現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2019-03-01

オンラインゲーム世界を舞台とした漫画

オンラインゲーム世界を舞台とした漫画

インターネットを介して他のプレイヤーと遊ぶことができるオンラインゲームを題材に描かれる漫画は多数あります。オンラインゲームと一口にいっても、そのジャンルは、VRMMO、RPG、ロボットアクションとさまざまです。今回はなかでもおすすめの5作品を紹介します。

マンガペディア

『ソードアート・オンライン アインクラッド』/中村貯子、川原礫、abec

VRMMORPG「ソードアート・オンライン」に閉じ込められた主人公・キリトが、現実世界に戻るため、巨大浮遊城アインクラッドの最上部にいる最終ボスの討伐を目指す。バトルファンタジー漫画だ。2012年、2014年、2018年にアニメ化、2017年に映画化された。人気シリーズ「ソードアート・オンライン」の序章にあたり、続編に『ソードアート・オンライン プロジェクト・アリシゼーション』等がある。

本作の舞台は、VRMMO「ソードアート・オンライン」の仮想現実世界です。「VRMMO」とは、アバターとして仮想現実世界に入り込み、そこで起きた出来事や感覚が、アバターを通して現実世界の自分にフィードバックされるオンラインゲームのことです。ソードアート・オンラインのプレイヤーは、主人公・キリトこと桐ヶ谷和人を含む1万人ほどです。ある日、ソードアート・オンラインの開発者・茅場晶彦が突如プレイヤーの前に現れ、恐ろしいことを宣言。「現実世界の死と隣り合わせのデスゲーム」と化したと言うのです。ゲーム内で死亡すると、現実世界の自分も死んでしまうといいます。ソードアート・オンラインからの脱出手段は、浮遊城アインクラッドの第100層にいる最終ボスを倒すこと。キリトは、恋仲となった細剣使い・アスナや、他の仲間とともにボス討伐を目指すことになります。

『ドラゴンクエスト 蒼天のソウラ』/スクウェア・エニックス、堀井雄二、中島諭宇樹

スクエア・エニックスのオンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のサイドストーリーとなるファンタジー漫画だ。主人公である少年戦士・ソウラは、幼い頃に命を助けてくれた「嵐のドラゴン」に憧れ、冒険者になった。ソウラは、仲間とともに探索していた古代遺跡で、「竜の卵」から生まれた竜の少女・アズリアと出会う。そして、アズリアの両親を探すための旅に出る。

本作の舞台は、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」と同じ「アストルティア」です。アストルティアは、タイトルで示されている通り「5つの種族」が住む世界。また、彼らを見境なく襲う、多数のモンスターも生息しています。主人公・ソウラは、5つの種族のうちのひとつ、ウェディ族の少年です。ソウラは、古代遺跡で出会った竜の少女・アズリアの両親を探すため、彼女とともに故郷を旅立ちます。旅の目的は、体にアズリアと同じ紋章を持つという「太古龍(エンシエント・ドラゴン)」を訪ねること。そして、ソウラたちは、無事に太古龍の1匹であるブライドンに会います。アズリアも太古龍の1匹だと判明し、ソウラが「世界の運命を左右する存在」であることも告げられます。ソウラの運命やアズリアの正体を巡り、物語はさらに壮大になっていきます。ゲームをプレイしていなくても、少年漫画として十分に楽しめる作品です。

『アクセル・ワールド』/HIMA、合鴨ひろゆき、川原礫

中学1年生の少年・有田春雪は、学校で1番の美貌と気品を持つ少女・黒雪姫に誘われ、対戦格闘ゲームアプリ「ブレイン・バースト」で遊び始める。ゲーム内での戦いを通じて、春雪が人間的な成長を遂げていく、近未来青春ストーリーだ。2012年にテレビアニメ化、2016年に劇場版アニメ化された。

本作の舞台は、映像や音声ほか、あらゆる五感をサポートする量子接続の通信携帯端末「ニューロリンカー」が普及した世界。生活の半分が仮想ネットワーク上で行われるようになった、2040年代中頃の東京です。本作に登場するオンラインゲームは、対戦格闘アプリ「ブレイン・バースト」です。主人公・有田春雪は、いじめられっ子の中学1年生の少年。生徒会副会長を務める美少女・黒雪姫に誘われ、ニューロリンカーにブレイン・バーストをインストールします。ブレイン・バーストをインストールすると、思考を1千倍に増幅する「加速」と呼ばれる能力を使えるようになります。春雪は、ブレイン・バーストのプレイヤーとして、「加速世界(アクセル・ワールド)」に入り込みます。そこで、自身のアバターである「シルバークロウ」を操り、黒雪姫を守るための戦いに身を投じていきます。

『とあるおっさんのVRMMO活動記』/六堂秀哉、椎名ほわほわ

第6回アルファポリスファンタジー小説大賞・読者賞を受賞した、同名ライトノベルのコミカライズ作品。主人公は、ごく普通のゲーム好き会社員である38歳の男性・田中大地。彼が、VRMMO(仮想現実大規模多人数オンライン)「ワンモア・フリーライフ・オンライン」で良くも悪くも名を馳せつつ冒険を楽しむファンタジー漫画だ。

本作の舞台は、VRMMO「ワンモア・フリーライフ・オンライン」の仮想現実世界です。ワンモア・フリーライフ・オンラインでは、スキルと呼ばれる様々な能力を取得・強化することで、力が増幅されたり、必殺技が使用できたりします。主人公である38歳の独身男性・田中大地は、「アース」という名前で、ワンモア・フリーライフ・オンラインをプレイしていました。社会人の大地は、プレイ時間が限られています。そのため、ゲーム内で仲間を作らず、ひとりで冒険を楽しんでいました。大地は、気楽なプレイだからと、弓・蹴り・料理・鍛冶といった、あまり役に立たないと言われるスキルを取得して、我が道をつき進みます。しかし幸か不幸か、それらのスキルが、ゲームを攻略する上でとても重要なものだと判明。プレイヤーたちが、こぞって大地の力を借りようと押しかけてきました。本作は、中年男性の自由気ままなゲーム記録をほのぼのと楽しめるのが魅力の作品です。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ