トップ > キャンペーン・特集 > > 楽天文芸倶楽部

第160回 芥川賞・直木賞 受賞作品決定!!

芥川賞 受賞作品

  • ニムロッド
    ニムロッド 上田 岳弘 1,620円(税込)

    それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。
    あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。
    新時代の仮想通貨小説。
    仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。
    中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。
    小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。……
    やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。「すべては取り換え可能であった」という答えを残して。 ……

  • 1R1分34秒
    1R1分34秒 町屋 良平 1,296円(税込)

    なんでおまえはボクシングやってんの?
    青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。
    デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。
    当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。
    考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。
    長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていくーー。

直木賞 受賞作品

  • 宝島
    宝島 真藤 順丈 1,998円(税込)

    希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。

    【あらすじ】
    英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになりーー同じ夢に向かった。

芥川賞 候補作品

  • ジャップ・ン・ロール・ヒーロー
    ジャップ・ン・ロール・ヒーロー 鴻池 留衣 1,620円(税込)

    我々に可能なのは、盗むことだけーー。「ポスト真実」の時代を射貫く話題作。1980年代に海外進出を果たしたバンド「ダンチュラ・デオ」は実在したのか?

  • 戦場のレビヤタン
    戦場のレビヤタン 砂川 文次 1,674円(税込)

    大義なき戦争、警察国家が撤退した後の世界の風景を淡々と乾いた筆致で描き出す21世紀の戦争文学。著者デビュー作「市街戦」を併録。

  • 居た場所
    居た場所 高山 羽根子 1,512円(税込)
  • 平成くん、さようなら
    平成くん、さようなら 古市 憲寿 1,512円(税込)

    平成を象徴する人物としてメディアに取り上げられ、現代的な生活を送る「平成くん」は合理的でクール、性的な接触を好まない。だがある日突然、平成の終わりと共に安楽死をしたいと恋人の愛に告げる。

直木賞 候補作品

  • 童の神
    童の神 今村翔吾 1,728円(税込)

    平安時代「童」と呼ばれる者たちがいた。彼らは鬼、土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。

  • 信長の原理
    信長の原理 垣根 涼介 1,944円(税込)

    吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあったーどんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。

  • ベルリンは晴れているか
    ベルリンは晴れているか 深緑 野分 2,052円(税込)

    総統の自死、戦勝国による侵略、敗戦。何もかもが傷ついた街で少女と泥棒は何を見るのか。1945年7月。ナチス・ドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。

  • 熱帯
    熱帯 森見 登美彦 1,836円(税込)

    沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった!謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと、「部屋の中の部屋」…。東京の片隅で始まった冒険は京都を駆け抜け、満州の夜を潜り、数多の語り手の魂を乗り継いで、いざ謎の源流へー!

第159回 芥川賞・直木賞 受賞作品決定!!

芥川賞 受賞作品

  • 送り火
    送り火 高橋 弘希 1,512円(税込)

    自然は沈黙し、少年たちは血の遊戯に熱狂する

    東京から山間の町に引越した中学三年生の歩。うまくやってきたはずだった。あの夏、河へ火を流す日までは。注目の俊英、渾身作!

直木賞 受賞作品

  • ファーストラヴ
    ファーストラヴ 島本 理生 1,728円(税込)

    夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。

芥川賞 候補作品

  • 無限の玄/風下の朱
    無限の玄/風下の朱 古谷田 奈月 1,512円(税込)

    新三島賞作家が鮮烈に放つ女子と野球の熱く切ない物語。空っ風吹きつける群馬の地で白球を追う女子たちの魂はスパークする! 三島賞受賞作「無限の玄」を併録。

  • もう「はい」としか言えない
    もう「はい」としか言えない 松尾 スズキ 1,566円(税込)

    浮気がばれて、パリへ逃げた。そこに悪夢が待っていた。 もう笑うしかない……松尾スズキ、衝撃の最新小説! 天才・松尾スズキのシュールでエンタテイメント精神にあふれる、まったく新しい小説世界へようこそ!

  • しき
    しき 町屋 良平 1,512円(税込)

    高二男子の“踊ってみた!”春夏秋冬ーー特技ナシ、反抗期ナシ、フツーの高校二年生・星崎が、悩める思春期を、16歳の夜を突破する。「恋」と「努力」と「友情」の、超進化系青春小説!

直木賞 候補作品

  • 宇喜多の楽土
    宇喜多の楽土 木下 昌輝 1,836円(税込)

    戦国を駆け抜けた心やさしき俊才の生涯
    父・直家の跡を継ぎ豊臣政権の覇者となった秀家。関が原で壊滅し、八丈島で長い生涯を閉じるまでを描く傑作長編。

  • じっと手を見る
    じっと手を見る 窪美澄 1,512円(税込)

    富士山を望む町で介護士として働く、かつて恋人同士だった日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールに出掛けることだけが息抜きの日奈の家に、東京に住む宮澤が庭の草刈りに通ってくるようになる。生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。

  • 破滅の王
    破滅の王 上田早夕里 1,836円(税込)

    一九四三年、上海。かつては自治を認められた租界に、各国の領事館や銀行、さらには娼館やアヘン窟が立ち並び、「魔都」と呼ばれるほど繁栄を誇ったこの地も、太平洋戦争を境に日本軍に占領され、かつての輝きを失っていた。

  • 傍流の記者
    傍流の記者 本城 雅人 1,728円(税込)

    優秀な記者ばかりがそろった黄金世代。しかし、社会部長になれるのはひとりだけだった。生き残っているのは得意分野が違う、四十歳をこえた五人の男。部下の転職や妻との関係、上司との軋轢に、本流との争い、苦悩の種に惑いながら出世レースが佳境を迎えたそのときー。

  • 未来
    未来 湊かなえ 1,814円(税込)

    「こんにちは、章子。わたしは20年後のあなたです」ある日、突然届いた一通の手紙。送り主は未来の自分だという……。『告白』から10年、湊ワーールドの集大成!待望の書き下ろし長編ミステリー!!

2018年、全国の書店員が選んだ一番売りたい本が決定!!

  • かがみの孤城
    かがみの孤城 辻村 深月 1,944円(税込)

    2018年本屋大賞 2018年本屋大賞大賞

    どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探すー

  • 盤上の向日葵
    盤上の向日葵 柚月裕子 1,944円(税込)

    2018年本屋大賞2位
    埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが捜査を開始した。それから四か月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦の会場だ。世紀の対局…

  • 屍人荘の殺人
    屍人荘の殺人 今村昌弘 1,836円(税込)

    2018年本屋大賞3位
    神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明けー…

  • たゆたえども沈まず
    たゆたえども沈まず 原田マハ 1,728円(税込)

    2018年本屋大賞4位
    19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四人の魂が共鳴したとき、あの傑作が生まれ落ちたー。原田マハが、ゴッホとともに闘い抜いた新境地、アート小説の最高峰。ここに誕生!

  • AX アックス
    AX アックス 伊坂 幸太郎 1,620円(税込)

    2018年本屋大賞5位
    最強の殺し屋はー恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こん…

  • 騙し絵の牙
    騙し絵の牙 塩田 武士/大泉 洋 1,728円(税込)

    2018年本屋大賞6位
    大手出版社で雑誌編集長を務める速水。誰もが彼の言動に惹かれてしまう魅力的な男だ。ある夜、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、彼の異常なほどの“執念”が浮かび上がってきて…。斜陽の一途を辿る出版界で牙を剥いた男が、業界全体にメスを入れる!

  • 星の子
    星の子 今村夏子 1,512円(税込)

    2018年本屋大賞7位
    主人公・林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。前作『あひる』が芥川賞候補となった著者の新たなる代表作。

  • 崩れる脳を抱きしめて
    崩れる脳を抱きしめて 知念実希人 1,296円(税込)

    2018年本屋大賞8位
    広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。 外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。 心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく。 実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く――。

  • 百貨の魔法
    百貨の魔法 村山 早紀 1,728円(税込)

    2018年本屋大賞9位
    時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづけるー。百貨店で働く人たちと館内に…

  • キラキラ共和国
    キラキラ共和国 小川糸 1,512円(税込)

    2018年本屋大賞10位
    ツバキ文具店は、今日も大繁盛です。夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店』待望の続編。

2018年翻訳小説部門

  • カラヴァル深紅色の少女
    カラヴァル深紅色の少女 ステファニー・ガーバー/西本かおる 1,944円(税込)

    2018年翻訳小説部門大賞
    ようこそ、世界最大のショーへ!すべては演技。偽りの世界です。

  • 13・67
    13・67 陳 浩基/天野 健太郎 1,998円(税込)

    2018年翻訳小説部門2位
    2013年から1967年へ香港警察の名刑事の人生を遡り、権力者と民衆の相克、香港という存在が孕む矛盾を描く華文ミステリー。

  • その犬の歩むところ
    その犬の歩むところ ボストン・テラン/田口 俊樹 885円(税込)

    2018年翻訳小説部門3位
    ギヴ。それがその犬の名だ。彼は檻を食い破り、傷だらけで、たったひとり山道を歩いていた。彼はどこから来たのか。何を見てきたのか…。この世界の罪と悲しみに立ち向かった男たち女たちと、そこに静かに寄り添っていた気高い犬の物語。『音もなく少女は』『神は銃弾』の名匠が犬への愛をこめて描く唯一無二の長編小説。

その他の文学賞 受賞作品

三島由紀夫賞

「潮騒」や「豊饒の海」など新潮社から数々の名作を生み出した三島由紀夫。そんな彼の業績を記念し、1988年から開催されている文学賞

  • カブールの園
    カブールの園 宮内 悠介 1,458円(税込)

    わたしたちの世代の最良の精神はどこにあるのか。日系アメリカ女性のレイ(玲)は、過去への旅に出る。SF界の異才による、リアルな世界の“いま”

  • 伯爵夫人
    伯爵夫人 蓮実重彦 1,728円(税込)

    エロス×戦争×サスペンス。世界の均衡を揺るがす文学的事件!第29回三島由紀夫賞受賞作。

  • 私の恋人
    私の恋人 上田岳弘 1,296円(税込)

    旧石器時代の洞窟で、ナチスの収容所で、東京のアパートで、私は想う。人類の旅の果てに待つ私の恋人のことを。

  • 自分を好きになる方法
    自分を好きになる方法 本谷有希子 1,404円(税込)

    一人の女性の一生を、3歳、16歳、28歳、34歳、47歳、63歳のそれぞれ一日を描いた6編を連ねて構成する長編小説。

山本周五郎賞

大衆文学・時代小説をメインに昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、1988年から開催されている文学賞

  • 明るい夜に出かけて
    明るい夜に出かけて 佐藤 多佳子 1,512円(税込)

    今は学生でいたくなかった。きっかけになったトラブルはある。でも、うまく説明できないし、自分でも整理がついていない。実家を出て、バイトしながら、まったく違う世界で、自分を見つめ直すつもりだった。「歴史を変えた」と言われる伝説のあのラジオ番組が小説内でオンエア!「青春小説」に名作がまた誕生した。

  • ユートピア
    ユートピア 湊かなえ 1,512円(税込)

    地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、夫の転勤により社宅住まいをしている妻・光稀。そして移住してきた陶芸家・すみれ。美しい海辺の町で、三人の女性が出会う。自分の居場所を求めて、それぞれの理想郷を探すがー。

  • ナイルパーチの女子会
    ナイルパーチの女子会 柚木麻子 1,620円(税込)

    ブログがきっかけで出会ったキャリアウーマンの栄利子と専業主婦の翔子。その「友情」は次第に思いもよらぬものに変わってゆき……。

  • 満願
    満願 米澤穂信 1,728円(税込)

    人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。期待の若手が放つミステリの至芸!

吉川英治文学賞

大衆小説を対象に年1回開催される文学賞

  • 大雪物語
    大雪物語 藤田 宜永 1,566円(税込)

    著者みずからの罹災体験を基に、家族、男女を描く珠玉の六編。記録的な積雪に見舞われたK町で起きたことー。想定外の雪が生んだ、奇跡の出会い。

  • 東京零年
    東京零年 赤川次郎 2,052円(税込)

    死んだはずの男・湯浅道男が生きていることを知った亜紀と健司は、事件の真相を解明するために動き出す。しかし、待ち受けていたのは抗いようのない公権力の壁だった。圧巻の社会派サスペンス!

  • 平蔵狩り
    平蔵狩り 逢坂剛 1,728円(税込)

    石川島人足寄場、オランダ渡りの禁制の薬、本所の“へいぞう”を父と探す女絵師…。火盗改・長谷川平蔵ふたたび!鬼平ファンに捧ぐハードボイルド時代小説。

  • 海と月の迷路
    海と月の迷路 大沢在昌 1,404円(税込)

    世界遺産「軍艦島」で変死した少女。若き警官の“許されざる捜査”は島に波紋を広げていくーー。吉川英治文学賞受賞作をノベルス化!

野間文芸新人賞

主に純文学の新人に与えられる文学賞

  • 星の子
    星の子 今村夏子 1,512円(税込)
  • 日曜日の人々
    日曜日の人々 高橋 弘希 1,512円(税込)

    他者に何かを伝えることが救いになるんじゃないかな。亡くなった従姉から届いた日記。それをきっかけに、僕はある自助グループに関わるようになった…。死に惹かれる心に静かに寄り添う、傑作青春小説!

  • のろい男
    のろい男 戌井昭人 1,458円(税込)

人気の著者の新刊をご紹介!

映画・ドラマ化作品をご紹介!

2018年 注目のドラマ化タイトルはこちら

  • 西郷どん! 上製版 後編
    西郷どん! 上製版 後編 林 真理子 1,836円(税込)

    吉之助にようやく下った赦免。しかし時代は急変、不在の間にふるさと薩摩はイギリスの砲撃を受け、国内には不穏な空気が立ち込めていた。荒ぶる長州は一気に挙兵し、幕府軍と蛤御門ではげしい戦闘を繰り広げる。吉之助は幕府側に立ち、生まれついての大将としての才能を開花させる。戦いに勝利、長州征伐を企図し勝海舟と…

  • リピート
    リピート 乾くるみ 950円(税込)

    もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて…。あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。

  • 日曜劇場99.9刑事専門弁護士(上)
    日曜劇場99.9刑事専門弁護士(上) 宇田学/百瀬しのぶ 1,296円(税込)

    刑事事件の裁判有罪率は99.9%-絶対、逆転不可能な状況の中、個性的な刑事専門弁護士たちが残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する。新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント。

  • ザ・ブラックカンパニー
    ザ・ブラックカンパニー 江上剛 1,620円(税込)

    水野剛太、25歳。高校卒業後、ロックにのめり込むが芽は出ない。バイト先のコンビニも閉店の憂き目にー。ある日、偶然入ったヤンキーバーガーで、フェラーリを乗り回す社長にスカウトされ、有頂天になる剛太。しかし、それが悪夢の始まりでもあった。超長時間労働で残業代はスズメの涙、パワハラは当然…。さあ剛太、こ…

  • 我が家の問題
    我が家の問題 奥田英朗 604円(税込)

    夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意しー「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずがー「甘い生活?」。それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。人間ドラマ…

2018年 注目の映画化タイトルはこちら

  • 伊藤くんA to E
    伊藤くんA to E 柚木麻子 626円(税込)

    美形でボンボンで博識だが、自意識過剰で幼稚で無神経。人生の決定的な局面から逃げ続ける喰えない男、伊藤誠二郎。彼の周りには恋の話題が尽きない。こんな男のどこがいいのか。尽くす美女は粗末にされ、フリーターはストーカーされ、落ち目の脚本家は逆襲を受け…。傷ついてもなんとか立ち上がる女性たちの姿が共感を呼…

  • 去年の冬、きみと別れ
    去年の冬、きみと別れ 中村文則 1,404円(税込)

    ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ込まれていく「僕」。そもそも、彼はなぜ事件を起こしたのか?それは本当に殺人だったのか?何かを隠し続ける被告、男の人生を破滅に導いてしまう被告の姉…

  • 嘘を愛する女
    嘘を愛する女 岡部えつ 669円(税込)

    大手食品メーカーに勤める由加利は、研究医で優しい恋人・桔平と同棲5年目を迎えていた。ある日、桔平が倒れて意識不明になると、彼の職業はおろか名前すら、すべてが偽りのものだったことが判明する。「あなたはいったい誰?」由加利は唯一の手がかりとなる桔平の書きかけの小説を携え、彼の正体を探る旅に出る。彼はな…

  • ミッドナイト・バス
    ミッドナイト・バス 伊吹有喜 1,944円(税込)

    東京での仕事に挫折し、故郷で深夜バスの運転手として働く利一。あるとき乗車してきたのは、十六年前に別れた妻だった。おだやかな筆致で描かれる、家族の再生。そして再出発。

  • 君よ憤怒の河を渉れ新装版
    君よ憤怒の河を渉れ新装版 西村寿行 781円(税込)

    東京地検のエリート検事・杜丘冬人は、新宿駅の雑踏で突然、女性から強盗強姦犯人だと指弾される。濡れ衣を着せられたその日から地獄の逃亡生活が始まった。自分を罠に陥れた者は誰なのか。怒りだけが彼の支えだった。巨匠の最高傑作長篇。

最新ランキング

このページの先頭へ