トップ > キャンペーン・特集 > > あの人に聞く!楽天ブックス 人生お悩み相談室(河田真誠さん)

あの人に聞く!楽天ブックス 人生お悩み相談室

「質問のプロ」河田真誠さんに人生の悩み相談!
人生の迷い、その答えは「自分」の中に!
自分に素直に、自分を大切に生きていくヒケツを聞いてみました。

河田真誠さん

河田真誠プロフィール

1976年生まれ。質問家。生き方や考え方、働き方などの悩みや問題を質問を通して解決に導く「しつもんの専門家」として、企業研修や学校で授業を行なっている。
著書に『人生、このままでいいの?』(CCCメディアハウス)、『革新的な会社の質問力』(日経BP社)、『私らしくわがままに本当の自分と出会う100の質問』(A-works)がある。
【オフィスホームページ】 http://shinsei-kawada.com

好きな物とか、ワクワクする物が分かりません。どうすれば自分の気持ちに気づけますか?

河田真誠さん 僕たちは、小さな頃から「自分の気持ち」を知らなくても生きてこれました。
学生の頃は先生の言うことを、社会に出てからは上司の言うことを聞いていれば、毎日は安全に過ぎていくからです。
自分の気持ちを抑えて、周りの声を聞き続けてきた結果、「自分」が迷子になってしまっているのです。

「自分」を取り戻していく方法は3つあると思います。

1つめは、毎日の中で、度々「今、私はどう思ってる?」「私だったら、どうする?」と自問をすることです。
その場では、あなたの気持ちや考えは聞かれていないかもしれません。それでもちゃんと感じて考える練習をするのです。

2つめは、「嫌い」を削除していくことです。好きなものが分からない人でも、嫌いな物は分かったりします。
嫌いなものを少なくしていくことから始めていくと、そのうち「好き」も分かるようになります。

3つめは、「世界を広げること」です。あなたが知っていることが少なければ、好きなものもワクワクするものも少なくなります。
やったことのないことをしてみたり、会ったことのない人に会ってみたり、食べたことないものを食べてみたり、世界を広げるといいですね。
「今日は、どんな新しいものと出会おうか?」と考えてみるといいですね。

仕事もプライベートも、そこそこにはうまくいっているのですが、何か少し虚しさみたいなものもあります。
どうすれば、心の底から幸せで満たされた気持ちになれますか?

河田真誠さん あなたは、どんな時に心から「しあわせだなー!」と感じるのでしょう?それを考えてみてください。
幸せって、人それぞれです。僕はパクチーを食べている時が何よりも幸せなのですが、パクチーが大嫌い!という人もいます。
ひとりひとりが、自分の中に「幸せの基準」を持っている訳です。
その基準にそって、幸せ感じるといいのではないでしょうか。

あなたの「幸せの基準」は、あなただけのものなので、いわゆる「常識」とは違っていて大丈夫です。
いい会社に入らなくても、いい収入を得なくても、結婚をしなくても、いい外見でなくても、いいバックをもっていなくてもいいのです。
みんなから「いいな。羨ましい」と言ってもらえたとしても、あなたが本当に幸せでないなら、それには何の価値もないかもしれません。

「みんなが言っている幸せ」ではなく、「あなたの幸せ」を求めるといいですね。
「どんな時に幸せなんだろう?」「どうなったら、幸せだと思えるんだろう?」そんなことを考えてみてください。

どうすれば、本当にやりたいことが見つかりますか?

河田真誠さん 「たくさん自問して、自分の本音と会話できるようになる」「たくさんの人に会ったり、色々な経験をして世界をひろげることで、選択肢を増やす」などをやってみるといいのではないでしょうか。

でも、本当は、もう何をやりたいかを、あなたは知っていると思います。気づいているけど、見ないようにしていませんか?
本当にやりたいことに気づいてしまうと、大きく人生を変えていくことになります。
毎日の生活が大きく変わるかもしれません。ここまでがんばって手にいれてきた安定も失くしてしまうかもしれません。
夢を見ているだけであれば、傷つくことも失うこともないけれど、一歩を踏み出すとその可能性も生まれる訳です。
もしかすると、心のどこかでそれを恐れているのかもしれませんね。

「自分はどう生きていきたいのか?」
「死んでいく時に後悔することがあるとすれば、それはなにか?」
これらの質問に答えてみると、本音が見えてきそうです。

叶えたい夢があるのですが、現実的な生活が不安で一歩を踏み出せません。
どうすれば、一歩を踏み出せますか?

河田真誠さん 叶えたい夢があるのはステキなことですね。でも、そこに踏み出すのが怖い気持ちもよく分かります。
大切なポイントは、「今の毎日」はよく知っているけど、「夢が叶った毎日」はよく分からないということです。
今の毎日はよく知っているので、嫌なところも目につくでしょうし、飽きている部分もあるでしょう。
そこにもたくさんの幸せがあるはずなのに、慣れてしまって、見えなくなっていることも。
逆に、「夢の毎日=未来」は、経験したことないのでよく分からないですよね。
よく分からないから、過剰に期待をしてしまうし、分からなくて怖いこともあります。

一歩を踏み出せない時には、小さく体験をしてみるといいと思います。
今の毎日をリセットして、夢に向かうのではなく、今の生活をキープしながら、夢の毎日を小さく体験してみるのです。
仕事であれば、今の仕事をしながら、休みの日にやりたいことをやってみるなどしながら、夢を経験していくのです。
あなたが叶えられる夢であれば、その小さな一歩が次の一歩をよんでと、自然と広がっていくと思います。

「小さくできる一歩は何ですか?」という質問に答えてみるといいですね。

余談ですが、今の生活が嫌で、夢を叶えたいと思っているのであれば、なかなかうまくいかないと思います。
きっと、毎日が変わっても、また何か不満を見つけることでしょう。
逆に、「こんなことをやりたい!」と明確な夢があるのであれば、きっとうまくいくと思います。
きっと、うまくいくまで諦めないと思うので。

どうすれば、自分を好きになれますか?

河田真誠さん 憧れるのをやめることだと思います。
人は、自分にはないものを持っているからこそ、人に憧れます。
テレビや本などを見て、あの人みたいになりたいなと。
でも、その人になれるはずもありません。そして、また、憧れになれない自分にがっかりすることになるのです。

サクラにはサクラの、ヒマワリにはヒマワリの魅力があります。
他人に憧れるということは、サクラがヒマワリになりたい!と言っているようなもの。
不自然ですよね。サクラはもっとサクラになったほうがいい。
今回の人生は、その顔と、その心で生きていくしかありません。サクラはサクラなのです。
積極的にあきらめて、受け入れて、最高の私を生きていきましょう。

あなたが嫌いだと思っている個性も、あなたがそう思っているだけです。
あなたが知らないだけで、あなたの個性に憧れている人もいます。

そもそも、個性には良いも悪いもありません。
あなたが、勝手に「悪い」と思い込んでいるだけです。
素直に受け止めてみましょう。
短所は、受け止めることができると長所にも味わいにも変わっていきます。

「あなたは、どんな人ですか?」
「短所や嫌いの中にあるステキなところは、どんなところですか?」
という質問に答えてみましょう。

いいね!の数やコメントが気になってしまいます。
どうすれば、他人の目や評価を気にせず生きていくことができますか?

河田真誠さん もし、他人からの「いいね!」がたくさん増えたとしたら、どんな変化があると思いますか?
私はきっと、何も変わらないと思いますよ。
むしろ、そこにとらわれるようになり、みんなが期待する自分を演じるようになったりして、余計に苦しくなるのではないかとも思います。
「いいね!」の数など「他人からの評価」を気にしていると、だんだんと気に入られるための行動をするようになります。
本当は、唐揚げを食べたいのに、「いいね!」をもらうためにパンケーキを食べようかなと。
そんな他人にコントロールされた人生で、本当にいいのでしょうか?
人生は毎日の積み重ねです。そして、今日という日は二度と来ません。
他人に気に入られるかどうかよりも、自分で自分に「いいね!」と言えるかどうかで物事を決めたほうが幸せですよね。
自分の人生を生きていきましょう。

「誰の声を聞いて生きていきますか?」
「今、あなたはどう思っていますか?」
そんな質問を大切にしてみてください。

どうすれば、周りから必要とされるような人になれますか?

河田真誠さん たしかに、必要とされる人になりたいですよね。そうなれると収入も増えるかもしれませんし、人を喜ばせることもできるかもしれません。
必要とされるということは、人として、とても根底にある喜びのような気がします。
では、どうすれば、周りから必要とされる人になれるか?あなたはどう思いますか?
私は、目の前にあることに全力で取り組むことだと思います。ついつい、遠くを見てしまいますが、今やるべきことは目の前にしかありません。
この目の前にあるものに逃げることなく、出し惜しみすることなく、全力で立ち向かうことを繰り返すことで、特別な何かになっていけるのです。
私が、いつもどんな時も意識していることがあります。
それは、「今、目の前にいる人を喜ばせるために、私に何ができるだろう?」ということ。
それを探し続け、与え続けることができると、いつの間にか自然と必要とされる人になっていけます。

よく「自分の魅力や強みがわからない」という相談もいただくのですが、その答えも同じです。
目の前のことに全力を尽くしていく中で、周りの人があなたの魅力や強みを見つけて、育ててくれます。
一人で考えていても絶対に分かりませんよ。なぜなら、魅力も強みも個性も、他人との関わりの中でしか生まれないからです。

「目の前の人を幸せにするために、今、自分に何ができるだろう?」という質問を大切にしてくださいね。

どうすれば、過去のトラウマから抜け出せますか?

河田真誠さん まず、なぜ抜け出したいのかをしっかりと考えたほうがいいです。
今のあなたは、そのトラウマも含めて、自然とバランスをとっていると思うので、トラウマが解消されたら、どこかでバランスが崩れると思うのです。
私は、子供の頃にいじめられていたので、「人に愛されるはずがない」と思い込んでいます。
でも、そんな私だからこそ気づけることもあるし、それが優しさなどの個性になっていると思うので、治す気は全くありません。

これまでに、色々な経験をしてきたと思います。その中には、いいものも、そうでないものもあると思うのですが、どんな経験でも、もしその経験がなかったとしたら、今のあなたはいなかったはずです。その経験を受け止め、味わい、乗り越えてきたからこそ、今のあなたがいるのです。
その時々には、辛く嫌な経験だったと思いますが、今となっては、そのおかげだと感謝することもできます。
全てはうまくいっているのです。

過去にあるものをトラウマと捉えることもできるし、成長させてくれたものと捉えることもできます。
トラウマをなくすことはできなくても、捉え方を変えることはできますね。

あとは、本当に不要なものもあると思います。
あなたは成長をしているのに、ずっと食べず嫌いで、トラウマだと思い続けているものもあるかもしれません。
私は、ずっと「人見知り」だと思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。

今のあなたなら、なんともなく乗り越えることもできるかもしれません。
良し悪しを判断せず、ニュートラルな気持ちをもって、今一度、そのトラウマに小さく向き合ってみるのもいいですね。
違う結果が生まれるかもしれません。

「そのトラウマがあったらこそと思えることは何ですか?」
という質問にも答えてみてください。

自分らしさってなんですか?

河田真誠さん 「あなたらしく」ってよく耳にしますね。でも、何が自分らしいのかってよく分かりません。
「自分らしくある」とこだわっていること自体が、もう自分らしくないということもありますしね。

私は、自分らしいとは、心地よいということだと思っています。
あなたが、心地いいと思うことだけを素直に選択していけば、周りから見ると「自分らしいよね」となるのでしょう。

「○○するべき」「○○しなくては」という選択を繰り返していると、安心ですが自分らしさから遠くなります。
そうなると、不満や愚痴も増えてくるでしょう。

逆に「○○したい」という心地よい選択を繰り返していると、どんどんあなたらしくなっていけますよ。

そして、一度立ち止まって、これまでしたきた「心地よい選択」を並べてみると、それが「あなたらしさ」かなと思います。

「心地よい選択は何ですか?」
「どうすれば、心地よい選択をすることができますか?」
という質問にも答えてみてくださいね。

どうすれば、決断できますか?

河田真誠さん こっちでいいかな。あっちかなと人生においては、迷うことだらけですよね。
決断をするには2つの方法があると思います。

1つめは、自分の中で決める方法。
決断を遅らせていると、どんどん「頭」が活躍し始めます。
頭が活躍しはじめると、無難で、安全で、常識的な答えを探そうします。
そして、「変わらないでいい理由」を自然と探し始めることになります。

そうならないように、「考える」のではなく、「感じる」ことを大切にするといいと思います。

ときどき、頭ではやめたほうがいいと思うんだけど、心が言うことを聞かないということがありますよね。
私はそれが本物だと思います。

きっと、どちらの選択をしてもいいんです。
未来がどうなるかなんて、誰にでも分からないのだから、今、どちらを選ぶことが成果なのかなんて、誰にも分かりません。
どちらを選んでも、それが正解だったとなるように、自分で未来を作っていくしかないのです。
あなたが本気で取り組めるように、心の声に従うといいのではないかと思います。

何をしていても、不安な気持ちになります。
不安な気持ちに追いつけれないスピードで、ワクワクをもって走ることが大切だと思います。

ワクワクを大切に。

「どんなワクワクがありますか?」
「諦めきれないこと、つい考えてしまうこと、どうしようもないことなどはありませんか?」
きっと、それが心の声です。大切にしましょう。

河田真誠さんの注目の新刊はこちら!

  • 人生、このままでいいの?
    人生、このままでいいの? 河田真誠 1,620円(税込)

    あなたは今の自分に「いいね!」ができるか?

    「こんなはずじゃなかったのに……」と思ってないだろうか?
    子供のときに夢見た「大人」になっているだろうか?
    「こんなもんだ……」と諦めてないだろうか?

    今日から人生が変わりだす。

    この本は、あなたの「人生の道しるべ」になる本だ。
    これから長い人生を歩んでいく中で、その時々に必要な気づきを与えてくれる「一生を支える本」になるはずだ。
    もし、「これからの人生をどう生きていこうか」「どうすれば、最高の人生を歩めるだろう」「本当にやりたいことは何だろう?」 と人生に迷っていたり、よりよい人生を模索しているのであれば、本書とゆっくり丁寧に向き合うことをオススメする。
    できれば、この本を片手に旅に出れば完璧だ。
    (「はじめに」より)

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ