現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2020-09-01

女の本音炸裂!尾崎衣良先生作品オススメ漫画5選

女の本音炸裂!尾崎衣良先生作品オススメ漫画5選

少女漫画の枠を飛び出て、大人の女性のリアルな恋愛事情を描いてスマッシュヒットを連発している尾崎衣良先生。ハッピーエンドの先に待つ恋愛の真実をつきつつ、エンターテインメント性たっぷりに痛快に読ませる数々の作品は現代の恋愛の教科書と言ってもいいかもしれません。

マンガペディア

『深夜のダメ恋図鑑』/尾崎衣良

ダメンズにひっかかりがちな大人女子達の赤裸々トーク満載な恋愛漫画。主人公は、少女漫画のような恋愛に憧れ、理想の王子様を追い求める福間千代(ふくまちよ)、見た目は清純派美人だが超毒舌な元ヤン・古賀円(こがまどか)、彼氏は途切れないがダメ男ばかりを引き寄せる千鳥佐和子(ちどりさわこ)の三人のOL。彼女達が世にはびこるダメ男達とのダメな恋愛体験を夜な夜な語り合う姿を描く。2018年にテレビドラマ化された。

「まんがの世界では、いとも簡単にいい男と恋が成就するのに、なんで現実はこうもうまくいかないんだろう…」主人公の一人、千代のこんな嘆きから始まるのは、赤裸々な本音をぶっちゃけ合う恋愛トーク。堂々と不倫を申し込む図々しい男、彼氏がいなかったと聞くと途端に上から目線になる男、料理も何もしないのに家事にダメ出しする男、と残念かつリアルなダメ男エピソードが並びます。とはいえ、彼女達もやられっぱなしではありません。ダメ男を「あたしは仕事に家事にオマエの世話で疲れてるけど、オマエ何して疲れてんの? もしかして仕事?」「おまえとの結婚って地獄かよ」と、名言とともにばっさりと斬っていきます。現実でダメ男に遭遇している大人女子達から大反響を呼ぶのも大いに納得の痛快な読後感を味わえます。

『外面が良いにも程がある。』/尾崎衣良

外面の良さだけで人生を適当に楽しんできた男が陥るスリリングな恋愛ドラマ。主人公の瀬高(せたか)は、外面だけは抜群にいい男。恋愛も、愛想よく立ち回り、かわいい子と適当に楽しめればいいと思っている。しかし、元カノの佐藤マミがセッティングした合コンで驚きの出会いが。超絶地味な女子・吉野安貴(よしのあき)に、どうしてか惹かれてしまった瀬高は彼女をデートに誘ってしまう。瀬高の「外面主義」は、出会いをきっかけに変化していくかに見えたが、その先更なるどんでん返しが待ち受ける。表題作他3編収録の短編集。

主人公の瀬高は、「裏の顔」なんて隠して「外面よくしていたほうが世の中生きやすい」と考えるような男です。イケメンで愛想よく口のうまい瀬高に、周囲はころっと騙されますが、内面では合コンに参加した女性陣に点数をつけているのです。そんな調子で、元カノのマミがセッティングした合コンに参加した瀬高は、ひっつめ髪に眼鏡の吉野を「20点」と採点。しかし、吉野の食べ方や所作が綺麗であることに気づいた瀬高は、彼女が気になってしまいます。しかも、吉野がいつも同僚のマミから残業を押し付けられており、愚痴も言わず健気にこなしていたことを知ると、恋心はヒートアップ。これだけなら、吉野の内面からじむ美しさが瀬高という男を変えるというストーリーですが、一筋縄ではいかないラストは必見です。

『君は唇から毒を盛る』/尾崎衣良

恋愛の様々なシーンで大人女子が味わうリアルな葛藤を鋭く描く短編集。大学生の絢佳(あやか)は、同じサークルの八幡(やはた)から告白されて付き合うことに。八幡くんはクールでとっつきにくいけど、イケメンでモテる男子。そのせいか絢佳は、八幡くんをずっと好きだったという女子から「好きでもないのに付き合うなんて」と責められる。しかも、前の彼氏が絢佳のことを付き合ったらすぐにやらせてくれるのだと話しているのを聞いてしまいショックを受ける。表題作の他3編を収録。

少女漫画では、告白して恋が成就するところが物語のクライマックスとなることが多いですが、本作はそんなハッピーエンドの先で待ち受ける様々な戸惑いから物語が始まる短編集です。男が浮気してもさほど悪いことではないかのように扱われるけれど、女の浮気は責められるという理不尽が物語のキーとなる『日曜日の横恋慕』。厳しく躾けられ学生時代は親の方針で交際禁止、勉強ばかりだったOLが初めてできた恋人との交際に戸惑う『キスのあとさき』。結婚を考えている彼氏と同棲するも、彼が家事を一切やらないことに悩むヒロインを描く『悩める私と健やかなるキミ』。どの作品もリアルな恋愛で多くの女性が抱く悩みがストーリーに巧みに盛り込まれています。ヒロイン達がそれぞれ悩みを乗り越え、幸福をつかみとる姿に読者はスカッとするはずです。

『てのひらに秘密をひとつ』/尾崎衣良

不倫をきっかけに始まる恋愛×人間ドラマ。主人公のOL・出水沙季(いずみさき)は、学生時代に仲間外れにされた経験から、周囲から嫌われないようついつい「いい人」に思われるようにふるまってしまう。しかし、同僚のマミの不倫旅行のアリバイ作りの頼みを断ってしまったことから、職場で悪口を言われるようになってしまう。沙季がマミの頼みを断ったのは、実はかつての恋人が関係していた。一話ごとに主人公が変わる連作短編の形で、大人の恋を描いていく。

主人公の沙季は、仕事でミスをした後輩をかばい一緒に謝りに行ったり、彼氏との久しぶりのデートがある同僚のために、かわりに残業を引き受けたりするような「お人よし」です。同僚からの評判もよく、後輩からも慕われています。しかし、そんな彼女が同僚のマミの不倫への協力だけは断ったのは、沙季には過去の不倫の恋によって、その後に出会った人との結婚が破談になったという経験があったからです。「自分のしたことは自分に返ってくるから」という思いに雁字搦めになるあまり、人間関係にも恋にも臆病になる沙季。そんな沙季に仕事に厳しく口の悪い先輩・高尾野(たかおの)は「人の顔色うかがってないで、自信を持ってもっと堂々と生きたら」と告げます。沙季の、傷つきもつれた心の糸が解きほぐされる日はくるのでしょうか。

『キレイなお姉さんの内緒の話』/尾崎衣良

キレイなお姉さんの内面が実は純情という一面を描く恋愛漫画。24歳のOL・原田蒼子(はるだそうこ)は、男からの告白がたえない派手系の美人。どんなに言い寄られても断ってしまうので、会社社長や大物政治家の愛人になっているのではと噂されてしまうほど。しかし、そんな蒼子に、果敢に告白する男子高校生・水城尚久(みずきなおひさ)が現れる。ありえないと断るも、年下男子の積極的なアプローチに内心はドキドキがとまらない。表題作他2編に加え『深夜のダメ恋図鑑』のストーリーも2編収録。

蒼子は一見すれば、スタイル抜群でメイクもばっちり、ハイヒールが似合うちょっと近寄りがたいほどの美女。実は、学生時代はファッションにも恋愛にも興味がなかったのですが、就職を機にメイクを勉強。元々の顔立ちがよかったせいかメイク映えしすぎて派手な美女に仕上がってしまったのです。次々と男をふるのは、実は蒼子が全く異性に免疫がないせいで、外見のイメージと違うと幻滅されるのが怖いという理由からでした。そうして、周囲のイメージに合わせて恋愛になれた「クールな美女」を演じるうちに、余計に前にふみだすことが難しくなっていました。そんな、実は臆病な蒼子の鉄壁のガードをつき崩すのが、高校生の尚久。バスで通勤中の蒼子を自転車で追いかけたりと、若さ爆発の直球アプローチをしかけてきます。蒼子のありのままを見る尚久は、失敗を恐れて前に進めずにいた彼女の心をほぐしていくことになります。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ