現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

2021-09-08

残念すぎるくらいがちょうどいい!オススメ美人キャラ漫画5選

残念すぎるくらいがちょうどいい!オススメ美人キャラ漫画5選

「残念」すぎる美人は周囲に強烈な印象を与え、そこが逆に魅力的です。今回は、美人だけれど残念すぎるキャラクターが登場するオススメ漫画を5つ紹介していきます。物語を通して垣間見える、彼女たちの容姿だけじゃない魅力を堪能しましょう。

マンガペディア

『ニー子はつらいよ』/アルデヒド

ダメダメだけど可愛いニート女子の辛くておかしな日常を描いたコメディ漫画。主人公のニー子こと新戸眠子(にいと ねむこ)は、23歳無職の女性。彼女は大学生までは順調な人生だったのだが、就職活動で失敗。働かなければと思いつつも働きたくない気持ちがそれを上回り、ニートになってしまった。就職してバリバリ稼いでいる同級生や、既に結婚している友人の存在にプレッシャーを感じながら、今日もニー子は哀愁漂いつつもどこかおかしいニート生活を送っていく。

一度失敗してトラウマになってしまうと、人は安全な場所からなかなか抜け出せないものです。主人公のニー子もその一人。彼女は就職活動で失敗し、そのときのトラウマで働く気力がポッキリと折れてしまっていました。働かなければならないことはよくわかっています。しかし、働こうとするとどうしても就活時の恐怖が蘇ってしまい、履歴書を持って外に出ることもままなりません。そうこうしている間にも、周囲の人間たちは働き、結婚し、前に進んでいきます。焦りに駆られるニー子の様子は可愛らしいですが、そのニート描写はリアルで、萌えと絶望感の表現のバランスが何とも言えないです。ニー子は社会復帰することができるのでしょうか。それとも良い人と出逢って永久就職の道を歩むのでしょうか。ニー子の未来が気になる作品です。

▼『ニー子はつらいよ』全6巻発売中!

『うちのメイドがウザすぎる!』/中村カンコ

幼女好きの家政婦とロシア系小学生の日常を描いたホームコメディ漫画。主人公の高梨ミーシャは、ロシア人の血を引く小学2年生の女の子。彼女は母を亡くし、母の再婚相手である血の繋がらない父親と2人で暮らしていた。そんなミーシャのもとに、幼女好きな元自衛官の家政婦・鴨居つばめがやってくる。ミーシャはつばめを毛嫌いするが、つばめはそんなミーシャの態度もなんのその。徹底的にミーシャを構い倒していく。2018年10月にテレビアニメ化された。

本作の残念な美人キャラは、高梨家に家政婦としてやってきた元自衛官の鴨居つばめです。彼女は父親を亡くし、雲の上に行けば父親に会えると信じて自衛隊のパイロットになりました。しかし、やはり父には会えず、その後病気で右目の視力が低下し始め、やがて完全に視力を喪失したため退官。家政婦に転職しました。つばめの残念なところは、筋金入りの幼女好きであるということです。学生時代から同性にモテていたのですが、本人は「初潮を過ぎた女子には興味がない」ということで、全ての告白を断ってきました。そんな彼女が愛してやまないのが、小学2年生の少女であるミーシャです。つばめはどれだけミーシャに嫌われても、めげずにアプローチし日々尽くすことをやめません。つばめの突き抜けた愛情は、読者を楽しませてくれるでしょう。

▼『うちのメイドがウザすぎる!』最新8巻発売中!

『美人が婚活してみたら』/とあるアラ子

容姿に恵まれたアラサー女子の婚活を描いたラブコメディ漫画。仕事にも容姿にも友人にも恵まれていたアラサー女子のタカコ。しかし彼女は恋愛には恵まれてこなかった。ある大きな恋を終えて燃え尽き症候群になってしまったタカコは、これまでの自由奔放な恋愛と生活を見直し、安定した人生を手に入れることを決意。出逢いを求めて、これまで全く縁のなかった婚活サイトに登録してみることになる。2019年3月に実写映画化された。

タカコは容姿端麗であり、仕事にも恵まれ、仲の良い友達もいます。一見、順風満帆な生活を送っていそうな彼女ですが、一つ問題がありました。恋愛にだけは恵まれておらず、長く付き合ったあとで相手が結婚していることが発覚するという不倫恋愛が3度も続いたのです。25歳からそんな恋愛を始め、気づけばタカコはもう32歳。3度目の不倫を終え一人に戻った彼女の心に湧き上がったのは、結婚して子供を産み育て、安定した生活を送りたいという強い願望でした。タカコは自分を変え、奔放な恋愛から脱却すべく、1週間かけて婚活サイトに登録します。結婚前提のお付き合いができる男性との出逢いを目指して奮闘し始めます。アラサー女子のリアルな悩みがコミカルに描かれた作品です。

▼『美人が婚活してみたら』全3巻発売中!

『だがしかし』/コトヤマ

駄菓子屋の息子と駄菓子屋マニアの女の子の交流を描いたコメディ漫画。鹿田(しかだ)ココノツは、田舎暮らしの男子高校生。彼の父親は駄菓子屋をしており、息子に店を継いで欲しいと願っていたのだが、ココノツは漫画家になることを夢見ているため、それを拒否している。ある日、そんなココノツの前に駄菓子屋マニアの美少女・枝垂(しだれ)ほたるが現れた。彼女はココノツに駄菓子屋を継がせようと、店に通い始める。2016年1月と2018年1月にテレビアニメ化された。

とある半島の海沿いにある田舎町。そこにココノツの父・鹿田ヨウが経営している駄菓子屋「シカダ駄菓子」はありました。ある日、シカダ駄菓子に都会的な雰囲気の美少女が現れます。その人物こそ、本作の残念な美人キャラである枝垂ほたるでした。ほたるはお菓子メーカー「枝垂カンパニー」の社長令嬢。彼女はココノツが見惚れるほど美人でスタイルも良かったですが、駄菓子に対する熱意がありすぎるがゆえに、エキセントリックな言動のほうが目立つ少女でした。駄菓子のことを語り始めるとテンションが上がって止まらなくなり、周囲を置いてけぼりにしてしまいがちなのです。しかしそこがほたるの何よりの魅力でした。彼女の行き過ぎた駄菓子愛と、それに振り回されるココノツの様子を楽しみましょう。

▼『だがしかし』全11巻発売中!

『手品先輩』/アズ

手品が好きだが失敗率が100パーセントのヘンな先輩と、その先輩に振り回される助手の日常を描いたショートギャグ漫画。種無高校では、生徒は何かしらの部活に入らなくてはならない。入学したばかりのとある男子生徒は、楽ができそうな部活を探している最中、奇術部の部室を発見する。そこにいたのは、奇術部ただ1人の部員である、可愛いがアガリ症でドジな先輩だった。男子生徒はこの先輩の手品の助手にされてしまうことになる。2019年7月にテレビアニメ化された。

本作の主人公である先輩は、本名不詳の女子生徒です。可愛らしい容姿と抜群のスタイルの持ち主ですが、コミュ障であるため友人はいません。さらにとてつもないレベルのアガリ症で、後に助手となる男子生徒と初めて対面した際はいきなり吐いてしまうというポンコツ具合です。そんな彼女が大好きなのが手品です。その腕前自体はなかなかのものなのですが、アガリ症のせいで人前で行うときは失敗率100パーセント。人が見ていない場所での手品しか成功したことがありません。先輩の夢は手品で人気者になることらしいのですが、果たして彼女はアガリ症を克服し、人前での手品を成功させることができるのでしょうか。天然でドジっ子の先輩と、そんな先輩に手を焼く助手の騒がしい毎日から、読者は目を離せなくなるでしょう。

▼『手品先輩』全8巻発売中!

▼「残念すぎるくらいがちょうどいい!オススメ美人キャラ漫画5選」関連記事

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ