トップ > 電子書籍 > 開催中のイベント > 文学賞受賞作品ページ

芥川賞、直木賞、本屋大賞、このミステリーがすごい!など、文学賞 受賞作品

7月20日(木)更新:第157回(2017年上半期)芥川賞・直木賞受賞作品発表!
  • 芥川賞
  • 直木賞
  • 本屋大賞
  • このミステリーがすごい!
  • その他注目の文学賞
  • TOPへ

芥川賞

1935年設立。菊池寛により提唱。日本文学振興会により選考される、日本で最も有名な文学賞のひとつ。年2回、1月と7月に発表。

第157回芥川賞(2017年上半期)受賞作品

影裏(えいり)
第157回芥川賞 受賞作品決定!
影裏(えいり)
著者:沼田真佑
大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。
北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。
ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。
いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、「あの日」以後、触れることになるのだが……。
樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ思いを繊細に描き出す。
沼田真佑

著者名:沼田真佑 (ぬまた しんすけ)

1978年北海道小樽市生まれ。西南学院大学卒。2017年「影裏」で第122回文學界新人賞を受賞。
〈作品〉「影裏」2017年文學界5月号。

■芥川賞候補作品一覧

作品名 著者
星の子 今村夏子
真ん中の子どもたち 温又柔
影裏(えいり) 沼田真佑
四時過ぎの船
※紙書籍ページへ移動します。
古川真人

過去の芥川賞受賞作品

  • 2016年下半期
    19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先…
  • 2016年上半期
    36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目…
  • 2015年下半期
    「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」・・・
  • 2015年下半期
    秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。子ども、孫、…
  • 2015年上半期
    笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説売れない芸人徳永…

直木賞

1935年、芥川賞とともに創設される。大衆小説作品に与えられる文学賞。日本文学振興会により選考。年2回、1月と7月に発表。

第157回直木賞(2017年上半期)受賞作品

月の満ち欠け
第157回直木賞 受賞作品決定!
月の満ち欠け
※紙書籍ページへ移動します。
著者:佐藤正午
佐藤正午

著者名:佐藤正午 (さとう しょうご)

1955年長崎県佐世保市生まれ。北海道大学文学部中退。83年『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。同作品でデビュー。
〈作品〉『Y』1998年角川春樹事務所刊。『きみは誤解している』2000年岩波書店刊。『ジャンプ』00年光文社刊。『小説の読み書き』06年岩波書店刊。『5』07年角川書店刊。『アンダーリポート』07年集英社刊。『身の上話』09年光文社刊。『鳩の撃退法』14年小学館刊=第6回山田風太郎賞受賞。

佐藤正午の他作品

過去の直木賞受賞作品

  • 2016年下半期
    俺はまだ、神に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能…
  • 2016年上半期
    主の腕に惚れた大物俳優や政財界の名士が通いつめた伝説の床屋。ある…
  • 2015年下半期
    女が映し出す男の無様、そして、真価ーー。太平の世に行き場を失い、…
  • 2015年上半期
    青春は、謎と輝きに満ちているーー台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出…
  • 2014年下半期
    西加奈子
    1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。父の海外赴任先だ。チャーミン…
    ※紙書籍ページへ移動します。

本屋大賞

2004年設立。「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーに、書店員の投票によりノミネート作品・受賞作が決定。
年1回、4月発表。

第14回(2017年) 本屋大賞 受賞作品

蜜蜂と遠雷
決定!第14回(2017年) 本屋大賞 第156回直木賞とW受賞!
蜜蜂と遠雷
著者:恩田陸
俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

恩田陸の他作品

  • 祝、直木賞受賞!恩田陸の最新作。今明かされる、あの殺人者たちの過去ダーク…
  • これはかつて失われたはずの光景、人々の情念が形を成す「裂け目」。かつて夫婦…
  • 小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏で…
  • 私たちの住む悠久のミヤコを何者かが狙っている…!謎×学園×ハイパーアクション…
  • あたしは主人公にはなれないーー。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、…
恩田陸先生W受賞おめでとう!!

第14回(2017年) 本屋大賞 2位~10位

  • 2位
    昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明…
  • 3位
    京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノート…
  • 4位
    ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、…
    ※紙書籍ページへ移動します。
  • 5位
    百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、人づきあいが…
  • 6位
    反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビー…
  • 7位
    西加奈子
    「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとり…
    ※紙書籍ページへ移動します。
  • 8位
    僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。私たち六人は、京都で学生時代を過ごし…
  • 9位
    第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作。36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職…
  • 10位
    お願いします、あの日に戻らせてくださいーー。過去に戻れる喫茶店で起こった、…

第14回(2017年) 本屋大賞 翻訳小説部門 受賞作品

ハリネズミの願い
第14回(2017年) 本屋大賞 翻訳小説部門
ハリネズミの願い
著者:トーン・テレヘン
ある日、自分のハリが大嫌いで、ほかのどうぶつたちとうまくつきあえないハリネズミが、誰かを家に招待しようと思いたつ。さっそく手紙を書きはじめるが、もしも○○が訪ねてきたら、と想像すると、とたんに不安に襲われて、手紙を送る勇気が出ない。クマがきたら?ヒキガエルがきたら?ゾウがきたら?フクロウがきたら?-さまざまなどうぶつたちのオソロシイ訪問が、孤独なハリネズミの頭のなかで繰り広げられる。笑いながら、身につまされながら、やがて祈りながら読んでいくと、とうとうさいごに…。オランダでもっとも敬愛される作家による、臆病で気むずかしいあなたのための物語。

第14回(2017年) 本屋大賞 翻訳小説部門2位~

過去の本屋大賞受賞作品

本屋大賞受賞作品

翻訳部門受賞作品

このミステリーがすごい!

1988年から宝島社より発行されている、ミステリー小説のブック・ランキング。ランキング結果や作家アンケート、
書評を加えた同タイトルのガイドブックが書店に並ぶのは年末の風物詩。年1回、12月発表。

このミステリーがすごい!2017(宝島社) 受賞作品

国内編

海外編

過去のこのミステリーがすごい!選出作品

その他注目の文学賞

押さえておきたい文学賞はもっとあります!楽天Koboで配信中の注目の国内文学賞受賞・選出作品をご紹介します。

人気作家特集

人気作家特集も、合わせてチェック!

おすすめ特集 ご紹介


毎週木曜日はメンズデー!全作品対象10%クーポン
毎週木曜日はメンズデー!全作品対象10%クーポン

このページの先頭へ