トップ > キャンペーン・特集 > CD > chelmicoストア

chelmico『Fishing』2019.8.21 on sale!注目度No.1のラップユニット「chelmico」メジャー2枚目のアルバム

Interview 「みんなを釣っちゃうぞ」というアルバムです(笑)

メジャー第2弾アルバム『Fishing』が8月21日にリリースされるchelmico。
センシティブかつハッピーな彼女たちの曲は、どんなシチュエーションでもぴったり合うスグレモノ。
全国ライブツアーを控える彼女たちの“今”を、お届けします!

- ニューアルバム『Fishing』、どんな作品になりましたか?
Mamiko:1枚目の『POWER』はライブ映えする曲をテーマに作ったアルバムですが、今回は先行シングルの『爽健美茶のラップ』と『switch』が収録されることが決まっていたので、そこを軸にしてポップさを残しつつ、好きなものや挑戦したいものを意識して作りました。イヤホンでじっくり楽しむことのできるアルバムに仕上がったと思います。
- 先行シングルは爽健美茶のCMソングと、ドラマ25『四月一日さん家の』の主題歌でした。この2曲がアルバムにもたらした影響力は大きいですか?
Mamiko:その2曲でchelmicoを知った人が、とても多いんです。前作は名刺代わりでしたが、今回はラップを聴かない人にも聴いてもらいたいアルバムなので、この2曲がフックになればいいなと思っています。
- タイトル『Fishing』に込めた意味は?
Mamiko:単純に釣りがしたかったのと、いろんな人に知ってもらえたので、「みんなを釣っちゃうぞ」という意味も込めています(笑)。
- それぞれ、推し曲を教えてもらえますか?
Rachel:2人ともお気に入りなのが、『Balloon』という曲です。ストレートに感情を書いた曲で、意外と今までそういう作品がなかったんです。周りが見えなくなるくらい情熱的に書けたので、印象に残っています。今まで「好き」という言葉を歌詞にしたことがなかったのですが、思い切って書いてみました。詞を引き立てるシンプルな曲の構成も、こだわりポイントです。
- RachelさんとMamikoさんの共詞が多いですが、どのようにして作っていますか?
Mamiko:テーマを設けて、自分がラップを担当する部分は自分で書きます。掛け合いの部分は、それぞれ書いてきてどちらかを選ぶか、もしくは2人で一緒に書いたりします。今回のアルバムに関しては、どちらかの家に集まって一緒に作ることが多かったですね。『BEER BEAR』という曲は、勝手にキャラクターと物語をアニメ風に想像して、「その主題歌を作ろう」という気持ちで完成させました。
Rachel:今回のアルバムは特に、お互いの顔を見ながら作った感じです。
Mamiko:インディーズ時代からこの作り方をしていたんですけど、最近はあまりやっていなかったので、久々で楽しかったですね。
- 『BEER BEAR』のアニメは、どこかで披露してもらいたいです。
Rachel:アニメになったら、楽しいだろうな。
Mamiko:もうキャラクターはできあがっているしね。
- 全国ツアーのライブが映像化したら、特典映像につけてほしい!
2人:それ、いいですね!
- ということで、全国ツアーが9月より始まりますね。ライブやツアーの楽しみは?
Mamiko:ワンマンでは初めて行く場所があるので、みんなと仲良くしたいです(笑)。あとは新曲をいっぱい歌うので、うまく歌うぞと。まずは楽しめたらいいな。
- このインタビュー中もchelmicoの仲のよさを感じますが、『switch』のMVは2人のパーティー風景でした。撮影はいかがでしたか?
Rachel:監督から「撮影でパーティーするので、出演してもいいというお友達はいますか?」と聞かれたんですけど、2人そろって「いません」と答えたんです。結局2人きりのパーティーで、ちょっと切ないというか、恐怖感があるというか(笑)。撮影自体はカラオケを歌ったり、お酒を飲んだりして、楽しかったんですけどね。
- chelmicoが音楽を始めたきっかけは?
Mamiko:私はRachelに誘われて始めました。だからchelmicoが初めての音楽活動です。
Rachel:私は軽音部でコピーバンドをやっていましたが、初めてオリジナルの曲を発表したのは、Mamikoを誘って出演した『シブカル祭。』です。だから「オリジナルの音楽活動」という意味では、2人とも同じタイミングで始めました。
- 2人が初めて買ったCDは? 買ってもらったものと、自分が稼いだお金で買ったCDをそれぞれ教えてください。
Rachel:私は宇多田ヒカルさんの『DEEP RIVER』。『キングダム ハーツ』というゲームの主題歌『光』のCDがほしくて母に頼んだら、「シングルよりアルバムのほうがお得だから、出るまで待ちなよ」と言われて(笑)。我慢して我慢して、やっと手に入れたCDです。
自分のバイト代で初めて買ったものは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバムを一色揃えました。確か『ワールド ワールド ワールド』のタイミングだったので、そこまで出ていたアルバム4枚をまとめ買いしたんです。その時、一番いいと思ったアルバムは『ワールド ワールド ワールド』。アジカンは、常に最新アルバムが一番いいバンドです。
Mamiko:親からもらったお小遣いで買ったのは安室奈美恵さんの『BEST FICTION』。『NEW LOOK』のMVを見て、「めちゃめちゃ可愛いな」と思って買いました。
自分のお金では、嘘つきバービーの『ニニニニ』か、モーモールルギャバンの『野口、久津川で爆死』だと思います。嘘つきバービーは解散してしまったのですが、意味の分からない言葉遊びがすごく楽しいバンドです。モーモールルギャバンは、歌詞の内容がコメディっぽくて好きでした。
- 続いて、最近ハマっていることを教えてください!
Rachel:私はゲームか映画かな。ゲームはNintendo Switchを、移動中やちょっとした空き時間にやっています。ソフトは誕生日にいただいた『ドラえもん のび太の牧場物語』『ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ』『Summer Pockets』の3種類です。
映画は、この間『ザ・ファブル』を観に行きました。最近、映画館に行くことにハマっていて。ちょっとした空き時間に行くのが、楽しいんです。一番好きな映画は『ファイト・クラブ』。音楽がめっちゃカッコよくて、オープニング映像がMVみたい。全てにおいて過不足なく完成されている作品だと思います。「音楽・映像・役者・ファッションの全てが揃っていないと映画にならないんだ」と感じるきっかけになりました。
Mamiko:私も映画館に行くことと、お笑いライブを見るのが趣味です。
最近、映画館で観たのは『サスペリア』。昔のホラー映画なんですけど、映像がめちゃくちゃカッコイイ。画作りがすごくよかったし、 “フリとオチ”という意味では、ホラー映画ってちょっとコントみたいな要素があるんですよね。序盤に予算をかけすぎて、きっと途中でお金がなくなったのでしょう、後半がだんだん雑になっていくところも愛しいです(笑)。
お笑いは、なかよしビクトリーズという芸人さんが主催するライブに毎月、行っています。お笑いを好きになったきっかけは、『内村プロデュース』の大喜利企画ですね。「こんなに面白いおじさんたちがいるんだ」と思って、どんどんハマっていきました。
- そんなchelmicoさんの夢は?
Mamiko:昔は「RIP SLYMEになりたい」と言っていましたが、今は「chelmicoになりたい」という人を作ること!
Rachel:私ステージにポップアップで飛び出してきたり、ワイヤーで飛んだり、ファイヤーを出したりするライブをやりたいです。そのために今、体幹を鍛えています(笑)。
- 最後に、ファンの方々へメッセージを!
Rachel:『Fishing』聴いてね。どの曲が好きだったかをリプライで教えてね。Rachelより。
Mamiko:『Fishing』はいいアルバムなので、絶対に聴いてほしいです。ライブも結構やっているので、遊びに来てください!

『Fishing』2019.8.21 on sale!

収録内容
  • 01. EXIT
    02. 爽健美茶のラップ
    03. ひみつ
    04. Navy Love

  • 05. Balloon
    06. Fishing (Interlude)
    07. BEER BEAR
    08. 12:37

  • 09. Summer day
    10. 仲直り村
    11. switch
    12. Bye

Discography

Profile

chelmico

Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなるラップユニット。
2014年に結成、2016年に1st Album「chelmico」、昨年9月には「EP」をリリース。
等身大のリリックのおもしろさは勿論、そのかわいらしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチーなメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受ける。さらに、HIP HOPという枠に捉われないPOPセンスと2人の自由気ままなキャラクターが、クリエイターからの注目を集め、新人ながら企業のCMやwebCMのオファーが殺到!
2018年8月にワーナーミュージック・ジャパンアンボルデからメジャーデビュー。
2019年1月にリキッドルームを含む自身初の東名阪ワンマンツアーを行い全会場SOLD OUT!ライブも精力的に行われている一方で、音楽のフィールドを超え様々な方面で活動中!

このページの先頭へ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ