トップ > キャンペーン・特集 > > 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』11月1日公開 プレゼントキャンペーン開催中!

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』11月1日公開 関連商品をご購入いただいた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼント! キャンペーン期間:2018年11月1日(木)0:00 ~ 2018年11月28日(水)23:59

キャンペーン対象商品(19点)

Story ストーリー

シリーズ累計680万部突破!大ベストセラー小説を完全映画化

50年前の秘密が解き明かされる時、悲しくも切ない恋が、真実の愛へと変わる 鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。店主の篠川栞子は極度の人見知りだが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は優れた洞察力と推理力で、五浦大輔が持ちこんだ夏目漱石の「それから」に記されたサインの真偽を解き明かし、彼の祖母・絹子が50年前に秘密の恋をしていたと指摘する。これが縁となり古書堂で働き始めた大輔は、日に日に栞子に惹かれていく。だが、過去の出来事から本が読めなくなった大輔は、同業者の稲垣が本を介して栞子と心を通わせるのを複雑な想いで見守るしかなかった。そんな中、謎の人物が栞子が大切に保管する太宰治の「晩年」を奪おうとしていた。その正体を探り始めた二人は、「それから」に秘められた絹子の恋の行方と、「晩年」に隠された秘密がつながっていることに気付く。しかもその先には、大輔の人生を変えるある真実が待ち受けていた──。

シリーズ累計680万部突破!大ベストセラー小説を完全映画化

それは偶然か、必然か2冊の謎を結ぶ禁断の秘密とは──?

  • 【50年前の秘密】夏目漱石「それから」 書かれていた漱石のサインは偽物だった。一体何のために?謹呈相手の「田中嘉雄」とは何者なのか?
  • 【現代の事件】太宰治「晩年」 太宰直筆メッセージの入った初版本。それを手に入れようと栞子を脅迫する謎の人物と、その目的とは?

interview インタビュー

――完成した映画をご覧になった感想はいかがですか?

黒木:本当によくできている脚本だなあ、と思いましたし、改めて三島監督のすごさを思い知りました。会話の内容も本にまつわるこ とが多いので、実をいうともう少し落ち着いた映画になるかなと思っていたんですけど、完成した作品を観たら想像以上にエンターテインメントでした。とくに、二冊の本を媒介に現在とつながっていく過去のパートがとても美しかった。静謐なのに心のうねりが激しく表現されていて、すごく好きですね。

野村:僕は、自分がこの作品の一部になってるってことに感動してしまいました。この映画から自分の声が出るってことだけでなんと いうか、とても光栄です。こんな僕を素敵に撮ってくださってありがとうございます、って監督への感謝でいっぱいです。

黒木:野村さんは、自分のかわいい見せ方を熟知してますよね。

野村:かわいい?

黒木:はい。私のほうが年上だけど、野村さんのほうが俳優歴では先輩なので、さすがだなと思いました。上目遣いで見上げるシー ンのアングルとか、すごいなあ、わかってるなあって。

野村:いやいや、必死だったんですよ。監督に喜んでもらうために(笑)。ほんと、監督がこだわりのある方なので。栞子さんの映し出され方もめちゃくちゃきれいでしたよね。僕、ビブリア古書堂の店内シーンはどれも好きなんですよ。二人が対峙して顔を近づけるところとか、大きな動きはないけど雰囲気があって。僕はちゃんとかわいいし(笑)。

黒木:野村さんの演じた大輔は素直でかわいい人ですよね。猪突猛進なところとか。

野村:すごく素直な人ですよね。全部にまっすぐすぎるから空回りしてしまうこともあるんだけど、いつも他人のことを思いやってる。今回は、特別に役作りをしたというよりは、脚本を読んで素直に感じたままを演じたところが大きいのですが、大輔のそういう優しさは僕にはないかもしれないと思ってました。黒木さんの演じた栞子さんは、ただただ美しかったですよね。

黒木:……(照れて黙る)。

野村:お淑やかで、その場にいるだけで空気が栞子さんの色に染まっていく。店に入って初めて本を読んでいる栞子さんに出会うシーンは、大げさかもしれないけど天使だなって思いました。なかなかあの雰囲気は出せないですよ。

黒木:そんなことないですよ(笑)。原作の表紙のイラストが印象的じゃないですか。私は近眼だからつい本に顔を寄せてしまいそ うになるんだけど、なるべく美しい佇まいになるよう、本を読む角度を調整しながら、栞子が本に接するときの距離感は常に意識していました。あとは、極度の人見知りなのに本の話になると途端に、早口になってしまうギャップとか。いい意味でオタク、というのが彼女の魅力の一つですし。

野村:僕は最初、大輔のイラストを見たときは身長は180センチ以上あるし、ガタイはいいし。僕と全然ちがうじゃん!って思いました(笑)。

――本に関する謎解きはもちろんですが、少しずつお二人の距離が近づいていくのもこの作品の見所ですね。

黒木:栞子は鈍感な人だから、大輔に対する気持ちも、自覚するのにずいぶん時間がかかっただろうなあ。

野村:大輔は初対面のときから栞子さんに目を奪われていたけど、きっかけは子供たちに読み聞かせをしているのを見たことだろうな。こんなに心も清らかな人なんだ、って気づいてそこからどんどん気になっていった。なのに途中から成田凌くん演じる稲垣が現れて、栞子さんと二人でわかりあっちゃって。大輔は嫉妬ですよ。

黒木:(笑)。でも私、三人で煙突屋根のあるお屋敷に行くシーン、好きですよ。事件が解決して、栞子と稲垣は納得しているのに、大輔が一人だけ釈然としていないところ。大輔らしくてかわいかった。

野村:三人のシーンといえば、ラーメン屋のシーンがカオスだったな……。

黒木:みんな、笑いすぎちゃってね。セリフが言えなくなって。

――そんな、笑う場面じゃありませんでしたよね?

野村:そうなんですけど、役者には時々あるんですよ。変なツボにハマってしまうときが。顔を見ただけでかたまって、笑いが止まらなくなって。10何回は撮りなおした気がする…。

黒木:あれ、最初は成田くんだったと思うよ。

野村:そうだ。あれは成田くんのせい(笑)。

黒木:全然言えてないのに、言えてますよ感を出すところもおかしくて(笑)。みんな、疲れて集中力が切れてたんですよ。あそこで一気に役者同士は打ち解けたけど、最終的には監督に怒られました。

――ラーメン屋のシーンは二度ありましたが、大輔の座る位置がちがうので、そこで二人の心の距離感を表しているのかなと思っていたんですが……。

野村:そのとおりです。

黒木:(笑)。

野村:僕らというか、監督が意識して演出してくださったんだと思います。本当に細部にまでこだわる方なので。照明ひとつとっても、微細な調整をしていました。監督がよくおっしゃってたのが、ピントも芝居のうちだ、って。

黒木:ちょっとずれるだけで、同じお芝居でも印象がまるで変わってしまうんですよね。室内のシーンが多いとどうしても動きが少 なくなって、画が退屈になってしまう危険があると思うんですが、そうならないよう常に演出を考えていらっしゃったんだと思います。狭い空間のなかで観客にどう魅せるか、という点では舞台での動きにちょっと似ていたかもしれない。

――ほかに、撮影中で印象に残っているシーンはありますか?

野村:ラストシーンはけっこう好きですね。

黒木:キュンとするやつ。

野村:恥ずかしかったけどね。大輔はちょいちょい気障なことするよなって。

黒木:大輔の一生懸命さは常に胸キュンでした。こんなにまっすぐ想っていてくれるんだ、って。

――あそこまであからさまに想われているのに、どうして栞子は自分の気持ちにも大輔の気持ちにも気づかないんでしょうね。

黒木:なんでだろう。それが栞子たる所以でもあるんだけど。

野村:いいところですよね。

黒木:あんなにたくさん本を読んでいて、人の感情の機微を誰より知っているはずなのに、対自分になると途端に鈍くなる。見えているものと見えていないものの落差が激しいんですよね。不器用で、そしてどこかいびつな人だなあと思います。そこが魅力でもあり、怖さでもあり、不思議な女性だなと。

野村:妹にも、お姉ちゃんは何もわかってない!なんて怒られてしまうし。

黒木:半径の狭い世界に弱いんですよね。映画のキーワードにもなる太宰治の「晩年」……「生キトシ生クルモノ スベテ コレ罪ノ子 ナレバ」という文章を読んで、自分のことを言われているようで好きだ、って栞子は言うじゃないですか。それは、自分を肯定的にとらえられない部分があるからだと思うんです。だからもしかしたら、自分自身のことについては、見えていないというより、無意識のうちに見ないようにしているのかもしれないですね。そんな栞子だからこそ、大輔くんという存在がそばにいてくれてよかったなと思います。

――大輔のことを明確に意識し始めたのはいつだと思いますか?

黒木:いつだろう……。途中で呼び方が「五浦さん」から「大輔さん」に変わるんですよね。あのあたりかな。でも、大輔に嘘を責められて目の前から去っていったとき……本にしか興味をもてなかった彼女が初めて、他者の喪失というものを味わい、変わっていったのかなとも思います。物語上、大切なシーンであるのはもちろんなんですが、私自身も演じていて胸が苦しくなりました。

――映画の見どころは?

黒木:行間を漂うしっとりとした雰囲気がこの作品の醍醐味だと思うので、原作ファンにも、太宰ファンにも、映画で初めて作品を知る方にも、楽しんでいただけると嬉しいですね。

プロフィール

【黒木 華】
1990年3月14日生まれ、大阪府出身。NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、デビュー。2014年には『小さいおうち』(山田洋次監督)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を日本人最年少で受賞。同作と『母と暮せば』(15/山田洋次監督)にて、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞。実力派女優として高い評価を得ている。近年の主な出演作に、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15/成島出監督)、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16/岩井俊二監督)、『海賊とよばれた男』(16/山崎貴監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)、『日日是好日』(18/大森立嗣監督)、『億男』(18/大友啓史監督)、『来る』(12月7日公開/中島哲也監督)などがある。現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演中。
【野村 周平】
1993年11月14日生まれ、兵庫県出身。2010年に俳優デビューし、2012年NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で注目を浴びる。近年の主な出演作に、『日々ロック』(14/入江悠)、『映画 ビリギャル』(15/土井裕泰監督)、『ライチ☆光クラブ』(16/内藤瑛亮監督)、『ちはやふる 上の句/下の句』(16/小泉徳宏)、『森山中教習所』(16/豊島圭介監督)、『ミュージアム』(16/大友啓史監督)、『サクラダリセット 前篇/後篇』(17/深川栄洋監督)、『帝一の國』(17/永井聡監督)、『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』(17/入江悠監督)、『ちはやふる-結び-』(18/小泉徳宏監督)、『ラブ×ドック』(18/鈴木おさむ監督)、『純平、考え直せ』(18/森岡利行監督 ※第42回モントリオール世界映画祭World Greats部門正式出品作品)、主演ドラマ「結婚相手は抽選で」(CX系・18)が10月6日より放送開始。。

movie 映画予告動画

【楽天ブックス】映画『ビブリア古書堂の事件手帖』関連商品を購入で、オリジナルブックカバーなどが抽選で計50名様に当たるキャンペーン(2018/11/1~2018/11/28)

キャンペーン期間
2018年11月1日(木)0:00から2018年11月28日(水)23:59まで
キャンペーン対象
 キャンペーン期間中に楽天ブックスにて「対象商品」をご購入(ご注文完了)された方
 ※「対象商品」は以下に記載
※対象商品を購入した1注文番号につき、応募券1口となります。
 ※すでにご予約・ご購入頂いた方も対象となります。
キャンペーン対象サービス
 ‐楽天ブックス(PC・スマートフォン)
 ‐iPhoneアプリ版楽天ブックス
 ‐Androidアプリ版楽天ブックス
対象商品
 ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜
 ビブリア古書堂の事件手帖2 〜栞子さんと謎めく日常〜
 ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜
 ビブリア古書堂の事件手帖4 栞子さんと二つの顔
 ビブリア古書堂の事件手帖5_〜栞子さんと繋がりの時〜
 ビブリア古書堂の事件手帖6_〜栞子さんと巡るさだめ〜
 ビブリア古書堂の事件手帖7_〜栞子さんと果てない舞台〜
 ビブリア古書堂の事件手帖_〜扉子と不思議な客人たち〜
 栞子さんの本棚__ビブリア古書堂セレクトブック
 栞子さんの本棚2__ビブリア古書堂セレクトブック
 ビブリア古書堂セレクトブック_ブラック・ジャック編
 ビブリア古書堂の事件手帖_〜栞子さんと奇妙な客人たち〜
 ビブリア古書堂の事件手帖(2)_〜栞子さんと謎めく日常〜
 ビブリア古書堂の事件手帖(3)_〜栞子さんと消えない絆〜
 ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ_こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌
 ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ_こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌2
 こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 1_ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ
 晩年 (角川文庫)
 それから (角川文庫)
プレゼント内容
キャンペーン対象の方の中から、抽選で計50名様に賞品をプレゼント!!
 ・ブックカバー  5名様
 ・トートバッグ  5名様
 ・古書風ノート 40名様
その他ご連絡
‐お客様都合によるキャンセルの場合は「キャンペーン対象外」
‐ご注文後「対象商品」が欠品や発売延期・中止などで発送できない場合は「キャンペーン対象外」
‐当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
‐当選された方への賞品発送は、2018年12月中旬頃にご注文者様のご住所・お名前宛てにお届けいたします。
‐メンテナンスなどで、ご注文いただけない場合がございますが、キャンペーン期間を延長することはございません。何とぞご了承ください。
‐当キャンペーンを予告なく中止させていただく場合がございます。
‐取得した個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。

©2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

このページの先頭へ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ