トップ > キャンペーン・特集 > > あの人に聞く!楽天ブックス 人生お悩み相談室(カフカヤマモトさん)

あの人が斬る!楽天ブックス 人生お悩み相談室

カフカヤマモトさん お悩み相談室パート2!
お悩み相談室のためにイラスト書き下ろし!

インスタグラムでフォロワー17万人超! 抱腹絶倒!
笑える家族の絵日記が話題のカフカヤマモトさんが
またまた楽天ブックスの悩める子羊のお悩みに答えてくださいました。
子育てのイライラも、お悩みもふっとぶこと間違いなし!

子どもの成長が早すぎて、切なくなります。
もうすぐ3歳になる娘ですが、なんてカワイイのだろう・・・!
と毎日感嘆のため息をついています。二人のお子さんを持つカフカさん、子どもが小さいうちにこれをやっておけ!
というアドバイスはありますか。

カフカヤマモト アドバイスというか…わたしができなくて悔しかったのは、子供のかわいい姿を「立体で」残せなかったこと。写真もいいけど、造形や裁縫が得意で器用な人なら、粘土細工とかぬいぐるみを一つ作ってみてはどうでしょう。

アドバイスというか…わたしができなくて悔しかったのは、子供のかわいい姿を「立体で」残せなかったこと。
写真もいいけど、造形や裁縫が得意で器用な人なら、粘土細工とかぬいぐるみを一つ作ってみてはどうでしょう。

カフカさんの旦那さんのような人と結婚したいです。
どうしたらそんな素敵な旦那さんと出会えるのですか・・・?
なんだかんだいって、カフカさんって美人なんですよね、きっと・・・。

カフカヤマモト 「人は自分と最も遠い遺伝子を持つ相手を求める」らしいので、まずは理想の相手と反対の自分になってみては如何でしょう。そして私の場合、旦那を紹介してくれたのは学生時代の友人でした。持つべきものは友達ですね。

「人は自分と最も遠い遺伝子を持つ相手を求める」らしいので、まずは理想の相手と反対の自分になってみては如何でしょう。
そして私の場合、旦那を紹介してくれたのは学生時代の友人でした。
持つべきものは友達ですね。
(3行目の言葉はせっかくですからそのまま素直に頂いておきます。)

共働きで2人の子どもがいて、愉快なエッセイも描ける余裕があるカフカさんってほんとにすごいです。
いったいどうしたらそんなことが可能なのでしょうか・・・?
前回のお悩み相談をみて、ルンバを導入しましたが、ルンバは洗濯はやってくれないし、食器も洗ってくれません。
毎日を生きることだけでいっぱいいっぱいです。

カフカヤマモト あと50年もすれば、皿洗いどころか宅配便も受けっとってくれて、ちょっとしたご近所付き合いまでしてくれるルンバを誰かが作ってくれるに違いありません。それまで長生きして私と一緒に待ちましょう。(以前にも申し上げましたが私は今までに一日たりとも家事をうまく回せたことはございません)

あと50年もすれば、皿洗いどころか宅配便も受けっとってくれて、ちょっとしたご近所付き合いまでしてくれるルンバを誰かが作ってくれるに違いありません。
それまで長生きして私と一緒に待ちましょう。
(以前にも申し上げましたが私は今までに一日たりとも家事をうまく回せたことはございません)

夫がメイドカフェの従業員と浮気をしていました。
ショックというよりも、なんだか気持ち悪くて今後の生活が想像できません。
子どももまだ未就学児だし、離婚するか、どうすべきなのか悩んでいます。
よりにもよって、メイドさん・・・・か。

カフカヤマモト 甘いものを続けて食べるとしょっぱいものが欲しくなる人間の心理?を利用し、あなたはいちかばちか愛人と真逆のキャラクターを演じて旦那様の目を覚まさせる方向にもっていくのはどうでしょう。えーそうですね…女王様とかどうですかね。

甘いものを続けて食べるとしょっぱいものが欲しくなる人間の心理?を利用し、あなたはいちかばちか愛人と真逆のキャラクターを演じて旦那様の目を覚まさせる方向にもっていくのはどうでしょう。
えーそうですね…女王様とかどうですかね。

保育園児の洗濯ものの量って異常じゃないですか・・・?うまくいく洗濯のコツがあればおしえてください。

カフカヤマモト 働いたお金でめっちゃいい洗濯機を買う。で、引っ張るだけで「バッッ!」ととれる洗濯ばさみを買う。かつ洗濯サイクルを最短にする。洗う→干す→着る→脱ぐ→洗う→干す→着る。そう、洗濯物を毎日たたまなくてはいけないと一体だれが決めたのか(誰も決めていない)。自ずから一日おきに同じ服で通勤・通学・登園することになるが、それに気づくほど周りの人は他人に興味を持っていないから全然大丈夫(知らんけど)。

働いたお金でめっちゃいい洗濯機を買う。で、引っ張るだけで「バッッ!」ととれる洗濯ばさみを買う。かつ洗濯サイクルを最短にする。洗う→干す→着る→脱ぐ→洗う→干す→着る。
そう、洗濯物を毎日たたまなくてはいけないと一体だれが決めたのか(誰も決めていない)。自ずから一日おきに同じ服で通勤・通学・登園することになるが、それに気づくほど周りの人は他人に興味を持っていないから全然大丈夫(知らんけど)。

休日に行う最高!の気分転換はなんですか。

カフカヤマモト 休日の前日の晩、めっちゃ酒飲むこと。

休日の前日の晩、めっちゃ酒飲むこと。

ヤマモト家の定番のゴハンはなんですか?カンタンなレシピでもいいので教えてください。

カフカヤマモト 定番のゴハンの形といえば…ハンバーグ、お好み焼き、ホットケーキは我が家ではずっと扇形が定番である。そういえば最初のころはいちいち「本当は丸なんだよ」と教えていた。え?レシピ?レシピはない。適当です。

定番のゴハンの形といえば…ハンバーグ、お好み焼き、ホットケーキは我が家ではずっと扇形が定番である。そういえば最初のころはいちいち「本当は丸なんだよ」と教えていた。
え?レシピ?
レシピはない。適当です。

家事にねちねちとダメだしをしてくる夫が本当にうっとうしいです。
そんなに言うなら、あなたがやってくれればいいじゃない?あなたのほうが家事うまいんだから?と思います。
私の考えが甘いのでしょうか。

カフカヤマモト 細かくて、神経質な旦那様なのでしょうか。大雑把な人間と神経質な人間が一緒に暮らせないかというとそうでもないと思う。お互い不得意なところを補い合えるというか…。私が部屋を丸く掃除するから、あなたは部屋の隅だけを掃除して頂戴、など。(むしろ、丸くしか掃除できない二人が一緒になった時の方が悲劇ではないだろうか)。

細かくて、神経質な旦那様なのでしょうか。大雑把な人間と神経質な人間が一緒に暮らせないかというとそうでもないと思う。
お互い不得意なところを補い合えるというか…。私が部屋を丸く掃除するから、あなたは部屋の隅だけを掃除して頂戴、など。
(むしろ、丸くしか掃除できない二人が一緒になった時の方が悲劇ではないだろうか)。

子どもを生むと夫婦関係がガラッと変わると聞きます。
子どもが生まれるまえに決めておいたほうがいいことや心がけておくべきポイントはありますか?

カフカヤマモト 子供が生まれるまでに決めごとを沢山したとしても、いざ生まれてみるといろんなことが予想外すぎて「イーーーーーーーーーッ!」てなる(絶対なる)。我が家の場合は、その時その時臨機応変に決めていく方がうまくいきました。

子供が生まれるまでに決めごとを沢山したとしても、いざ生まれてみるといろんなことが予想外すぎて「イーーーーーーーーーッ!」てなる(絶対なる)。
我が家の場合は、その時その時臨機応変に決めていく方がうまくいきました。

最後になりますが、『家族ほど笑えるものはない2』を
どんな方に読んでもらいたいですか?

こんなこと言うと本を売ろうとしてくださっている関係各位に申し訳ないのですが、著者としては「買ったよ!」でなくても、図書館や本屋さんでチラ見でも、回し読みでも何でもいいのでとにかく読んでくれただけで嬉しいです(理想は全国の図書館においてもらいたい)。いろんな立場、考えの方に広く読んでもらって、いろんな意見、感想を聞いてみたいです。

こんなこと言うと本を売ろうとしてくださっている関係各位に申し訳ないのですが、著者としては「買ったよ!」
でなくても、図書館や本屋さんでチラ見でも、回し読みでも何でもいいのでとにかく読んでくれただけで嬉しいです
(理想は全国の図書館においてもらいたい)。
いろんな立場、考えの方に広く読んでもらって、いろんな意見、感想を聞いてみたいです。

カフカヤマモトさんの日記でもっと!笑顔になりたい方はこちら

  • 家族ほど笑えるものはない2
    家族ほど笑えるものはない2 カフカヤマモト 1,188円(税込)

    「育児漫画の枠からはみ出すオモシロさ!! ドヤ顔の妹ちゃんのファンです!」--菊池亜希子(女優・モデル)
    「『赤ちゃんがいると集中して本が読めない…』そんな悩みが打ち砕かれました!」--田房永子(漫画家)

    いつか君達が巣立ったあと、私は今の生活を「なんて幸せな日々だったのだろう」と、毎日回想するだろうーー。
    優しくて小心者の息子、大物の貫禄漂う大胆不敵な娘、地味だけど冷静沈着で頼りになる夫、そして、子供達の笑顔に癒やされながら働く母。
    家族4人の平凡でかけがえない日々を描くインスタグラム発の絵日記、待望の第2作。

    魂のこもった17ページに及ぶ渾身作「母はなぜイライラしてしまうのか問題」を含む、大幅な描き下ろし漫画・イラストを収録。

  • 家族ほど笑えるものはない
    家族ほど笑えるものはない カフカヤマモト 1,188円(税込)

    子育てのイライラも疲れも吹き飛ばす、爆笑絵日記!

    シャイで何事にも慎重派ゆえ、妹におやつを取られ涙を流す心優しき息子。
    活発で大胆不敵、「ママ」より先に色々な言葉を覚えて母を落胆させるとびきりキュートな娘。
    常に冷静沈着、顔色を変えずに家事育児をこなす夫。
    そして、遅くまで働いた疲れを子供達の笑顔で癒やし、爆笑のイラストにしたためる母。

    平凡な家族の当たり前の日常が、こんなにおかしくて、こんなに愛おしい。

カフカヤマモト

カフカヤマモトプロフィール

2児の母。インスタグラムに投稿した絵日記が人気を集め、フォロワー数は17万人を超える。
2017年に初書籍『家族ほど笑えるものはない』(KADOKAWA)を刊行。息子、娘、夫と4人暮らし。

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ