電子書籍

「鬼」がヒロインの漫画5選

鬼滅の刃 1
418円 (税込)

 『鬼滅の刃』が2019年にテレビアニメ化。食人鬼、殺人鬼、吸血鬼……人に害を為す存在として描かれることが多い「鬼」ですが、それだけに昔から人々には身近な存在です。鬼としての姿や能力を持ちながらも、人の心や誰かを想う心を持ち続けるヒロインが登場する物語をご紹介します。

 

鬼滅の刃/吾峠呼世晴


鬼滅の刃 1
418円 (税込)

炭売りをしていた一家が、ある日突如、鬼に襲われて惨殺されてしまう。そのときちょうど町に出かけていて、難を逃れた長男・竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、襲われた後に鬼として蘇った妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻し、家族を殺した「鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)」の仇を討つため、鬼を狩るための組織「鬼殺隊」に入る。2019年にテレビアニメ化。

 主人公・炭治郎の妹・禰豆子は、「鬼舞辻無惨」の襲撃を受けた際、体内に鬼の血が入り込んだことで、自我を持たない「人喰い鬼」へと変貌してしまいます。しかし、炭次郎の呼びかけで彼女は自我を取り戻し、鬼殺隊に入った炭治郎と共に"同族殺し"の鬼として、戦いに身を投じていきます。鬼化した禰豆子は日光を浴びると灰になってしまうため、昼間は出歩くことができません。そのため、普段は木製の箱に入り、炭次郎に背負われています。悲劇的な身の上の少女ですが、戦いのないときには兄に甘えるなど、妹らしい一面を見せることも。禰豆子は人に戻れるのか、完全な鬼となるのか、今後の展開から目が離せません。

 

うる星やつら/高橋留美子


うる星やつら〔新装版〕(1)
462円 (税込)

圧倒的な科学力を持つ宇宙人の鬼族が、地球を侵略するためにやって来た。ただし、鬼族は軍事力での制圧はせず、地球人代表と宇宙人代表の一騎打ちで勝敗を決することになる。かくして、たまたま人間の代表に選ばれた男子高校生・諸星あたると、鬼族の代表・ラムの鬼ごっこがスタートする。しかし、あたるの軽はずみな発言から、ラムがあたるに惚れてしまい、果てなきラブコメが展開されていく。1981年にテレビアニメ化されたほか、多数の映画も公開された。

 本作に登場する「鬼」は宇宙から来訪した鬼族の面々。ヒロイン・ラムを筆頭に、その父従弟・テン、ラムの元婚約者・レイなど、作中には様々な鬼族が登場します。ラムは、虎縞模様のビキニというインパクトのある外見、方言のような独特のしゃべり方、ちょっとわがままな面もある鬼族の少女です。主人公・あたるに一途に好意を寄せる姿など、様々な魅力を備えた彼女は、読者の間で大きな人気を獲得。魅力的な女性キャラクターが数多く登場する本作の中でも、圧倒的な人気を誇るメインヒロインとなっています。浮気性のダーリン・あたるに対して、愛情たっぷり(?)のおしおきの電撃が放たれるシーンも、作中ではおなじみの光景。

 

屍鬼/小野不由美, 藤崎竜


屍鬼 1
458円 (税込)

サスペンスホラーの名手・小野不由美の傑作小説を、『封神演義』の藤崎竜がコミカライズした作品。ある夏の日、山に囲まれた人口1300人ほどの集落で3人の死体が発見され、その後も次々と村人が死亡していく。土葬の習慣が残る村を舞台に、「死人が起き上がる」恐怖と狂気が描き出されている。2010年にテレビアニメ化された。

 吸血鬼のような存在の「屍鬼」により小さな村が壊滅していく様を描いた、ホラーサスペンス。本作は複数の主人公の視点から描かれており、その1人、桐敷沙子(きりしき すなこ)は、同じく主人公の1人である小説家・室井静信(むろい せいしん)のファン。彼女が村に引っ越してきて以来、2人は人知れず交流を重ねていきますが、桐敷こそが村に「屍鬼」をもたらした元凶でした。一方、村にただ1つの診療所の医師・尾崎敏夫は、次々と死亡する村人と向き合ううちに、その現象に違和感を覚え、「屍鬼」の存在に気づきます。閉鎖的な村の中で、死亡後に“起き上がった”人間である「屍鬼」が徐々に増えていく様が、恐ろしい。「屍鬼」の存在を認識し、対抗すべく手を尽くす村人側も、徐々に狂気に染まっていきます。山あいの小さな村が、まるで腐り落ちていくように壊滅する様子が生々しく描かれている作品です。

 

欲鬼/色原みたび


欲鬼
462円 (税込)

自らの欲望を満たすため、超常的な力で暴虐の限りを尽くす「欲鬼」。主人公・二十正人(じつなし まさと)も「欲鬼」ではあるが、己の「正義欲」の命じるまま、他者に害をなす欲鬼を討っていく! 義妹・古茨新菜(こいばら にいな)と、男子高校生・茶番椿(さつがい つばき)、そして主人公・二十正人という3人の「欲鬼」たちを軸に展開される、サスペンスアクション漫画!

 本作における鬼は「欲鬼」です。これは、欲望が強すぎるあまり”欲”に囚われ、異能の力を持つに至った人間の総称です。主人公・正人は「正義欲」の欲鬼であり、自身の「身勝手な正義」に基づいて戦います。一方で、義妹・新菜は、「殺されたい」という欲を持つ「被殺人欲」の欲鬼であり、「殺されても死なない体」を持っています。また、新菜のクラスメイトである椿は「殺人欲」の欲鬼です。「正義欲」「被殺人欲」「殺人欲」という相反する欲に囚われた者たち。欲鬼の起こす事件と向き合う中で、彼ら3人の関係がどう変化していくのかも見どころとなっています。
 

楽天Koboで「映画・ドラマ・アニメ化」作品を見る

関連記事:

背筋ヒンヤリ?!うっすら怖いホラー&サスペンス漫画

直接脳髄に恐怖が届く… 現実を侵食するような悪夢のホラー漫画おすすめ4(死)選

※2019年02月12日時点の情報です。価格や巻数など、最新の情報は商品ページからご確認ください。