現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • 女性の強さ、美しさをコミカル&ロマンチックに描く!大和和紀特集オススメ漫画5選

2020-10-20

女性の強さ、美しさをコミカル&ロマンチックに描く!大和和紀特集オススメ漫画5選

女性の強さ、美しさをコミカル&ロマンチックに描く!大和和紀特集オススメ漫画5選

恋も生き方も自分で選びとる強さを持ったヒロインを描き、少女たちに夢と希望を与えた大和和紀。華麗で美しい絵柄で描くドラマチックなラブストーリーはもちろん、型破りなヒロインが呼び込むコミカルな展開でも読者をひきつけました。オススメ5作品を紹介しましょう。

マンガペディア

『はいからさんが通る』/大和和紀

大正時代を舞台に、じゃじゃ馬娘の花村紅緒(べにお)が運命に翻弄されながらも一途な恋を貫く姿を描くロマンチックコメディ。大正7年の東京、花村紅緒は、跡無女学館に通うお転婆娘の17歳。恋も結婚相手も自分で決めたいと願う、大正時代の流行りのハイカラさんだ。ところが、ある日突然、青年将校・伊集院忍が許嫁だと紹介されてしまう。紅緒のじゃじゃ馬ぶりを笑ってばかりの忍が気に入らず、紅緒は結婚を破談にしようと作戦をたてる。

1970年代に大ヒットし、大和和紀の名を広く知らしめた初期の代表作。繰り返し映像化もされており、2017年、2018年にも前後編でアニメ映画化されました。長く愛されている作品です。第一次世界大戦や、関東大震災といった激動する時代の波に翻弄されながらも、ヒロインが自らを貫く姿が描かれます。ヒロインの紅緒は裁縫よりも剣術が得意なタイプ。当時珍しい自転車にも乗れば、木登りもお手の物。そんな彼女にやってきたのは寝耳に水の婚約話。お相手は、ハンサムな陸軍少尉・伊集院忍。ドイツ人の母を持つハーフで、社交界の花形ともいえる忍が紅緒を婚約者にしたのには事情がありました。互いを知るにつれて紅緒と忍は共にかけがえのない存在となっていきますが、時代の波が二人を引き裂くことになります。

『源氏物語 あさきゆめみし』/大和和紀

平安時代の宮中を舞台に描かれた古典文学「源氏物語」をコミカライズした大河ロマン。平安時代、桐壺帝の第二皇子として誕生した光源氏は、幼い頃から光り輝くように美しく才能にあふれていた。しかし、幼い頃に実母を亡くしていた光源氏は、成長するにつれ、亡き母・桐壺に生き写しである義母・藤壺に許されない恋心を抱くようになる。その叶わぬ思いの苦しみを振り切ろうと、光源氏は理想の女性を追い求めて様々な女性と愛を交わしていく。

平安時代の女流作家・紫式部による世界最古の長編小説ともいわれる「源氏物語」。本作は、全部で54帖にもわたる恋愛絵巻を、少女漫画の世界に蘇らせた大和和紀のライフワークともいえる作品です。平安時代の生活様式を子細に描きながらも、現代の読者も夢中になれるラブストーリーに仕立て直しています。光り輝くように美しいことから、「光る君(ひかるきみ)」とあだ名されたという光源氏を説得力ある存在として描ける筆力も、繊細で華麗なタッチを持つ大和和紀ならでは。夫の桐壺帝と光源氏の間で苦しむ藤壺中宮や、光源氏への愛を素直に表せない葵の上、容姿にコンプレックスを持つ末摘花(すえつむはな)といった、彼を愛した女性たちの人生も色濃く描かれていきます。恋愛だけでなく、人生の光と影をも描く作品です。

『ハイヒールCOP』/大和和紀

一流を愛する凄腕の美人刑事・市子の活躍を描くアクションコメディ。主人公の巡市子(めぐりいちこ)は、一流ブランドのスーツに身を固め、ハイヒールで颯爽と事件を追う女性刑事。警視庁本庁の麻薬課に所属するバリバリのキャリアウーマンだ。一流をこよなく愛する市子の理想の男は容姿E、性格E、センスE、マナーE、頭E、5つのイイ男(E男)の条件を満たす者。この5Eの男を追い求めつつも、同居中の甥の山辺(やまのべ)雄太と元麻薬探知犬のアルを相棒に、市子は今日も犯人を追う。

バブル華やかなりし1980年代後半から1990年代初頭に連載されていた本作。主人公の市子はシャネルにエルメス、ゴルチェ、ディオールと、一流ブランドのワードローブに身を固めた美しく華やかなヒロインです。ブランドのスーツを体になじんだ戦闘服のごとく着こなし、6センチのヒールをものともせずに爆走して犯人を追い詰める姿はまさに型破りです。「働く女性の環境を快適にする」ために、「すべからく男と生まれたものはいい男になる努力を義務づけられている」と主張する市子のクールさに、憧れた女性読者も多いでしょう。仕事もルックスもパーフェクトながら、家事はダメな市子と、家事万能の甥っ子・雄太の凸凹コンビも楽しく、爽快で楽しいアクションコメディに仕上がっています。

『N.Y.小町』/大和和紀

明治時代、16歳まで男として育てられた少女がアメリカ人男性との出会いを経て成長していく姿を描くロマンチックコメディ。明治初期の東京、主人公の木乃花志乃(このはなしの)は、幼い頃に母を亡くし、家の跡取りとなるべく男として育てられていた。しかし、父が再婚して弟が生まれ、16歳にして「男をやめろ」といわれてしまう。男のように自由に生きたいと願う志乃は、アメリカ人男性・ダニエル=アーヴィングとの出会いをきっかけにニューヨークへ家出することを決意する。

ヒロインの志乃は、行動力抜群で自立心旺盛な性格。学問も得意なら、北辰(ほくしん)一刀流の免許皆伝も受けていて運動神経も抜群です。男として生きてきたのに、女性として生きるように方向転換を強いられ戸惑っていました。そんな時に出会ったのが、開拓使官園で講師を務めていたダニエル。アメリカ人のダニエルを通じて、広い世界を知った志乃は、自由な世界に憧れてニューヨークへ行くことを決意します。しかし、自分がダニエルへの恋心を抱いていたことに気づいた志乃は、思いを伝えるため開拓使官園の仕事のため北海道へ行くダニエルを追うのでした。東京、北海道、はてはアメリカと、文明開化の明治初期を新時代の女性として駆け抜けていく姿を描いていきます。

『ベビーシッター・ギン!』/大和和紀

性別は女性ではないが、服装が「女性のもの」ということで、番外でこちらの作品もご紹介。凄腕ベビーシッターが子育てに迷い惑う人々を救う育児コメディ漫画。ワンオペ育児に疲れきっていた新米ママの久美子の元に現れたのは英国淑女のような黒いドレスに身を包んだベビーシッター・下落合(しもおちあい)ギン。泣き止まない赤ちゃんもイヤイヤ期の手のかかる幼児も、なんでもOKのスーパーベビーシッターのギンは、「すべての赤ちゃんにしあわせを すべてのママに笑顔を」をモットーに、子育てに悩む人の元を訪れる。2019年テレビドラマ化。

本作の主人公・ギンは「下落合ポピンズ倶楽部」に所属するスーパーベビーシッターです。クラシックな黒いドレスに傘と帽子、サングラスをかけた姿は、メリー・ポピンズ風です。「こんにちは赤ちゃん」を口ずさみながら、依頼先にやってきます。ルックスは少々あやしい感じもしますが、仕事はプロ。赤ちゃんのオムツがえや沐浴は朝飯前、人見知りする赤ちゃんでもギンにかかれば笑顔になります。ギンにとっては、かわいい赤ちゃんはもちろん、反抗期まっさかりの思春期の子供も含め、すべての子供は「天使ちゃん」。どんな難しい依頼でも、子供たちへの深い愛とプロの手腕で解決してみせます。育児に悩む人々を励まし、大らかな愛で支えてくれるギンの活躍に、読者も笑顔になれる作品です。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ