現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2020-01-28

血の繋がりはなくとも私たちは家族です!オススメ漫画5選

血の繋がりはなくとも私たちは家族です!オススメ漫画5選

「血は水よりも濃い」という言葉がありますが、その一方で「産みの親より育ての親」という言葉があります。今回は、そんな血の繋がらない家族をテーマにした漫画5作品を紹介。血の繋がりよりも深い絆をご覧ください。

マンガペディア

『義母と娘のブルース』/桜沢鈴

血の繋がらない母と娘の日々を描いた心温まる四コマ漫画。バリバリのキャリアウーマン亜希子(旧姓・岩木亜希子)は、妻を亡くし男手ひとつで小学生の娘・みゆきを育てている宮本良一と結婚する。何事にもビジネス的な対処をしてしまう亜希子に、みゆきは戸惑いを隠せない。しかし、懸命に母となろうとする亜希子に対し、徐々に心を開いていく。2018年TVドラマ化、2020年1月2日謹賀新年スペシャルドラマ放送。

みゆきの父であった宮本良一には身寄りがなく、前妻とも死別しています。自らも病に冒され、先が長くないことを医者に告げられた良一は、自分が死んだあとのみゆきの将来を案じていました。一方、ヒロインの亜希子は仕事一筋の人生で、家族のぬくもりに憧れを抱きながら暮らしていました。そんな2人は仕事を通じて知り合い、互いの利害が一致したことで結婚。互いに心を通じ合わせていきますが、結婚した一年後に良一は病気で帰らぬ人になってしまい、亜希子は大企業の部長の座を捨てみゆきの育てる主婦になることを決意します。亡き母親を慕うみゆきは当初亜希子に反発していましたが、どこかズレているものの一生懸命な亜希子の姿に段々と心を開いていくのです。

『の、ような。』/麻生海

恋人の甥2人を引きとることになった女性のホームドラマ。物書きで生計を立てている三十代の高山希夏帆。ある日、彼女の恋人である今井愁人が、事故で両親を亡くした甥の深雪冬真と春陽を彼女のマンションに連れてくる。愁人は、希夏帆が断らないと見越して甥たちを引きとってきたのだ。そうして、他人同士でありながら温かな同居生活が始まる。

ヒロインの希夏帆は少し変わっていますが、しっかり者の女性です。彼女はマンションで一人暮らしをしており、そこに恋人の愁人がたまに居座っているような状態です。そんな彼女のもとに、愁人が甥である中学生の冬真と、幼稚園児の春陽を連れてきました。親を亡くして行き場のない不安を抱えていた2人を見ていられなかった愁人が、卑怯だと自覚しながらも恋人の希夏帆を頼ったのです。愁人に文句を言いながらも、希夏帆は子供たちを追い出したりせず家に住まわせます。親ではなく、大人として子供たちを助けようと彼らに合わせ生活を変えていく希夏帆。やがて彼らは血の繋がりはありませんが、家族のような関係を築いていくのです。

『レンタルおにいちゃん』/一色箱

お金で「兄」をレンタルする少女の孤独を描いたヒューマンドラマ。両親に先立たれ、莫大な遺産を受け継いだ兄妹。妹の立花叶実はまだ幼い少女で、ただ1人残された兄は心を病み、叶実を拒絶していた。学校でもイジメに合い、財産目当ての親戚に苦しむ叶実。そんな彼女は「おにいちゃん」と出会い、彼を「レンタル」する。

物語の冒頭で仲良くショッピングを楽しむ「おにいちゃん」と叶実ですが、2人は血の繋がらない赤の他人です。「おにいちゃん」こと旭慎は、叶実に一回千円で雇われているレンタル「おにいちゃん」。叶実の本当の兄は両親の死から引きこもり、妹さえも拒絶していました。学校でも家でも居場所がなくなった叶実は、レンタルで「おにいちゃん」になってくれる慎を心の支えとして暮らしています。慎はあくまで契約上での関係であるとふるまっていますが、彼女に引け目を感じさせないようにしているだけで、本心は叶実と「お兄ちゃん」の関係を修復し彼女を孤独から救ってやりたいと望んでいました。レンタルという形から始まった慎の優しさが、孤独な少女の世界を優しく変えていく作品です。

『宇宙家族カールビンソン』/あさりよしとお

あさりよしとおの代表作のひとつで、宇宙を舞台にしたSFコメディ。宇宙暦昭和47年、異星人の旅芸人一座の宇宙船が未知の宇宙船と衝突。旅芸人一座は軽傷で済んだが、相手の宇宙船は大破して惑星アニカに墜落してしまう。その宇宙船の唯一の生き残りはカプセルに入った赤ん坊だけ。彼らは残された赤ん坊の「家族」を演じることになった。

本作に登場する家族を取り巻く環境はハードですが、終始ほのぼのとした雰囲気で描かれています。宇宙船事故の生き残りである赤ん坊のコロナの両親は、事故の際に彼女が入ったカプセルを庇って命を落としました。ですがそんな過去を知らないコロナは、彼女を拾った血の繋がらない旅芸人一座の愛情を体いっぱいに受け、元気な女の子として成長しました。コロナを育てた「おとうさん」は元軍人で外見はロボット、「おかあさん」は全身毛玉のような姿をした宇宙人です。ペットの「ターくん」はリスだと言われていますが、脳みそに脊髄と四肢が付いた非常に不気味な外見をしています。皆個性豊かでコロナとはかけ離れた外見をしていますが、彼女は皆を本当の家族だと信じており、両親とあまりにも容姿が違うことを指摘された時には号泣してしまうほどです。

『パパとママはじめました。』/市川ショウ

しっかり者の女の子とぐうたらな男子が、仮の両親として赤ちゃんを育てるラブコメディ。高校生でクラス委員長の持田野子は、隣の席のイケメンだがぐうたら男の北島勇士に手を焼いていた。冬休み前日、野子の隣家に勇士が引っ越してくる。しかも彼の家の前には、赤ちゃんが置き去りにされていた。

ヒロインの野子はしっかり者で、一方の勇士はイケメンだけどぐうたらでマイペースな性格。明日から冬休みが始まり、勇士から解放されると思っていた矢先に彼がお隣に引っ越しをしてきます。驚く野子ですが、さらに入居したての勇士家の前は赤ちゃんが置き去りにされているのを見つけてしまいます。赤ちゃんと一緒に置かれた手紙には、この子は勇士の子どもの壮士であり、しばらく預かってほしいと書かれていました。両親も海外旅行中で不在であり、困り果てる勇士でしたが、彼は壮士のことを思い警察には届けずに預かることを決意します。そして普段はぐうたらな彼の決断を見た野子は、子育てを手伝うことを申し出ました。こうして始まった子育てをきっかけに、2人は惹かれ合っていくのです。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ