現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • アニメ2期放送!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』から学ぶフラグ回避という生き方!ほか悪役令嬢マンガ5選

2021-06-23

アニメ2期放送!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』から学ぶフラグ回避という生き方!ほか悪役令嬢マンガ5選

アニメ2期放送!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』から学ぶフラグ回避という生き方!ほか悪役令嬢マンガ5選

「悪役令嬢もの」と呼ばれる作品が大人気です。 といっても「悪役令嬢もの」って何?という方もいるかと思われます。この記事では、2020年4月にアニメ放送された「はめふら」こと『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のコミック版をご紹介しつつ、悪役令嬢という生き方から私たちが学べることをご紹介します

楽天Kobo

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』最新6巻発売中!

▼TVアニメ2期「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」放送中!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』そもそも「乙女ゲーム」って何?

そもそも「乙女ゲーム」とは!?
定義はいろいろありますが、『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』内ではこちらのことです!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』FORTUNE LOVER

「FORTUNE LOVER」(フォーチュンラバー)という、架空の女性向け恋愛アドベンチャーゲーム!
この「女性向け恋愛アドベンチャーゲーム」がいわゆる「乙女ゲーム」と呼ばれているものです。

プレイヤーはゲームの主人公となり、特定の環境下で一定の期間内にイケメン男性キャラクターたちと出会い、会話し、お出かけなどを重ね、最終的にだいたいの場合、その中から1人と特別深い仲になるエンディングを迎えます。

「FORTUNE LOVER」では、「魔法学園での2年間の寮生活」が「特定の環境下で一定の期間内」にあたります。
攻略=お付き合いできる男性キャラクターは4人!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』攻略対象キャラクター

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』攻略対象キャラクター

ゲーム内での行動・選択肢によってエンディングが数種類に分岐することがほとんどです。さらにはゲーム内のキャラクター親密度パラメータなどを緻密に調整し全員に求愛される「ハーレムエンド」、誰とも特に親しくなりきれずにエンディングを迎える「孤独エンド」などが用意される場合も。

ややこしいですね!
身も蓋もなくまとめると、主人公(=私)の周囲にイケメンがいっぱい出てくるゲームです!

転生したらゲームの世界の ×主役ヒロイン ○ヒロインに意地悪ばかりする悪役!?

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』主人公は元は女子高生。

残念ながら若くして交通事故で死亡していた、という前世の記憶を、ゲームの世界に転生し8歳になった時に思い出します。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』転生前の記憶

でも転生した先はヒロイン=ゲームの中の主人公ではなく、ヒロインの恋や勉強を邪魔する悪役。
高慢ちきな大貴族の令嬢・カタリナの方だったのです!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』転生したのはヒロインではなく悪役令嬢

プレイヤー(=ヒロイン=ゲームの主人公)が意中のキャラクターと仲良くなるのには、ゲーム的にそれなりの障害が立ちはだかります。

そこで現れるのが「悪役令嬢」という存在。
プレイヤーを邪魔し、妨害し、おとしめるためだけに登場する、「絶対悪」です。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』悪役顔というか、悪役!?

おとぎ話の継母や、時代劇の「悪代官」みたいなものでしょうか。
パッと見ただけで悪者そうな外見で、倒されると「ざまあみろ」と思われて、ひどい末路を迎えても自業自得だと思われてしまう。

転生したら、そんな悪役(の子ども時代)だったのです!

「破滅フラグ」ってどういうこと?

「フラグ」もアドベンチャーゲームでよく使う用語ですね。

プレイヤーのゲーム中の行動(=どんな選択肢を取るか)によってその後の展開や親密度、ひいてはエンディングに影響が出ます。
行動によっては時に特定の展開・状況を引き出すことがあり、この行動とその周辺状況が「フラグ」と呼ばれています。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』フラグとは

「破滅フラグしかない」とはざっくり言うと、「破滅への道しかない」みたいな感じでしょうか。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』よくて追放、悪くて死?

カタリナはゲームのヒロインの恋路を邪魔するための悪役なので、主人公がハッピーED(エンディング)を迎えると今までの悪行の報いを受けるのは納得ではあるのですが、ヒロインがバッドEDになったからといってカタリナは幸せにならないのが、悪役の理不尽な運命。

どのエンディングでもカタリナを待ち受ける結末は、よくて国外追放、悪ければ……死!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』どのエンディングでも詰んだ…!

悪役令嬢の破滅フラグ回避のためにできること・1「脳内会議」

破滅への道しかないとは穏やかではないですね。

不幸中の幸い(?)として、「自分がゲームの世界の悪役令嬢・カタリナに転生している」と気づいたのが8歳の時。
15歳の魔法学園入学=乙女ゲームの本編開始まで7年の猶予があります。

というわけでカタリナは脳内会議を開き、

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』脳内会議

破滅しか待っていない未来を変えるため、努力を重ねて入学までの数年を過ごしていくのです!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』脳内会議で名案が出る!?

努力の方向性は、ちょっとズレがちですが……

悪役令嬢の破滅フラグ回避のためにできること・2「原因を作らない」

そもそもヒロイン(=ゲームの主人公)とイケメンキャラクターが恋に落ちることで、悪役令嬢のカタリナが破滅する。
ならば、恋に落ちないようにすればいいのでは?

という、画期的(?)な案も出されます。
「剣の腕を磨く」よりは根本的な解決を生みそうです。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』そもそも原因を作らせない

カタリナの義理の弟・キースはゲームで攻略対象、つまりヒロインと恋に落ちる可能性ありの人物ですが、その流れは

幼少時の愛情不足の結果女好きに育つ

ヒロインに孤独を癒やされ、キースは初めて本当に人を好きになる

というもの。
ならば孤独にしなければいい!

と、カタリナは引き取られて来たばかりのキースに、義姉としての愛情と優しさを注ぎまくるのです。

その結果、義理の姉にしいたげられ、極まった孤独の反動により愛情を求め女の子に声をかけまくるチャラ男の誕生はなくなり……

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』カタリナとキース

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』キースとの関係

……ましたが、代わりに義理のお姉さん大好きな弟キャラが爆誕!

カタリナは数年後に己の身にふりかかる破滅フラグを外すために日々必死ですが、その行動が周囲の人たちの設定や環境だけでなく、未来や心情、関係性も変えてしまっていることには無自覚です。
でもこうして、最初のゲーム上の設定だった時より周囲の人たちがいい方向に進んでいくの、おもしろいですね。

悪役令嬢の破滅フラグ回避のためにできること・3「常に備える」

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』7年の時が過ぎ…

破滅エンディングを回避するため努力する日々を7年間過ごした結果、本来そこまで仲良くならなかったはずの令嬢たちとも友情をはぐくみ、婚約者の王子との仲も良好。婚約者の弟王子もあまりひねくれることなく、義弟は家族の愛情いっぱいの中、お義姉さん大好きに成長しました。

未来はけっこう希望に満ちているのでは?と思えてきますが、カタリナ本人は手をゆるめません。
何しろ本来のゲームは魔法学園に入学するところからスタート。むしろ15歳からが破滅フラグ外しの本番です。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』もしもの時に備えて!?

ちょっとだけ使える土魔法の修行のためにも、国外追放になった時に生きていくためにも、土との対話=農業の腕磨きは、入学後も欠かせません!

えっ、欠かせないの!?

とメイドのアンともども心の中でツッコんでしまいますが、かくして学園内で畑仕事をする変わり者の公爵令嬢が魔法学園に入学するわけです。

悪役(顔の)令嬢はこんな状態だけど、本来のヒロインはどう出てくるの?
カタリナの破滅の未来は避けられる?
どうなることやら……!

 

さて、「悪」とは「善」に対する概念です。
ですが私たちは、世の中の多くのことが善悪の二元論だけで片付かないことも、勧善懲悪なんて分かりやすさが最近のフィクションの中にもあまり見られないことを知っています。

乙女ゲームのヒロインが恋を成就させる傍らで国外追放される悪役の令嬢は、追放を宣言された時に、鍬を握り続けたマメだらけの手をギュッと握りしめているのかもしれないのです。

 

今は使われない表現ですが、古語には人名の前に強さを称賛する意味で「悪」をつけ、通称やあだ名にしていた用例もあります。

吊り気味の目と眉は意志の表れ。上がった額はかしこさの表れ。

破滅フラグ外しに奔走し、結果的に頼もしい友人と仲間を得た公爵令嬢・カタリナは、まぎれもなくとっても強い「悪」役令嬢なのです。

©ひだかなみ・山口悟/一迅社

まだまだある!「悪役令嬢」が活躍する作品

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

アルバート家の令嬢は没落をご所望です

今度は絶対に邪魔しませんっ!

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

転生悪女の黒歴史

それでは、今日も素敵な読書のお時間を!

▼「『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』から学ぶフラグ回避という生き方!ほか悪役令嬢マンガ5選」関連記事

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ