現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2019-08-20

カッコよすぎる戦う女性たち!オススメ漫画5選

カッコよすぎる戦う女性たち!オススメ漫画5選

身体的な強さや精神的な強さを武器にそれぞれの戦場で戦う、カッコよすぎる女性が登場する漫画作品をご紹介します。敵や置かれた環境、自分自身と強い意思を持って戦っている女性たちから「強さとは何か」を学びましょう。

マンガペディア

『新世紀エヴァンゲリオン』/貞本 義行, カラー

14歳の少年少女たちと謎の敵との戦いを描いた大人気SFアニメ作品のコミカライズ。時は西暦2015年。15年前に発生した大災害「セカンド・インパクト」によって人口の半数が失われた世界に、巨大戦闘兵器群「使徒」が現れる。碇シンジは、父の碇ゲンドウから、襲い来る使徒を殲滅するため、汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(EVA)のパイロットとなって戦うことを命じられる。1995年10月に原作アニメが放送された。

本作には戦う女性が複数登場しますが、特に注目したいのが葛城ミサトです。彼女は、使徒殲滅を主要任務とする国連直属組織「特務機関NERV(ネルフ)」に所属する戦闘指揮官。セカンド・インパクトで父を亡くし、失声症になった過去を持っています。大胆かつ効果的な作戦を練り、シンジたちを使って使徒を撃破する優秀な司令塔。戦闘能力も身体能力も高く、時には命を懸けてシンジたちを守ります。仕事ができ、部下のために身体を張って戦うことができるミサトは、男女問わず憧れを抱くカッコいい存在です。多くのファンを持つミサトが、敵に毅然と立ち向かっていく様を目に焼き付けてほしいです。

『ヲタクに恋は難しい』/ふじた

ヲタク同士の恋愛模様を描いたラブコメディ。通称「ヲタ恋」。腐女子の桃瀬成海は、会社の同僚と交際していたが、相手にヲタクであることがばれて破局する。元カレと顔を合わせたくないため会社を辞め、転職先で幼なじみの二藤宏嵩と再会をする。宏嵩はゲームヲタクで、成海の趣味にも理解があり、貴重なヲタク友達になる。その後付き合うことになるが、ヲタク同士の恋愛にはさまざまな試練が待っていた。2018年4月にテレビアニメ化。

ヲタクにはヲタクの戦いがある、そう教えてくれるのは成海の同僚である小柳花子です。花子は、男性キャラ専門の有名コスプレイヤー。彼女は周囲の人と争いごとが多いのです。同僚の成海とは好みのカップリングで対立し、同僚で恋人である樺倉太郎とは趣味に対する意見の相違などで度々言い争いになります。それぞれが持つ、ヲタクとしてのこだわりは曲げられないのです。しかし、こだわりを声高に主張できるということは、趣味を思い切り満喫している証拠。仕事もでき、趣味と恋愛も充実させている花子は、ヲタク読者憧れのカッコいい存在です。

『鋼の錬金術師』/荒川弘

錬金術師兄弟の冒険を描いたダークファンタジー。エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックは、錬金術の才能に恵まれた兄弟だ。死んだ母親を生き返らせるため、錬金術師最大の禁忌「人体錬成」を犯してしまう。しかし結果は失敗に終わり、禁忌の代償として、エドワードは右腕と左足を、アルフォンスは肉体全てを失ってしまう。2人は元の体を取り戻すため、錬金術の力を増幅できる「賢者の石」を求めて旅に出る。2003年と2009年にテレビアニメ化され、2017年には実写映画化された。

本作には多くの戦う女性が登場しますが、その中でも特に強さが際立っているのは、軍人であるオリヴィエ・ミラ・アームストロングです。彼女はアメストリス軍少将で、大国ドラクマとの国境沿いにまたがるブリッグズ山脈にある砦を拠点にしています。オリヴィエは誰に対しても厳しく、部下からは「心臓まで氷の女王様」と恐れられています。しかし、ただ厳しいわけではありません。通すべき筋は通し、誤りは上官相手でも容赦なく正す芯の強さを持っています。また、部下に対する情も厚いのです。だからこそ部下たちは、彼女に対し、恐れ以上に信頼の念を抱いています。オリヴィエは戦闘能力も高く、剣術の腕前は作中でもトップクラス。国を守るという強い信念のもと戦う彼女の勇姿は必見です。

『忘却のサチコ』/阿部潤

美食の道を追い求める女性編集者を描いたグルメ漫画。主人公の佐々木幸子は、出版社で働く編集者だ。自身の披露宴の最中に、結婚相手が謝罪のメッセージを残して失踪してしまう。傷心の幸子を救ったのは、定食屋で出されたサバ味噌定食だった。美味しいサバ味噌定食を食べている間は、彼のことを忘れている。そう気がついた幸子は、忘却のために美食の道へと足を踏み入れる。2018年1月にスペシャルドラマ化、同年10月に連続ドラマ化。

幸子が戦うのは、失踪した彼を忘れられない自分の心です。傷ついた心をサバ味噌定食に救われてから、彼女にとって食事は心を癒やす楽しみであり、彼との思い出を忘却するための手段となったのです。幸子は毎日全力で仕事に打ち込み、行く先々で美味しい食事を楽しみます。注目すべき点は、結婚直前に逃げられたにもかかわらず、必要以上に相手を責めない彼女の強さです。幸子は落ち込みもするが事実を淡々に受け止めます。しかし「なぜ突然消えたのか」、という理由に思いを巡らせるだけです。食の力を武器に、自分自身の心と戦う幸子は、誰もが見習いたい強くカッコいい女性と言えるでしょう。

『Good Job グッジョブ』/かたおかみさお

OLが社内の問題を解決していくオフィスストーリー漫画。主人公の上原草子は、建設会社の営業2課で働くOLだ。仕事の有能さと歯に衣着せぬ物言いで、課の女性陣はもちろん年配の男性上司たちからも一目置かれている。ある日、仙台支社から黒木丈二という男性社員が異動してくる。黒木は、男性相手にも物怖じせず正論をぶつけてくる草子に苛立ちを募らせるが、共に仕事をする内に彼女の誠実さに気付いていく。2007年に実写ドラマ化。

会社は、現代社会の人々にとって最も身近な戦場です。大変な仕事や厄介な上司、人間関係から発生するトラブルなどと日々戦っています。しかし草子は、さまざまな問題が渦巻く会社という戦場の中をしなやかに渡り歩くのです。草子の強さは、どんな相手にも媚びず自分の信念を貫く心の強さにあります。誰とぶつかっても揺らがず、問題に立ち向かっていくのです。社会人の多くは他者との軋轢を恐れ、自分を殺して言いたいことを言えず飲み込んで生きています。草子が正論で様々な問題と戦い解決していく様は、読者をすっきりとした気分にさせてくれるでしょう。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ