現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2019-02-13

理想の教師大集合!「先生」漫画特集

理想の教師大集合!「先生」漫画特集

破天荒だったり、超合理的だったり、金欠だったり…各作品に登場する個性的な先生たち。だけどみんな、生徒のことを第一に考え、寄り添ってくれているんです! 素敵な「先生」が登場する漫画5作品をご紹介します。

マンガペディア

仮面ティーチャー/藤沢とおる

謎の覆面教師の活躍を描くアクション漫画。不良が集う高校に赴任した教師・荒木剛太(あらき ごうた)。明るくめげない性格で、生徒と衝突しながらも、真正面から向かい合う熱血漢。そんな彼の正体は、生徒たちを実力行使で指導する謎の教師、通称「仮面ティーチャー」だった。

特別補習と称し、まるで喧嘩のような荒っぽいスポーツ勝負を仕掛け、圧倒的に勝つことで、手のつけられない不良を更生させていく仮面ティーチャー。彼の真の目的は物語最終盤で明らかになるのですが、そのとき、それまでの伏線が一気に回収される様は見ものです。長年“不良”を描き続けていた作者・藤沢とおるの高い画力も相まって、仮面ティーチャーの活躍から得られる爽快感はかなりのもの。生徒のために、そして学校のために戦う仮面ティーチャーの活躍を、ぜひ見届けてください。

GTO/藤沢とおる

中学教師となった伝説の不良・鬼塚英吉(おにづか えいきち)の活躍を描く、ヒューマンドラマ。コメディやアクションの要素も多分に含んでいる。「GTO」とは“グレートティーチャーオニヅカ”の略である。鬼塚は、問題児揃いの生徒たちに対して、持ち前の腕力と根性、そして男の美学で向き合い、生徒たちの心の闇を解決していく。

高校生時代「鬼爆コンビ」の1人として、不良たちの伝説となった鬼塚英吉。人間離れした怪力と身体の頑丈さ、そして思い切りの良さでピンチを乗り越えていきます。ですが、彼も1人の新米教師で、それなりに悩んだり苦悩したりします。本作は鬼塚とぶつかりあった生徒たちの成長物語であると同時に、鬼塚自身が「不良」から一丁前の「大人」になっていく姿を描く、教師・鬼塚の成長物語でもあります。“最強の男”が“最高の教師”になっていく姿を見守っていきましょう。

ここは今から倫理です。/雨瀬シオリ

倫理教師・高柳が、独自のスタンスで生徒たちと向き合う姿を描いた学園漫画。高校3年生の選択科目で、「学ばずとも将来、困る事はない」と言い、クールな素振りで「倫理」を教える教師・高柳。だが、悩める生徒たちが道を踏み外さないよう彼らに寄り添い、人倫の道であり、道徳の規範である「倫理」を教えていく。

顔立ちは整っているが無表情、淡々としたと口調で話す高柳。熱意が欠けていると思われることもありますが、その実、「悩んでいる生徒」に対して真摯に向き合っている教師です。しかし高柳は、「悩みを持つ生徒」にしか興味が持てないことに苦悩していました。「自分はひどい人間だ」と自嘲しますが、だからこそ、進路や家庭の問題、性についてなど、多感な時期の悩みに、誰よりも真剣に向き合う教師たりえています。倫理的観点から「正しい道」を共に模索してくれる高柳は、こんな先生に悩みを相談したいと思わせてくれる教師です。

地獄先生ぬ~べ~/真倉翔, 岡野剛

霊能力を持つ小学校教師・鵺野鳴介(ぬえの めいすけ)、通称“ぬ~べ~”が、強大な鬼が封じ込められた左手「鬼の手」を用いて、妖怪や悪霊が引き起こす事件に立ち向かう、学園ホラーコメディアクション。12年後を描いた続編『地獄先生ぬ~べ~NEO』や、作中に登場する女子高生イタコ・いずなを主人公としたスピンオフ『霊媒師いずな』がある。

童守小学校5年3組の担任を務め、妖怪や霊障をはじめとする、超常的な事件から生徒を守る霊能教師“ぬ~べ~”。ただ生徒を救うだけでなく、生徒に過失があればその過ちに気づかせるため、あえて危険になるまでは助けないという厳しさも持ちます。そんな彼ですが、趣味はパチンコ、食事はいつもカップラーメン、色恋沙汰には鈍感と、ズボラで3枚目な部分も多々。しかし、生徒のピンチに駆けつけ、決めるときにはビシッと決める、そのギャップが魅力的なのです。

ドラゴン桜/三田紀房

「東大受験」をテーマとした受験漫画。弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)は、経営破綻状態となった高校の再建に乗り出す。桜木はその高校を、5年後に東大進学者100名を超える進学校とするべく、特別進学クラスを設置する。そして、まずは1組の男女を東京大学合格させるために、識破りの指導を施していく。

「東大合格請負漫画」と自負し、その通り数々の受験テクニックと、受験への心構えを紹介している作品。個性的な講師陣が、一般的な勉強法とは異なる考え方で、「受験」のための思考法や解の導き方を指導します。例えば、主人公の弁護士・桜木は、元・暴走族で、その経験から徹底的なリアリスト。そんな彼が担当する社会科の授業は、人生を勝ち抜いていくための心構えを教えるものとなっています。現役受験生はもちろん、受験を経験した大人たちにとっても、新たな気づきのあるエンターテイメントとして成立している作品です。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ