現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2019-12-24

悪の組織だって主人公になりたい!オススメ漫画5選

悪の組織だって主人公になりたい!オススメ漫画5選

大抵、主人公というのは正義の存在であり、敵対する立場の人間は各々理由はあれど悪人とされます。そんな悪人が集まってできるのが悪の組織です。悪は戦いの末に滅ぼされ、組織は壊滅させられる運命にありますが、彼らにだって主義主張はあります。今回は悪の組織が主人公の漫画を紹介します。

マンガペディア

『戦え!! 悪の組織ダークドリーム!!』/KAKERU

伝説の戦士と戦う良識ある悪の組織を中心に、伝説の戦士ともうひとつの悪の組織を交えた三つ巴の戦いを描く、バトルエロティックコメディ。『ゆけっ!! 悪の組織ダークドリーム!!』の正式な続編作品。主役は、セントガーデンという国を守る伝説の戦士パリキュアと戦う悪の組織「ダークドリーム」。彼らはまだ中学生であるパリキュアに大きな怪我をさせないよう、安全に倒すための方法を模索してきた。しかし、もうひとつの悪の組織「ナイトメアナイツ」の登場で、戦闘はより激しさを増していくのであった。

悪の組織は、女子どもであっても優しくしないものだという認識をもつ人もいるでしょう。しかし、ダークドリームは違います。敵であるパリキュアが女子中学生であることに配慮し、なるべく安全に倒せるように創意工夫を凝らしてきました。ですが、圧倒的な力量差が無ければ配慮した側が不利になるのは当然で、だからこそダークドリームの面々は自分たちの目的を果たせずにいました。社内会議の様子を見ていると、悪の組織らしい殺伐とした雰囲気はありません。和気あいあいとしています。物語冒頭で第三のパリキュアであるパリライトニングに、構成員の1人がやらかしてしまったのではという疑惑について語られているのですが、そもそも敵の少女の貞操を心配する悪の組織とはこれ如何に。頭を抱え、涙目で疑惑を全力否定する姿を見ると、悪の組織の構成員であるはずなのに、「良い人」なのだろうなと思えてしまいます。作中には別の悪の組織も登場しますが、両組織の凶悪度の差に驚かされるでしょう。良心的な悪の組織が目的を果たせるのか、戦いを見守りたいです。

『はじめてのあく』/藤木俊

社会常識が壊滅的に欠けている元悪の組織の少年幹部と、同居人の女子高生が通う高校を舞台にした、日常青春コメディ。高校生の渡恭子(わたりきょうこ)が目覚めると、見知らぬ少年に両手足を鎖で繋がれ改造されそうになっていた。親戚のエーコに危ういところを助けられたが、少年はエーコの弟・ジローだという。阿久野(あくの)姉弟の実家である悪の組織が壊滅したため、しばらく同居することになった恭子。ジローはやたらと恭子に身体の改造をすすめてくるため、心が休まらない。そんな時、高校では女子の貴重品を狙った盗難事件が発生していた。

阿久野ジローは福岡県筑後を拠点としていた悪の組織「キルゼムオール」の、元構成員です。首領である父を手伝っていたのですが、正義の味方により組織を壊滅させられ、恭子の家に住むことになりました。組織内では天才科学者として知られていたためか、恭子を改造する機会を虎視眈々と狙っています。本人の意思はまるで無視しているところは、悪の組織の人間らしいと言えます。何でも改造したがるその姿は、いかにもマッドサイエンティストらしいです。恭子にとってジローは間違いなく悪なのですが、キルゼムオールが完全なる悪の組織だったのかと言えば、そうでもないらしいのです。地域住民と交流したり、廃品回収を手伝ったりと評判は悪くありませんでした。人にやさしくすることをモットーとする悪の組織というのは、やはり風変わりです。しかもジローはまっすぐな少年です。その言動に組織の一員としての信念が感じられ、心が温かくもなります。

『マイティ・ハート』/マツリセイシロウ

実は悪の怪人という高校生と、怪人と戦う正義のヒロインという女子高生との日常と戦いを描くエロティックラブコメディ。天河十市(てんかわといち)は普通の高校生だが、実は世界を侵略している悪の組織の構成員、怪人(ファントム)ヴォルケンである。人間社会に溶け込みながら悪事を働いていたが、突然現れた正義の味方、断罪天使マイティハートに、撃退されてしまった。彼女の正体は、十市のクラスにやってきた転入生、舞島心(まいしまこころ)。図らずも心に惹かれていく十市は、自身の恋心と怪人としての立場に翻弄されていく。

天河十市は悪の組織の構成員、怪人ヴォルケンです。普段は容姿も能力も平凡、ちょっと冴えない高校生なのですが、怪人になるとメカっぽい姿に変化します。普通の高校生として日常を送っているのですが、心中では愚かで低俗な人間を嘲笑っている、悪らしい存在です。そんな彼が恋をしました。相手は転入生の舞島心。美人でスタイル抜群なのですが、物事をはっきり口にするタイプで、十市は彼女に最初から冷たくされるという、少々かわいそうなポジションです。実はこの心、マイティハートとなって悪と戦う正義のヒロインなのです。変身というよりも仮装に近く、一目見ただけで正体がばれてしまうのはコメディであるせいなのでしょうか。敵との戦いの中、こっそりと手を貸したヴォルケンに心は好意を抱くのですが、同一人物とは知らないので関係が複雑になっています。実は怪人の時のほうが良い思いをしているのではと思うのですが、恋というのは概ね前途多難なものです。読者は恋する怪人とヒロインの迷走ににやりとするでしょう。

『悪のボスと猫。』/ボマーン

悪の組織のトップであるボスと、5匹の猫が織りなす日常ショートコメディ。作者が自身のSNSに投稿していたものを書籍化した。どこかの国にある悪の組織では、日々銃弾と札束が飛び交う、殺伐とした空気が流れていた。ボスは無口で常に眼に影がさしている男だが、実は無類の猫好き。組織内部で5匹の猫を飼っており、日々葉巻をくゆらせながら猫を膝に乗せ愛でているのであった。ボスと猫たちの日常を描いているが、ボスには笑い声以外のセリフはない。悪の組織が舞台ではあるが、猫あるあるネタが描かれた猫漫画でもある。

動物を好きな人に悪い人はいないと思われがちですが、悪い人はいます。本作の悪の組織がどういった存在なのかは明確になっていません。高級そうなスーツに革靴、葉巻をくゆらせる姿は洋画に登場するマフィアのようです。悪の組織のボスは猫を膝に乗せていることが多い、という気付きから誕生した作品なので、当然ボスは悪人です。作中には銃も登場しますし、札束も飛び交っています。確実に悪いことをしているのですが、猫たちはボスが何をしているのかにも関心はなく、自由気ままに生活しています。人間と猫の間にある、この空気感が絶妙です。猫を飼っている人間は猫の下僕とはよく言いますが、ボスも例外ではありません。ご飯の用意の催促、キャットタワーの作製も笑いながらこなし、小切手に猫がじゃれて棚の下に入れられても怒ることはありません。一方、部下の不始末に対しては容赦がないので、部下としては猫たちが羨ましい限りでしょう。そんな猫たちに激甘なボスと愛猫の一匹が出会った時のエピソードは格別でしょう。傷ついた一人と一匹の固く結ばれた絆に心をつかまれます。

『ダークアクト』/服部昇大

ヒーローが数多く活躍する架空の現代社会を舞台に、正義を保つために活動する悪の組織の活躍を描いたアクションコメディ。ヒーローが世界の平和のために戦う姿が当たり前に見られる世界。サウス東京市はかつて犯罪都市として知られていたが、ヒーローの活躍により平和が訪れていた。そんなサウス東京市には、まだ悪の組織がある。その組織、「ブラックレイブン」は日々悪事を働くが、そのたびにヒーローに撃退されている。その実態は、正義を守るために悪人役として活動する、社会のやられ役だった。

時代劇が好まれる理由は、勧善懲悪という物語スタイルにあります。現実ではうやむやになってしまうあれこれが、物語の中ではきっちりと裁かれるのでスカッとするのでしょう。正義が悪を断罪する物語は、総じて悪人がコテンパンに負かされることで楽しめる物語なのだと言えます。本作には東京善力ヒーロー財団という組織があり、登録したヒーローが平和のために戦っています。一方、ブラックレイブンは悪の組織なのですが、本当に悪いわけではありません。財団と秘密裏に契約を交わして活動している悪役なのです。悪事を働くにしても本当に人を襲うわけではないですし、建物も破壊しません。日々悪役らしい演技訓練をする他は、副業で保育士の仕事などをしています。悪役に扮しているブラックレイブンとヒーローとでは、ヒーローのほうが損害を出しているのではと、読者は複雑な気持ちになるかもしれません。市民からは感謝されず、やられ役に徹している彼らは、街を守る縁の下の力持ちと言えるでしょう。自分たちの悪役スタイルを貫く信念と努力する姿は、少々カッコ悪くとも輝いています。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ