現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • 主人公の天然パーマ(クセ毛)のクセが強すぎる!オススメ漫画5選

2021-02-04

主人公の天然パーマ(クセ毛)のクセが強すぎる!オススメ漫画5選

主人公の天然パーマ(クセ毛)のクセが強すぎる!オススメ漫画5選

天然パーマのキャラクターは多く存在しますが、今回ここで紹介するのは、その中でも特にクセが強すぎる天然パーマを持った主人公が登場する漫画です。個性豊かな天然パーマキャラが作品の中でどんな活躍を見せてくれるのか、自身の目で確認しましょう。

マンガペディア

『ミステリと言う勿れ』/田村由美

謎めいた青年が様々な事件を解決していくミステリー風漫画。主人公は大学生の久能整(くのうととのう)。ある日、彼は家を訪ねてきた警察官に連れられ、警察署で事情聴取を受けることになる。久能の大学の同期生であり、高校の同窓である寒河江(さがえ)健が何者かに殺害され、久能はその事件の犯人だと疑われていたのだ。彼は刑事たちから高圧的な尋問を受けながらも、冷静に犯行を否定。刑事たちと会話し、彼ら個々人の事情や問題に対して意見を述べながら、事件解決のための助言も与えていく。

主人公の久能は、ボリュームのある天然パーマが特徴的な人物です。ボリュームがありすぎて、鳥の巣にもアフロヘアにも見えるユニークな頭の彼は、冷静沈着で頭脳明晰であり、優れた観察眼と記憶力を持っています。そんな彼のもう1つの特徴は、非常におしゃべりだということ。久能は好奇心旺盛で、特に彼の興味は人間に対して向けられています。久能は自身に関わる様々な人たちと会話をし、それぞれが抱える悩みや問題を推察しながら、それらに対し独自の視点で鋭く切り込んでいきます。彼のおしゃべりは不思議と人を惹きつけ、導き、そんなつもりはないのに事件の真相にすら辿り着いてしまいます。久能の言葉に、登場人物だけでなく読者もハッとさせられるでしょう。

『おしゃべり階段』/くらもちふさこ

天然パーマの少女が恋をして成長していく青春ストーリー。主人公の森本加南(かな)は、天然パーマと低身長がコンプレックスの女の子。彼女は友人関係も恋愛も上手くいかない学校生活に疲れていたが、同じ中学校に通う少年・中山手線(なかやまてせん)の優しさに触れ、救われる。いつしか、線に恋心を抱くようになっていた加南。しかし2人は別々の高校に進学し、新生活をスタート。線への想いを諦めきれない加南だったが、線の傍には彼と親しげに接する少女がいた。

加南は自分に自信が持てない内気な少女です。クラスで一番背が低いということ、そして教師から理不尽な叱責を受ける原因となる天然パーマがコンプレックスとなり、彼女から自信を奪っています。自信のなさは悪循環を呼び、授業ではドジを踏んで恥をかいたり、怪我をしたり、憧れの先輩も親友と結ばれるなど、全てが上手くいかず落ち込む加南。そんな彼女の支えになったのが、クラスメイトの線でした。線は加南同様、自身にコンプレックスを抱いています。しかし彼はそれをただ悲観するのではなく、努力で乗り越えようとしていました。そんな線を見て、加南は自分も自信を持てるように努力することを決意します。加南がコンプレックスを乗り越え、恋や学業を通して成長していく様子に、読者は勇気がもらえるはずです。

『天使1/2方程式』/日高万里

コンプレックスを抱えた女子高生が美容に詳しい美少年と恋をする学園恋愛漫画。主人公は高校2年生の少女・高垣ゆい子。彼女の悩みは、すぐに荒れてしまうガサガサの唇と、ハネやすいクセ毛だ。ある日ゆい子は、実家が美容院をやっているという高校1年生の美少年・杉本真那(まな)と知り合う。ゆい子は彼から唇のケアの仕方や、コスメのノウハウを教わることになった。交流を重ねていくうちに、ゆい子は真那に対して恋心を抱くようになる。

ゆい子は荒れやすい唇とすぐにハネるクセ毛に悩まされており、特に唇は過去のある出来事のせいで、何よりのコンプレックスとなっていました。それは、彼女が小学生だったときのことです。ゆい子は当時好きだった男の子から、唇が荒れていることを指摘されました。異性、しかも好意を抱いていた人物からの何気ない一言は、彼女の幼い心に深く傷をつけました。以来、ゆい子は様々なリップクリームを購入して唇の荒れを改善しようとしているのですが、一向に良くなる気配はありません。一生このままなのかもしれない、とゆい子が諦めかけていたそのとき、目の前に現れたのが真那でした。真那の美容知識によって、ゆい子は生まれ変わることができるのか。ゆい子の変身と、真那との恋の行方から目が離せません。

『メデューサの朝』/山野りんりん

頭髪についての様々な悩みを抱く人々が登場する日常4コマ漫画。主人公は社長秘書として働いているOLの田野口(たのくち)やよい。彼女はクセ毛、乾燥、広がりやすいといった髪の様々な問題を抱えており、毎朝起きるとメデューサのような頭になってしまうことが悩みのタネだ。髪についての問題を抱えているのは彼女だけではなく、やよいの周囲には猫っ毛やハゲなどで悩む人々が存在している。頭髪にまつわる悲喜こもごもが描かれた、コミカルな作品だ。

頭髪についての悩みを抱く人間は多いですが、本作に登場するやよいが抱える頭髪問題は、特に厄介です。クセ毛であり、乾燥しやすく、広がりやすいことに加え、剛毛かつ多毛です。そのためストレートパーマをかけても2日程度しか保たず、ヘアバンドをつければ髪の多さゆえに壊れてしまいますし、髪をまとめると頭を掻きたくても指が頭皮に届かないため竹串を常備しておかなくてはなりません。ヘアセットにかかる時間は毎朝1時間で、7種のヘアケア用品を使うことでなんとか外に出られる状態になっています。毎日彼女がそんな努力をしているなど、会社の同僚たちは知りません。髪に悩んでいることを気取られないようにしながら、今日も自身の髪と格闘するやよいを応援したいです。

『銀魂』/空知英秋

「万事屋(よろずや)」の活躍を描いた、SF人情なんちゃって時代劇コメディー。舞台となるのは、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人が我が者顔で闊歩するようになった江戸の街。主人公の坂田銀時は、この江戸の街で頼まれれば何でもやる「万事屋」を営んでいる侍だ。彼はひょんなことから知り合った剣道道場の跡取り・志村新八と、宇宙最強の戦闘種族「夜兎(やと)族」の少女・神楽(かぐら)と共に、江戸で起こる様々な事件に首を突っ込んでいく。2006年4月にテレビアニメ化。

銀髪天然パーマに気の抜けた表情。これが主人公・坂田銀時の特徴です。彼は基本的に無気力でだらしない性格であり、万事屋としての仕事も適当にこなすことが多く、仕方のない人間に見えます。しかしそれは坂田銀時という人物の、ほんの一部分に過ぎません。銀時は多くの人々が失ってしまった「侍魂」を胸に秘めており、有事の際はその魂が輝きを放ちます。自身の魂に懸けて大切なものを必ず守り抜こうとするその姿勢は多くの人を惹きつけ、そのため彼の周囲には人が絶えないのです。普段はだらしない銀時がふとした瞬間に零す言葉の数々は、登場人物のみならず読者の心も大きく揺り動かすでしょう。ギャグとシリアスのバランスが秀逸なストーリーを楽しみながら、銀時を通して人として大切な心を学びたいです。

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ