現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • 【新年企画】2021年に●周年を迎えるできごと・流行ったもの・本や雑誌をまとめました!

2020-12-25

【新年企画】2021年に●周年を迎えるできごと・流行ったもの・本や雑誌をまとめました!

【新年企画】2021年に●周年を迎えるできごと・流行ったもの・本や雑誌をまとめました!

いよいよ2021年。新しい年に、好ましい変化を期待することも多いのではないでしょうか。 そんな今年に、節目を迎える本・作品・できごとなどをまとめました!

楽天Kobo

2021年は『グランドジャンプ』創刊10周年!

2021年は『グランドジャンプ』創刊10周年!

集英社の青年コミック誌。2011年11月創刊。毎月第1・第3水曜日発行。

ドラマ化された『ラジエーションハウス』ほか、『不倫食堂』など連載中。

増刊の『グランドジャンプむちゃ』で連載中の『ここは今から倫理です。』は、山田裕貴主演で2021年1月16日(土)ドラマ放送開始です!

『グランドジャンプ』をもっと見る
『グランドジャンプ むちゃ』をもっと見る

関連記事

2021年は『ハリー・ポッターと賢者の石』映画公開から20周年!

2021年は『ハリー・ポッターと賢者の石』映画公開から20周年!

J・K・ローリングの世界的ベストセラーを実写映画化。2001年11月にイギリスで、2001年12月に日本で公開。

以後、「ハリー・ポッター」シリーズ7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝』まですべて映画化され、いずれも大人気となりました。

映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズは、「ハリー・ポッター」シリーズ作中で教科書として登場する『幻の動物とその生息地』の著者という設定のニュート・スキャマンダーを主人公に据えた、スピンオフシリーズです。

2021年は『月刊少年ガンガン』創刊から30周年!

2021年は『月刊少年ガンガン』創刊から30周年!

1991年3月、エニックス(現スクウェア・エニックス)より創刊。毎月12日発売。

ファンタジー系を中心に幅広い作品が集まるマンガ月刊誌です。過去の連載作品に『鋼の錬金術師』など。

連載中作品『おじさまと猫』は草刈正雄主演で1月6日(水)ドラマ放送開始!同じく連載中『裏世界ピクニック』は1月4日(月)アニメ放送開始予定です!

『デジタル版月刊少年ガンガン』をもっと見る
『おじさまと猫』をもっと見る
『裏世界ピクニック』をもっと見る

関連記事

2021年は「横溝正史」没後40周年!

2021年は「横溝正史」没後40周年!

小説家、推理作家。1902年5月24日 - 1981年12月28日。

推理小説を中心に数多くの作品を著しました。『本陣殺人事件』で初登場する探偵・金田一耕助の生みの親でもあります。

金田一が活躍する『犬神家の一族』『八つ墓村』などは何度も映像化され、インパクトのある構図やセリフを人びとに今も印象づけています。

「横溝正史」作品をもっと見る
「金田一耕助」が登場する作品をもっと見る

2021年は『仮面ライダー』放送開始・漫画連載開始から50周年!

2021年は『仮面ライダー』放送開始・漫画連載開始から50周年!

1971年4月放送開始。ヒーローと怪人が対決する特撮アクションドラマシリーズとして人気を博しました。

原作者・石ノ森章太郎は「仮面ライダー」ほか数作の漫画化を自ら担当。漫画版「仮面ライダー」は放送に先行する形で『週刊少年マガジン』ほかで連載されました。

「仮面ライダー」は、2000年からは一部作品を除き1年1本でシリーズ化。小さい頃の、あるいはお子さんのお気に入りライダーシリーズMOOKなどで振り返ると、ライダースーツのデザインや設定などにも時代が反映されているのを、感じるのではないでしょうか。

2021年は『仮面ライダー』放送開始・漫画連載開始から50周年!

2021年は「宮崎駿」誕生80周年!

2021年は「宮崎駿」誕生80周年!

映画監督、アニメーター、漫画家。1941年1月5日 - 。

東映動画→フリーを経て、スタジオジブリ設立に参加。『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』など、多くの長編アニメーション映画の監督を務めています。

代表作のひとつ『千と千尋の神隠し』は、2021年に公開20周年。最近では新作の構想も気になるところ。いつまでも楽しみにお待ちしています!

ジブリ作品の背景や狙い、歴史観まで、宮崎駿本人が徹底的に語り尽くす!『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』はこちら!

関連記事

2021年は「旺文社」創業90周年!

2021年は「旺文社」創業90周年!

1931年、学習参考書の出版のため「歐文社」の名で創業。1942年に現在の「旺文社」に社名変更。

現在に至るまで、教育専門の出版社として多くの教育書・学習参考書を出版しています。学年を問わずお世話になった(なっている)方も多いのでは?

同社で最も長い歴史を持つ雑誌「螢雪時代」や辞書などは、まだ電子化されていません。楽天ブックス(紙)でご覧ください!

いかがでしたか。

歴史を感じつつも現在とつながるできごとも多くて、時の流れを感じますね。

過去からつながる2021年をまとめてみましが、実際にこれから始まる2021年は、みなさまの記憶にどう刻まれる年になるのでしょう。楽天Kobo電子書籍ストアが、良い思い出を作るお役にたてれば何よりの幸せです。

それでは、今日も素敵な読書のお時間を!

2021年1月の新刊をもっと見る

 

関連記事

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ