現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2021-09-01

カワイイ&メルヘンなおっさん特集!オススメ漫画5選

カワイイ&メルヘンなおっさん特集!オススメ漫画5選

動物がおっさんのような体勢でいると、可愛く見えてしまいます。しかし、現実のおっさんを可愛いと感じる人は少数派ではないでしょうか。むしろ抱く印象は「可愛い」とは正反対、好感度も決して高くはないです。けれど、今回紹介する作品を読めば、きっとおっさんが可愛く見えてくるはず。カワイイ&メルヘンなおっさんが登場する漫画をご紹介します。

マンガペディア

『パパがも一度恋をした』/阿部潤

3年前に母が他界し、あまりの悲しみで引きこもってしまった父を持つ主人公の元に、中年男性の姿をした母が戻ってきたことで巻き起こる騒動を描くホームコメディ。中学3年生の山下トモは、父・吾郎、祖父・タロスケと一緒に暮らしている。母・多恵子は3年前に他界し、悲しみに暮れた吾郎は引きこもったままになっていた。このままではいけないと、ある雨の降る日にトモは吾郎に出てくるように促すが、吾郎は多恵子の元へ行くと不穏な言葉を漏らしていた。焦るトモの前に、雨に濡れ小太りで生え際も後退した中年男性が現れる。

亡くなった人が何らかの形で帰ってくるという話はよくありますが、大体は子どもや動物など、新しく生まれた命に宿るという形が多いです。多恵子は何の因果なのか、おっさんの姿で帰ってきました。紛れもなくおっさんです。頭髪は薄く、皮膚は張りがなく脂ぎっており、皺だらけ。暑くもないのにうっすら汗をかき、腹回りはたるんでいます。どこからどう見ても立派な中年男性なのですが、中身は可憐な人妻です。多恵子は可愛らしい言動をとるうえ、吾郎とはラブラブな夫婦でした。自然と甘いやり取りが多くなるのですが、視覚的には2人とも中年男性なので、最初はトモだけでなく読者も引き気味になることでしょう。しかし、多恵子の精神が外見に表れるのか、リアル中年男性が徐々にマスコットのように可愛らしくなってしまうのです。吾郎はおっさんの姿をした多恵子を深い愛で受け入れ、見慣れた外見を可愛いと感じるようになっていきます。外見がすべてではない。重要なのはやはり中身なのです。

▼『パパがも一度恋をした』全7巻発売中!

『おじさんはカワイイものがお好き。』/ツトム

幼少期の反動からカワイイものが大好きになってしまった40歳の主人公が、会社の部下や同居中の甥に隠れながら趣味を満喫していく日常コメディ。40歳の小路三貴(おじみつたか)は、幼少期に男らしくあれと育てられた反動から、可愛らしいキャラクターが大好き。しかし、グッズを持っていることをからかわれた経験から、誰にも言わずひた隠しにしてきた。趣味を隠していたことがきっかけで妻と離婚し、一人暮らしでカワイイものに囲まれる生活を謳歌していた三貴だったが、大学生の甥との同居が始まり再び趣味を隠す日々が始まってしまう。

キャラクターはカワイイものです。大きな瞳に二頭身のボディ。何らかの動物を模していることもあるが、丸かったりむっちりとしていたりと、独特の愛らしさがあります。キャラクター大国の日本において、キャラクターに触れずにいることの方が難しいでしょう。それゆえに、中年になって突然どハマりすることだって、ないとは言い切れません。三貴は幼少期から生粋のカワイイキャラ好きですが、趣味を揶揄された経験から誰にも言えないでいます。確かに、大人の男性とカワイイものは近しいとは言えないし、男のくせにダサいという考えもあります。誰しも自身の好きなものを否定されるのは辛いです。誰にも言えなくなってしまったというのは、無理からぬことかもしれません。しかし、カワイイものはカワイイのです。ひた隠しにし、離婚までしてしまった三貴ですが、日々は十分充実しているように見えます。彼が誰の目も気にせず、思う存分趣味を堪能できる日が来ることを、願わずにはいられません。

▼『おじさんはカワイイものがお好き。』最新6巻発売中!

▼「『おじさんはカワイイものがお好き。』関連記事

『Back Street Girls』/Jasmine Gyuh

暴力団の若手組員3人が、失敗を取り戻すために性転換と全身整形をして地下アイドルになり、本人たちの想像以上に人気者になっていってしまう極道アイドルコメディ。暴力団、犬金(いぬがね)組の若手組員の山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦は大きな失敗をしてしまい、命の危機を迎えていた。組長、犬金鬼万次郎(いぬがねきまんじろう)に呼び出された3人は、アイドルは儲かるという発想から、足や臓器を失くすか性転換してアイドルになるか、究極の選択を迫られてしまう。2018年テレビアニメ化、2019年にテレビドラマ化および実写映画化。

美しい男性というのは、現実に存在します。存在はするものの、体つきが細かったり、顔立ちが女性的だったりというタイプが多いでしょう。ですが犬金組の3人は、骨格はがっしりしているし、顔も角ばっているので、女性らしい線の柔らかさは一切感じられません。それが手術で可憐なアイドルになってしまうのですから、執刀医は相当腕が良かったのでしょう。もはや男だったころの面影は、舞台裏での言動に残るのみです。アイドルは儲かる、という発想から若手3人組が餌食になってしまいましたが、3人を指揮しているのは、組長です。お金目当てで始めたことですが、組長自身がアイドルプロデュースにハマっていってしまいます。臓器を売る、手足を切ると散々脅しをかけていたにもかかわらず、アイドルらしいキラキラした歌詞を書いているのかと思うとギャップが酷いです。実は組長自身もアイドルのキラキラした世界に憧れを抱いていたのでは、と思わされてしまいます。夢のステージは、非道極まる男たちの中にだって存在するものなのです。

▼『Back Street Girls』全12巻発売中!

▼『Back Street Girls』関連記事

『おっさんたちだってカワイイって騒ぎたい!』/あきつ鉄鋼

とあるバーの片隅で、カワイイものが大好きなおっさんたち4人が集まり、周囲の目を気にしながらも趣味を謳歌していく秘密コメディ。路地裏にひっそりと佇むバーに、夜な夜な4人の男が集まっていた。店の女性店員が酔客に絡まれていたところを、男たちが半ば脅しながら助ける。彼らの言動は不穏だが、実はカワイイものが大好きな集まりだった。渋いバーテン、真面目な医師、極悪レスラー、強面の極道と、カワイイとは対極にある4人だったが、周囲の目を気にしながらも、ぬいぐるみや甘いお菓子等にテンションが上がるのだった。

固定されたイメージ─ステレオタイプ─は、人を苦しめることがあります。例えば女子は生クリームと苺、ピンクが好きとかです。枠から外れた人間は、どことなく窮屈な思いをするしかありません。性別問わずそういった経験をしている人は多そうですが、特にカワイイものや甘いものが好きという男性は、趣味嗜好を口にできないことも多いでしょう。そんな男性たちの極みともいえる4人のおっさんたちは、窮屈な思いに共感しカワイイ趣味を共有するために、夜な夜なバーに集まってきます。渋いバーテン紺野に、クール系の医師白澤。悪役プロレスラーだという黒崎に、極道の紫村(しむら)は職業柄絶対に口にはできないはずです。彼らは趣味を共有するとともに、助け合ってもいます。紺野は自由にスイーツを食べに行けない仲間のためにパフェを作り、白澤はぬいぐるみの縫合をしてあげています。互いに口に出せないという環境がわかるからこそ、助け合うことができるのでしょう。カワイイもの好きが集まる男子会、目を輝かせる姿に心がほっこりとしてきます。

『おじさんとマシュマロ』/音井れこ丸

マシュマロを愛する温厚な中年会社員と、彼に恋する同僚女性社員の日常を描くほのぼのラブコメディ。日下幅広(ひげはばひろ)はマシュマロが大好きな中年サラリーマン。ぽっこりとしたお腹のメタボ体型で、口髭を生やしていることから「ヒゲさん」と呼ばれている。ヒゲさんには年下のクールな同僚、若林伊織(わかばやしいおり)がいた。彼女はヒゲさんに想いを寄せており、マシュマロを使ってヒゲさんの気を引こうとする。しかし、仲良くはなるものの恋心は伝わらないのだった。2016年1月にテレビアニメ化。

ヒゲさんはマシュマロ大好きおじさんです。温厚な性格で、お腹がぽよっとしたメタボ体型。マシュマロが好きなせいなのか、性格も体型もマシュマロのように柔らかいです。そんなヒゲさんに想いを寄せている伊織。そんな彼女がヒゲさんの気を引くための手段が、好物のマシュマロです。ヒゲさんが部下となった社長の弟の扱いにモヤモヤしているとき、ストレスの度合いを判別する方法として使用したのが、マシュマロでした。マシュマロの食べ方に違いが出るのかと驚かされますが、そこは好意からくる観察眼があるからこそわかるのでしょう。ただ、ヒゲさんのマシュマロの食べ方は、大型動物めいていてちょっと可愛らしいです。何かと理由を付けて、口にマシュマロを放り込む気持ちも理解できてしまいます。温厚で優しいヒゲさんは、会社でも慕われる存在です。外見も相まって、マスコットキャラクターのように見えます。会社に一人いてほしい癒し系。これぞカワイイおじさんと言える存在です。

▼『おじさんとマシュマロ』全5巻発売中!

▼「カワイイ&メルヘンなおっさん特集!オススメ漫画5選」関連記事

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ