トップ > キャンペーン・特集 > > 2021年 青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」

2021年 青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」

選定理由文責:公益社団法人 全国学校図書館協議会 第67回 青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を小学校低学年から高校生まで一同に集めました。
今年も気になる作品が勢ぞろい!あれもこれも読んでみたくなる作品ばかりです。

小学校低学年 の課題図書

  • あなふさぎのジグモンタ
    本 あなふさぎのジグモンタ とみながまい/たかおゆうこ 1,430円(税込)

    ジグモのジグモンタは、代々続く「あなふさぎや」さん。多彩な糸を使えば衣服の穴は元通り。お客の喜びがやりがいだったが、コートを持ち込んだヒキガエルは新品を買ってしまった。ハリネズミ姉妹がかぶった結婚式の穴あきベールも、末の妹は「お古はいや」。ジグモンタはがっかり。でも、フクロウの毛布を直したら大いに感謝され、新品みたいにベールを直したら、素敵な結婚式のお手伝いができた。優しさを糸に込めればお客の心も満たされる。色彩豊かな絵本。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由奥深い色づかいや工夫された表現が絵本として素晴らしく、ストーリーもほのぼのとしており、楽しく読むことができる。

  • そのときがくるくる
    本 そのときがくるくる すずきみえ/くすはら順子 1,320円(税込)

    たくまは小学校1年生、学校が大好き。でも給食になすが出る日は行きたくない。なす入りミートソースを食べようと頑張ったが、食べられなかった。夏休み、おじいちゃんとおばあちゃんの家に1週間泊まることになった。夕食でなすの味噌汁が出た時、おじいちゃんがなすをおいしく食べられるそのとき・・・・がくると教えてくれた。その言葉で無理に食べなくていいと安心したたくま。なすの肉巻きを一口食べてみたけど……。そのときはいつくるか? ご購入はこちらから 課題図書選定理由苦手な食べ物を無理に食べる、克服するのではなく、前向きにとらえていくという点。身近な話題を取り上げており、文章もよい。

  • みずをくむプリンセス
    本 みずをくむプリンセス スーザン・ヴァーデ/ピーター・H・レイノルズ/さくまゆみこ 1,650円(税込)

    アフリカに暮らす少女ジージーの家の近くには水がない。太陽が昇る前に起きて、お母さんと二人で遠くまで水を汲みに行く日常が語られる。空の壺を頭に乗せ、歌いながら歩く。途中の木陰で一休みして、また歩く。水汲み場で並んで手に入れた水は、泥の混じった茶色の川の水。その水で飲み水を沸かし、洗濯をして、ご飯の用意をする。そして、明日もまた水を汲みに行く。井戸を作るプロジェクトを始めたアフリカ人モデルの、体験をもとにした絵本。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 困難な状況においても、生き生きと生活する女の子と家族を描き、世界には水を汲みに行かなくてはならない暮らしがあることを伝えている点。SDGsもテーマにし、時宜にかなっている。

  • どこからきたの? おべんとう
    本 どこからきたの? おべんとう 鈴木 まもる 1,430円(税込)

    お母さんが作ってくれたお弁当。卵焼き、おにぎり、アジフライ、などなど、どこからどうやって来たのか、お母さんの手紙が教えてくれる。例えば、卵焼きは、養鶏場からスーパーに来た卵をお母さんが買い、作ったのだ。弁当になった食べ物の、生産、流通、調理の過程とそれに関わる人々を楽しい絵で説明してくれる。中身だけでなく弁当箱の曲げわっぱ、弁当袋まで。身近な弁当から、産業、流通、労働まで広く目を向けさせてくれる絵本。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 知識絵本として、学校の生活科にもつなげることができる。内容もよく、読者の視点が幅広く開けていける。

小学校中学年 の課題図書

  • わたしたちのカメムシずかん:やっかいものが宝ものになった話
    本 わたしたちのカメムシずかん:やっかいものが宝ものになった話 鈴木海花/はたこうしろう 1,430円(税込)

    岩手県葛巻町の小学校では、校長先生の提案で臭くてやっかいなカメムシを調べることになる。子どもたちは戸惑うが、見つけたら名前を調べ、大きさも色や食べ物も異なる種類のカメムシを集めるうちに、調べることを競い始め、心から楽しむようになる。習性や嫌な臭いの原因を知り、35種類ものカメムシが載る図鑑が完成する。専門家から町には200種類以上いるはずだと教わり、子どもたちは新種の発見に張り切っている。実話をもとにした絵本。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 身近だが、嫌われもののカメムシを採集し、観察し、図鑑等で調べる過程が生き生きと描かれており、子どもたちが調べること、知ることの楽しさを自分のものにしていく様子や表情が読み取れる。

  • ゆりの木荘の子どもたち
    本 ゆりの木荘の子どもたち 富安 陽子/佐竹 美保 1,430円(税込)

    100年以上前に建てられた洋館ゆりの木荘は6人のお年寄りが暮らす老人ホームとなった。春風の吹く日、どこからか聞こえてくる手まり歌を口ずさんでいたサクラさんは、いつの間にか小さな子どもになっていた。古時計、手まり歌、守れなかった約束。遠い日の記憶をたどりながら、子どもに戻ったお年寄りたちはゆりの木荘の魔法を解いてゆく。はらはらする謎解きと優しく温かなファンタジーが、読者をひきこんでいく。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 タイムスリップ、守れなかった約束、謎解きなど、ファンタジーとミステリーが調和した上質な物語である点。コロナ禍での生活を過ごす子どもたちに、わくわくする物語を楽しんでほしい。

  • ぼくのあいぼうはカモノハシ
    本 ぼくのあいぼうはカモノハシ ミヒャエル・エングラー/はたさわゆうこ/杉原知子 1,540円(税込)

    ドイツの少年ルフスは、オ―ストラリアに単身赴任中の父を思うと、会いたくてたまらなくなる。ある日バス停の植え込みにいたカモノハシのシドニーと出会う。動物園から逃げ出してきたという。オーストラリアに帰る手助けを頼まれ、その気になった。大きな木に登ってオーストラリアを見ようとしたり、バスや船で行こうとしたりと、失敗続き。果たして、オーストラリアに行けるのか。ふたりのやりとりが、とてもユーモラスな物語。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 主人公の、有名になりたい、強くありたいなど、少年になりかける時期の心理が表現されている点、ともに物語をすすめていくのがカモノハシというのが新鮮である点。また、読後感がよい。

  • カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥
    本 カラスのいいぶん:人と生きることをえらんだ鳥 嶋田泰子/岡本順 1,320円(税込)

    都会で身近に見るカラスの生態を生き生きと描いたノンフィクション。ごみをあさったり、ときに人を襲ったりする嫌われ者だが、クルミを食べるために硬い実を道路に置き、車に踏ませるなど意外な賢い素顔を紹介する。著者は家にやってくるハシブトガラスに興味を抱き、名前をつけて観察。野生を損なわないよう注意しながら餌を与え、距離を縮める。心を通わせる中で、カラスたちの縄張り争いや巣作り、子育ての大変さに気づいていく。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 嫌われもののカラスだが、著者がその魅力に気づく過程が書かれている。カラスの観察を通して相手の立場に立って考えることなど、読者に考えさせる要素がちりばめられている。

小学校高学年 の課題図書

  • エカシの森と子馬のポンコ
    本 エカシの森と子馬のポンコ 加藤 多一/大野 八生 1,760円(税込)

    牧場を逃げ出した子馬のポンコは、森の中で自由に暮らし始めた。心も体も変わっていき、大人になりかけている。「たくさんの体でひとつの命」というカメムシが、ポンコに母親のことや牧場の様子などを教えてくれる。ふわふわ飛ぶガガイモのタネ、思慮深い長老のハルニレ・エカシと触れ合い、時々牧場のとうさんにも助けられながら暮らすポンコ。自分の体の中の声を聞き、模索しながら成長していく。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 明るく素朴な装丁で、思わず手に取りたくなるような本。内容も装丁から期待を裏切らない面白さがある。

  • サンドイッチクラブ
    本 サンドイッチクラブ 長江 優子 1,650円(税込)

    小学校6年生の桃沢珠子は、夏の個別指導塾で羽村ヒカルと出会う。誘われて行った公園の砂場で、ヒカルは勝田葉真ようまと砂の彫刻(砂像)作りの勝負を始める。これをきっかけに珠子も砂像作りに興味を持つ。珠子とヒカルは砂像づくりのためにサンドイッチクラブを結成する。砂像は奥が深いだけでなく、世界の人々の生活ともつながっていることに気付く。夏の終わり、珠子たちは葉真に再挑戦するため、ペンギンの砂像に挑む。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 日常の生活を舞台にしながら山場をいくつか設定し、読みごたえがある。社会の格差を知り、平和についても考え直すきっかけになる。

  • おいで、アラスカ!
    本 おいで、アラスカ! アンナ・ウォルツ/野坂悦子 1,540円(税込)

    12歳の少女パーケルは、4か月前に手放した愛犬アラスカが忘れられない。同じクラスになった、何かといじわるな少年スフェンが今の飼い主だと知り、アラスカを取り戻そうと決心。黒装束で真夜中に彼の家に忍び込むが……。物語は、パーケルとスフェンが交互に語る形で展開する。てんかん発作が起こるためアラスカの助けを必要とするスフェン、アラスカを強く思うパーケル。SNSなどを通して次第に交流し、成長していく二人を描く。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 犬のアラスカとの友情、てんかん発作、SNS、などを通して交流・成長していく2人を描いているが、読みやすく、読んでいく中でいろいろなイメージを描くことができる。

  • オランウータンに会いたい
    本 オランウータンに会いたい 久世濃子 1,430円(税込)

    著者は霊長類の研究者として、長年ボルネオの森でオランウータンの観察と研究をしてきた。ゴリラやチンパンジーたちとは違う彼らの生態を、臨場感あふれる文章で伝えてくれる。まるで著者とともに観察しているかのようだ。その生態を知れば知るほど人間の生活を振り返ることになるだろう。そして、何か行動を起こしたくなるはず。なにしろ、進化上私たちヒトの「いとこ」である彼らは、今や絶滅の危険にさらされているのだから。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 オランウータンの生態を、著者とともに観察しているような、臨場感あふれる文章で伝えている点。ノンフィクションとして資料に基づき詳しく調べて書かれており、多様な感想が期待できる。

中学校 の課題図書

  • with you
    本 with you 濱野京子 1,430円(税込)

    悠人(ゆうと)は中学3年生。高校受験が迫る中、悶々とした日々を過ごしていた。そんなある夜、ランニングの途中で立ち寄った人気(ひとけ)のない公園のブランコでぼんやりとたたずむ少女・朱音(あかね)と出会った。はじめはぎこちないやり取りを交わす二人であったが、いつしか夜の公園で会うことがお互いの日常となっていった。自身を取り巻くさまざまな出来事と必死に向き合いながら、少しずつ成長してゆく2人。ヤングケアラーの現実も伝わってくる。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 主人公たちの受験期の葛藤に、読者が共感しやすい点。ヤングケアラーや、主人公の兄への劣等感、父親不在の家庭での家族の不安定感など、さまざまな視点で多様な感想が期待できる。

  • アーニャは、きっと来る
    本 アーニャは、きっと来る マイケル・モーパーゴ/佐藤見果夢 1,540円(税込)

    スペイン国境に近い牧畜の村レスキュン。ドイツとの戦況は良くないが、のどかな日々だった。出征した父に代わりヒツジ飼いをするジョーはある日、見知らぬ男ベンジャミンと知り合い、重大な秘密を持ってしまう。村に駐屯したドイツ兵の警備も次第に厳しくなり、ついには、秘密は村人みんなの知るところとなる。迫害から逃げてきたユダヤ人の子どもたちは、どうなるのか、秘密を知った村人たちのとった行動とは……。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 同じ歳くらいの主人公が中学生の読書にふさわしい点。起伏ある物語、主人公の心のありかた、登場人物の個性、苦境を乗り切る展開など、感想文を書くにあたりさまざまな読み方が期待できる。

  • 牧野富太郎:日本植物学の父
    本 牧野富太郎:日本植物学の父 清水洋美/里見和彦 1,760円(税込)

    「日本の植物学の父」といわれる牧野富太郎。物心つく前から野山の草木が好きで、小学校を2年で中退という学歴ながら大学に研究の場を得る。だが、研究にかける金は一切惜しまない困った金銭感覚が災いし、いつも借金取りに追われる貧乏暮らし。大学での身分も不安定で生活はピンチの連続。それでも、学問への情熱を失わない富太郎を家族や友人が支える。明治から昭和にかけ、植物の研究にささげた生涯をたどる。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 学歴がないにもかかわらず、研究への情熱と驚異的なエネルギーで困難をものともしなかった牧野富太郎の姿、エピソードや人となりが魅力的に描かれ、読み物として子どもたちに活力を与える。

高等学校 の課題図書

  • 水を縫う
    本 水を縫う 寺地 はるな 1,760円(税込)

    手芸が大好きな清澄(きよすみ)は高1男子。姉は「かわいい」という感覚や表現を嫌う。母は結婚や子育ての理想と現実の落差に悩む。古い時代に育ち「嫁」になった祖母は「男のくせに」「女のくせに」という言葉や差別がない世の中になるよう願っている。姉のウエディングドレスを作ると申し出たことから、転機が訪れる。ドレスづくりが難航した清澄は、服飾デザイナーの夢を捨てきれず家庭を失った父に助けを求め、家族の心が動き出す。「常識」や「普通」とは何かを問う、家族再生の物語。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 多様な家族のありかた、家族の絆、をそれぞれの登場人物から考えてほしい。また複数の視点からの読書感想文が期待できる。

  • 兄の名は、ジェシカ
    本 兄の名は、ジェシカ ジョン・ボイン/原田 勝 1,650円(税込)

    主人公サムの兄・ジェイソンは、高校ではサッカー部のキャプテンで、尊敬する兄である。ある日、兄が自分は女として生きたいと葛藤する悩みを告白する。しかし、女性政治家として多忙な母と秘書である父は、性的マイノリティに対する差別や偏見を怖れ、兄を受け入れようとしない。学校でいじめられるのではと心配するサム。このまま家族はバラバラになってしまうのか。自分らしく生きるとは、どういうことなのか。イギリスの学校・家庭を舞台に、ジェンダーの問題を提起した作品。 ご購入はこちらから 課題図書選定理由 LGBTが社会的に認知される中で、派生する問題を理解し、互いを尊重することの難しさ、大切さを読み取っていってほしい。

  • 科学者になりたい君へ
    本 科学者になりたい君へ 佐藤 勝彦 1,540円(税込)

    著者は子どものころに、日本人初のノーベル賞を受賞した湯川秀樹の伝記を読んだことがきっかけで、研究者の道に進んだ。
    多くの恩師や友人に恵まれて研究生活を送る中で、超新星爆発が起こるメカニズムを突き止めるなど、宇宙物理学の重要な発見をする一方、数多くの研究者を育ててきた。
    これからの時代を担う若い人たちに向けて、不思議に思うことの大切さや科学のおもしろさについて語る。
    ご購入はこちらから 課題図書選定理由これからの時代の担う高校生が具体的に将来を考えるモデルのひとつとして、進路を見つけだす気づきが得られる。

読書感想文ってどう書くの?コツがわかれば楽しく書ける!

児童文庫 日別ランキング

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ