トップ > キャンペーン・特集 > CD > TAEYO インタビュー

メジャーデビュー新作『ORANGE』2020.7.15 on sale!TAEYOさんにお話を伺いました!

2020年7月15日発売 メジャーデビューEP「ORANGE」について、
TAEYOさんにお話を伺いました!

- 名前を変えるというのはとても勇気がいることに感じますが“Taeyoung Boy”から“TAEYO”(タイヨウ)と改名されたのはどのような想いでしたでしょうか?
元々どこかのタイミングでBoyは取るつもりでした。自分自身テヤンと自分のことを紹介するし、周りもそう呼ぶので。ただ、調べたところTaeyoung(テヤン)が使えない、登録できないってなってどうしようってなったときに本名のTAEYO(太洋)にするっていうアイデアがチームで出てTAEYOならtaeyoungの名残もあるし本名だししっくりきたのでそれでいこうって感じです。特別な想いとかは特にないかも。
- 改名の節目となるタイミングでメジャーデビューとなりますがどのようなお気持ちですか。
自分で自分のことを思ってみても意外とあっさりしてるかもです。嫌な意味じゃなくいずれするだろうと思ってたしするべきだと思ってたので。自然な流れというか、スタート地点とかってわけじゃないけどまた始まりかなというか、やっと始められるって気もありますけど。カマしたいです。
- 今作はどのようなコンセプトで制作されたのでしょうか?
1発目だからハッキリした切り口が欲しいって事で夏の色んな時間とか夏の色んなシーンをパッケージした感じです。夏の色んな場面で聴いて欲しいす。
- 今作での新しい取り組みなどありますでしょうか。
2年前くらいからずっと一緒にやってたスタジオのエンジニアさんがプロデューサーもやってて、やっとこのタイミングで一緒に制作できたのが嬉しかったです。僕のことを1番近くで見てきてすごく分かってくれてるので。
あとlyricを今までの感じより、より分かり易く伝わり易く書くことに拘ったんですが、初めてペンで紙に書いて何枚も書き直したりワードマップ作ったりして書いた曲もあります。レコーディングの仕方も変わりました、声の重ね方とか、テイクの回数とか。
- Favorite Songをご紹介いただけますか。
表題の「ORANGE」。TAEYOっぽさとか今俺ができること詰まってるなって感じです。lyricとかの構成もバランス良くってほんと全体的にうまくいってるなという感じ。今まで作った曲で1番好きかもしれないです。昔作った自分の曲のリリックをいいところで引用してるとも自分ではすごくグッとくるし、客観的に聴いてすごくいい曲だな、こいつ最高だな、突き抜けて欲しいなって思えます。
- リリックはどのように書いていますか?
今まではスタジオ入ってからブースの中か、スタジオに向かうバスの後ろの席の端っこのどっちかだったんですが、今回はちゃんと家とかそれ以外でも考えてました(笑)でも基本的にスタジオです、じゃないと集中出来ないので。
- ジャンル横断なすごく洒落たトラックに、巧みな歌とラップが混ざり合っていて作品通してメロディアスなのがとても印象的です。どのような音楽に影響を受けてきたのでしょうか。
色んな音楽が好きで小さい頃から色んなジャンル聴いてますが、「影響」という部分では女性ボーカルのblack musicとDef TechのMicroくんがかなりデカいです。HIPHOPよりもR&Bとかの方がもしかしたら多いかもしれないです。ラジオ家庭だったのと、色んなCDがたくさん家にあったんで自然と色んなジャンルの音楽を聴いてました。でも今聴いてるものでも全然影響受けますし、逆に今はジム行くときくらいしかゴリゴリのHIPHOPは聴かないです。
- 今後どのようなことに挑戦していきたいですか。
映画とか出たいし、好きなテレビ番組も出たいす。あとはお笑い好きなんで芸人さんと仲良くなりたいです。芸人さんは本当にリスペクトしてます。
- ライブができない状況が続いていますが、今後開催できるようになった際のライブへの思いを聞かせてください。
新しいEPの曲をどういう形でライブしたら気持ち良いかっていうのも今は考えてます。クラブでやってるイメージの曲を最近作ってなかったのでクラブ鳴りのいいサウンドも作ってそれもライブでできたらなと思います。
- “STAY HOME”期間中の家での過ごし方を教えていただけますか?
食事制限とトレーニングとお笑い。
- 最近の趣味や、ハマっていることを教えてください。
食事制限とトレーニングです。
- 最近のお気に入りのベストショッピングは?
自宅用のチンニングバー(懸垂棒)です。いつでも出来るし頑丈でむっちゃいいです。 あと手首に入れたタトゥーが気に入ってます。
- 今後の夢・目標を聞かせてください!
人がパンパンの野外ステージで夕方自分の曲を皆で大合唱したいっす、海外とかアジアでも。具体的な場所とか数字を設定するのは嫌いなんで、漠然と。 あと映画出たいし、ラジオとかやりたいす。
- 今後の活動、ご予定について教えてください。
アルバム作り始めます。
- 最後に、ファンの方へメッセージを!
picture me rollin'

Taeyoung BoyがTAEYO(タイヨウ)と名義を変更してメジャーデビュー
EP「ORANGE」2020.7.15 On Sale

  • 【先着特典】ORANGE (特製ステッカー)
    CD 【先着特典】ORANGE (特製ステッカー) TAEYO

    --- ---円(税込) --%OFF!

    ラップスキルの高さと同時に併せ持つメロディセンスの良さを
    両立できる稀有なアーティストTAEYOメジャーデビューEP。
    Chaki Zulu、BACHLOGICらプロデュース参加の夏を思い起こさせる1枚!

Profile

TaeyoungBoy(テヤンボーイ)から改名。
2015年、遊びで制作したラップの音源をSoundClooudにアップしたところ、予想以上の反響を受けたことから活動をスタート。
hiphopの枠を超えたリリックとラッパーならぬメロディーセンスでネット上でファンを一気に獲得する。
また音楽だけに留まらず、ファッション+カルチャー面で大きな支持を得ており、モデルやレセプションでの稼働やファッションブランドのとのコラボなど、ファッション業界からの期待値がとても高い。
2018年「Fault」はSpotifyのバイラルチャートで1位を獲得する。
2019年にリリースしたフルアルバム「HOWL OF YOUNGTIMZ」にはTohji、Pablo Blasta、ACE COOL、WILYWNKA、 Shurken Papら新世代ラッパーと、新鋭シンガーFriday Night Plansらが客演参加。 プロデュースには盟友Droitteやhaquに加え、東京の最重要プロデューサーであるChaki Zulu、グラミーノミネーターのstarRo、 宇多田ヒカルのRemixにも携わったTepppeiが参加。
メロウな楽曲からクラブ・チューンまで網羅した彼の世界観を披露した。

Rディグ!TAEYO特集ページへ

このページの先頭へ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ