の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」が発売開始。
★6月24日…国民的大スターである歌手の美空ひばりが死去。

★7月29日 今でも大人気のスタジオジブリ映画『魔女の宅急便』が公開。

★10月4日…日本テレビ、人気バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の放送開始。
★10月14日…フジテレビ「オレたちひょうきん族」の放送終了。
★10月31日…三菱地所がアメリカ のロックフェラー・センターを買収。これはバブル景気期の成金的な「ジャパンマネー」による海外資産買いあさりの象徴的な例として有名です。

平成はこんな始まりだった~流行語編~

1989年(平成元年)の新語・流行語大賞 新語部門

新語・流行語大賞で、新語部門・金賞は「セクシャル・ハラスメント」。ここから様々なハラスメントの言葉が増えていったのですね!

1989年(平成元年)の新語・流行語大賞 流行語部門

流行語部門・金賞は「オバタリアン」。この4コマ漫画から派生して、あつかましい中年女性などのことも「オバタリアン」と呼ぶようになりました。

平成はこんな始まりだった~ベストセラー編~

この年のベストセラーは以下の作品でした!吉本ばななの年といっても過言ではない年でした。また、2018年3月に亡くなったホーキング博士の本も話題になりました。(※該当書籍は電子化していません)

『TUGUMI』/吉本ばなな

『ノルウェイの森』/村上春樹

『孔子』/井上靖

『人麻呂の暗号』/藤村由加

『「NO」と言える日本』/盛田昭夫・石原慎太郎

※未電子化

平成はこんな始まりだった~ドラマ編~

フジテレビ系の月9ドラマで、柴門ふみの漫画を原作とする『同・級・生』が放送開始。こうしたトレンディドラマの人気タイトルの多くは柴門ふみの手により生み出されたものが原作でした!

平成はこんな始まりだった~アニメ編~

TVアニメも今や名作になっている作品がたくさん放送開始。

★4月15日 『らんま1/2』が放映開始。

★4月26日 『ドラゴンボールZ』が放映開始。

現在、大人気の新作『ドラゴンボール超』はこちらです!

★10月15日 『シティーハンター』が放映開始。

★10月17日 『笑ゥせぇるすまん』が放映開始。

いかがでしたか?30年前、小渕恵三官房長官が”平成”を発表したのが最近のことのように思います!

2019年には新しい元号になり、2020年にはスポーツ一大イベントが開催され、日本の歴史に新たな1ページが刻まれるような大きな出来事・変化の年が続きますね。ぜひ、ゆっくりと”平成”を振り返って、懐かしんでみてはいかがでしょうか。

>>Koboで「平成」の本をもっと見る

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ