現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • 「ちょっとエッチ」なヒロインにムラムラが止まらない! ほどよく過激なラブコメ漫画5選

2020-04-17

「ちょっとエッチ」なヒロインにムラムラが止まらない! ほどよく過激なラブコメ漫画5選

「ちょっとエッチ」なヒロインにムラムラが止まらない! ほどよく過激なラブコメ漫画5選

少年漫画に登場する「ちょっとエッチ」な女の子は、主人公の下心に火をつける存在。ですが、何らかの理由で手を出すことができない……そんなジレンマを生み出す存在でもあります。今回は、そんな主人公をムラムラさせるヒロインが登場する5作品を紹介しましょう。

マンガペディア

『天野めぐみはスキだらけ!』/ねこぐち

スキだらけの幼馴染にドキドキしちゃう男の子を描く、青春ラブコメディ。進藤学は東大を目指して勉強に打ち込んでいたが、幼馴染の天野めぐみに勉強を教えることになる。彼女はすっかり女性らしい体に成長しているにも関わらず、子供の頃のように無防備な行動をとるため、学はドキドキしっぱなし。彼女のエッチな姿に、学は勉強どころではなくなってしまう。

本作はまさに、ちょっとエッチなヒロインに主人公が困らされることをテーマとした漫画です。主人公の進藤学は、高校一年生。東大をめざして一直線、脇目も振らず勉強に打ち込む毎日です。そんな彼のところに、幼馴染の天野めぐみが勉強を教えてほしいとやってきます。久々に再会しためぐみは、胸のボタンが弾けるほどの女性らしいボディに成長していました。彼女のスキだらけで無防備な行動に心を乱され、なんとか距離を置こうとする学でしたが、結局は断ることができずに家に上げてしまいます。そんな危なっかしいめぐみを放っておけないという思いもあり、学は彼女から目が離せなくなっていくのです。

『手品先輩』/アズ

奇術部を舞台とした、かわいいけれどアガリ症な先輩の日常を描いたお色気ショートギャグ漫画。手品が大好きだけれど失敗ばかりの「先輩」と、彼女に「助手」として無理やり入部させられた男の子が織りなす、ちょっとエッチな青春の日々が描かれている。

本作の主人公は、放課後の部活動が必須の種無高校に入学した男子高校生です。適当で楽ができそうな文化系クラブを探していた彼が、好奇心から「奇術部」の部室を覗いてみると、そこにはかわいい女の先輩の姿が。先輩は新入生歓迎の手品を披露しようとしますが、極度のアガリ症のため緊張して失敗ばかり。呆れて帰ろうとしましたが、縄抜けマジックに失敗し体に縄を絡ませた先輩の姿にムラムラしてしまい、その場に留まることに。結果、ずるずると逃げる機会を失った彼は、「助手」と呼ばれながら先輩の面倒を見るポジションに収まってしまいます。手品を失敗するたび、ちょっとエッチな醜態を晒してしまう先輩の姿を、役得として楽しむ「助手」に共感してしまう作品です。

『イジらないで、長瀞さん』/ナナシ

たまたま出会った後輩にイジられる、気弱なセンパイの高校生活を描いたラブコメディ。日焼けした小麦色の肌が眩しいJKギャルの長瀞さんは、センパイの泣き顔にゾクゾクしちゃうちょっとイジワルな女の子。彼女は今日もセンパイが所属する美術部の部室を訪れては、彼をイジり倒して嬉しそうな笑顔を見せる。

素直になれない女の子を指す「ツンデレ」。本作にも本作にも、気弱で根暗な主人公へツンデレ的に接するヒロイン長瀞さんが登場します。しかし、彼女の「ツン」は素直になれないという生易しいものではありません。彼女はセンパイが涙目になるまで追い詰め、ちょっぴりエッチに挑発してはムラムラを抑えきれずに赤面しちゃう姿を見てゾクゾクするという、非常に過激なツンデレ少女。ですが、そんな長瀞さんをセンパイは嫌いになることができません。長瀞さんの気を引こうとする男子に、彼女がツレない態度をする姿を見かけても嬉しくなったりします。ふたりの間だけで通じる、不器用な愛のコミュニケーションが愛おしい作品です。

『からかい上手の高木さん』/山本崇一朗

隣の席の女子生徒にいつもからかわれる、男子中学生の日常を描いた青春ラブコメディ。いつも隣の席の高木さんにからかわれている西片くんは、いつか仕返しをしてやろうと策を練っては毎回返り討ちにあってしまう。そんなふたりの友達以上、恋人未満の甘酸っぱい青春が繰り広げられる。

本作に登場する「ムラムラさせるヒロイン」は、隣の席の西片をからかっては、その反応を見て楽しんでいる女子中学生の高木さんです。ムラムラさせるといっても、中学生男子の西片はまだまだ子ども。高木さんに見つめられると赤面してしまいますが、その感情の意味を知らずに、いつか仕返しをしてやるぞと胸を熱くしています。そんな子供っぽくて素直な西片に、高木さんはストレートな好意を寄せています。西片をからかうのも、彼と楽しい時間を過ごしたいという高木さんの慈しむような愛の表現なのです。ほのかな甘さを感じさせるセンチメンタルな交流と、女子への興味が隠し切れない思春期のムラムラに、懐かしくも優しい気持ちになれる作品です。

『悪魔のメムメムちゃん』/四谷啓太郎

男子高校生の魂を奪いにやってきたポンコツ悪魔の日常を描く、ちょっぴりエッチな少年ギャグ漫画。やる気も魔力もないけど、エッチな願いを叶えて魂を奪わなければならない小悪魔のメムメムちゃん。彼は一度相手をしてくれた、小日向ひょう太の家を頻繁に訪れる日々を過ごしている。せめてエッチなことをしてくれればいいのに、ちんちくりんなメムメムは全く色気がなく、その上毎回何かしらの騒動を巻き起こしてしまう。

本作のヒロインは、「ムラムラするヒロイン」とは言い難いです。悪魔のメムメムは、本来は男をムラムラさせて魂を奪うことが仕事なのですが、ポンコツすぎて何の成果もあげられません。ちんちくりんで幼児体型のメムメムは、色気とは縁のない体つきです。さらに極度の恥ずかしがり屋で、エッチなものが大の苦手と、悪魔に必要な才能がまったくりません。五木荘に下宿する高校一年生の小日向ひょう太は、うっかりメムメムの話に付き合ったことで、親近感を抱かれて付きまとわれる羽目になってしまいます。ひょう太が住むアパートの大家さんやその娘、メムメムの上司である悪魔たちなど、サブキャラクターの方が「ムラムラする」スタイルをしている作品です。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ