現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

  • 電子書籍
  • 記事一覧
  • シリーズ累計10万部突破! 2ヶ月連続刊行の第一弾、『龍ノ国幻想5 双飛の闇(新潮文庫nex)』

2023-09-25

シリーズ累計10万部突破! 2ヶ月連続刊行の第一弾、『龍ノ国幻想5 双飛の闇(新潮文庫nex)』

シリーズ累計10万部突破! 2ヶ月連続刊行の第一弾、『龍ノ国幻想5 双飛の闇(新潮文庫nex)』

ファンタジー小説ブームを牽引する三川みり『龍ノ国幻想』シリーズ。8月29日、5巻目となる『龍ノ国幻想5 双飛の闇』が新潮文庫nexより刊行されました。今月9月28日には、早くも6巻目が発売決定。

楽天Kobo

大人気男女逆転宮廷ファンタジーの新刊!

女ならば当然聞こえるはずの龍の声が聞こえず、命を奪われる定めだった日織(ひおり)。国の掟を変えるため、男として皇尊を目指した彼女はついに即位を果たす。だが、男でありながら「妻」として身を偽ってきた悠花(はるはな)の存在はいびつなものになっていく。日織を想い、「妻」の座を捨て、彼は龍ノ原を立つ。すべては愛する日織の皇位を守るために――。

シリーズ累計10万部を突破した三川みり『龍ノ国幻想』シリーズ。新潮文庫nexより発売の最新刊『龍ノ国幻想5 双飛の闇』は影ながら「夫」を支えてきた悠花に焦点が当てられます。今月9月28日には早くも6巻目が発売決定。怒濤の展開にますます目が離せません。

■書籍内容 5巻目あらすじ

日織(ひおり)が皇位を全うすることを願い、悠花(はるはな)は「妻」の座を捨て、龍ノ原(たつのはら)を出立した。女として生きた姿を護領衆・悠火(ゆうび)に変えて、龍ノ原の北に隣接する逆封洲(さかのほうしゅう)へと潜入する。そこは若き国主・末和気(すえのわき)が治める豊かな国。だが、政(まつりごと)は、母の遠音(とおね)が牛耳っていた。日織が隣国との関係を築けるよう、知謀の才を尽くす悠火。しかしその頃、日織に不津王(ふつのおおきみ)が皇尊(すめらみこと)の譲位を迫る一触即発の危機が襲う!

■著者紹介

三川みり(みかわ・みり)
広島県生れ。角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞し、『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。ほか、『封鬼花伝』シリーズ、『一華後宮料理帖』シリーズ、『ここは神楽坂西洋館』シリーズ、『君と読む場所』、『龍ノ国幻想』シリーズなど著書多数。

■新刊配信予定

【タイトル】龍ノ国幻想6 双飛の暁
【著者名】三川みり
【発売日】2023年9月28日
【造本】新潮文庫nex

執筆者:新潮社 編集チーム

三川みりの過去作品一覧

このカテゴリーのピックアップ記事

このページの先頭へ