トップ > キャンペーン・特集 > > 芥川賞・直木賞 特集

芥川賞・直木賞 特集 四角形

第164回 芥川賞・直木賞 受賞作品

芥川賞 受賞作品

  • 推し、燃ゆ
    推し、燃ゆ 宇佐見 りん

    推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。

直木賞 受賞作品

  • 心淋し川
    心淋し川 西條 奈加

    「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」
    江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。
    青物卸の大隅屋六兵衛は、一つの長屋に不美人な妾を四人も囲っている。その一人、一番年嵩で先行きに不安を覚えていたおりきは、六兵衛が持ち込んだ張方をながめているうち、悪戯心から小刀で仏像を彫りだして……(「閨仏」)。
    裏長屋で飯屋を営む与吾蔵は、仕入れ帰りに立ち寄る根津権現で、小さな唄声を聞く。かつて、荒れた日々を過ごしていた与吾蔵が手酷く捨ててしまった女がよく口にしていた、珍しい唄だった。唄声の主は小さな女の子供。思わず声をかけた与吾蔵だったがーー(「はじめましょ」)ほか全六話。
    生きる喜びと生きる哀しみが織りなす、著者渾身の時代小説。

第164回 芥川賞・直木賞 候補作品

芥川賞 候補作品

  • 小隊
    小隊 砂川 文次

    元自衛官の新鋭作家が、日本人のいまだ知らない「戦場」のリアルを描き切った衝撃作。

  • 母影
    母影 尾崎 世界観

    行き場のない少女は、カーテン越しに世界に触れる。 デビュー作『祐介』以来、4年半ぶり初の純文学作品。

  • コンジュジ
    コンジュジ 木崎 みつ子

    二度も手首を切った父、我が子の誕生日に家を出て行った母。 小学生のせれなは、独り、あまりに過酷な現実を生きている。 一人の少女による自らの救済を描く、圧巻のデビュー作。

  • 旅する練習
    旅する練習 乗代 雄介

    中学入学を前にしたサッカー少女と、小説家の叔父。 2020年、コロナ禍で予定がなくなった春休み、 ふたりは利根川沿いに、徒歩で 千葉の我孫子から、鹿島アントラーズの本拠地を目指す。

直木賞 候補作品

  • アンダードッグス
    アンダードッグス 長浦 京

    裏金作りに巻き込まれ全てを失った元官僚の古葉慶太は、イタリア人大富豪に世界を揺るがす計画を託される。それは、国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちとチームを組み、香港の銀行地下に隠された国家機密を奪取するというものだったー。

  • 八月の銀の雪
    八月の銀の雪 伊与原 新

    不愛想で手際が悪いー。コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた驚きの真の姿。(『八月の銀の雪』)。

  • オルタネート
    オルタネート 加藤 シゲアキ

    高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、若者たちの運命が、鮮やかに加速していく。全国配信の料理コンテストで巻き起こった“悲劇”の後遺症に思い悩む蓉。

  • インビジブル
    インビジブル 坂上 泉

    昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組みはめに。

  • 汚れた手をそこで拭かない
    汚れた手をそこで拭かない 芦沢 央

    平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。元不倫相手を見返したい料理研究家…始まりは、ささやかな秘密。

第163回 芥川賞・直木賞 受賞作品

芥川賞 受賞作品

  • 首里の馬
    首里の馬 高山 羽根子

    この島のできる限りの情報が、いつか全世界の真実と接続するように。沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。中学生の頃から資料の整理を手伝っている未名子は、世界の果ての遠く隔たった場所にいるひとたちにオンライン通話でクイズを出題するオペレーターの仕事をしていた。ある台風の夜、幻の宮古馬が庭に迷いこんできて……。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが切実に胸にせまる感動作。

  • 破局
    破局 遠野 遥

    2019年文藝賞でデビューした新鋭による第2作。

直木賞 受賞作品

  • 少年と犬
    少年と犬 馳 星周

    家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になったー男と犬。仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指すー泥棒と犬。壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいたー夫婦と犬。体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だったー娼婦と犬。老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきたー老人と犬。震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見て微笑んだー少年と犬。犬を愛する人に贈る感涙作。

第163回 芥川賞・直木賞 候補作品

芥川賞 候補作品

  • 赤い砂を蹴る
    赤い砂を蹴る 石原 燃

    「お母さん、聞こえる? 私は、生きていくよ。」 画家の母・恭子を亡くした千夏は、 母の友人・芽衣子とふたり、ブラジルへ旅に出る。

  • アウア・エイジ(our age)
    アウア・エイジ(our age) 岡本 学

    一緒に、塔を探しに行かないか?  生き迷う男。謎を残して死んだ女。…大学教師の私に届いた、学生時代にバイトをしていた映画館からの招待状。映写室の壁に貼られたままの写真に、20年前の記憶がよみがえる。

直木賞 候補作品

  • 雲を紡ぐ
    雲を紡ぐ 伊吹 有喜

    壊れかけた家族は、もう一度、ひとつになれるのか?羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげられた「時を越える布」ホームスパンをめぐる親子三代の心の糸の物語。

  • じんかん
    じんかん 今村 翔吾

    民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした青年武将は、なぜ稀代の悪人となったか?時は天正五年(一五七七年)。ある晩、天下統一に邁進する織田信長のもとへ急報が。信長に忠誠を尽くしていたはずの松永久秀が、二度目の謀叛を企てたという。

  • 稚児桜
    稚児桜 澤田瞳子

    破戒、復讐、嫉妬、欺瞞、贖罪ー。情念の炎に、心の凝りが燃えさかる。能の名曲からインスパイアされた8編のものがたり。

  • 銀花の蔵
    銀花の蔵 遠田 潤子

    絵描きの父と料理上手の母と暮らす銀花は、一家で父親の実家へ移り住むことに。そこは、座敷童が出るという言い伝えの残る、歴史ある醤油蔵だった。家族を襲う数々の苦難と一族の秘められた過去に対峙しながら、昭和から平成へ、少女は自分の道を歩き出す。

これまでの芥川賞・直木賞受賞作品

このページの先頭へ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ