トップ > キャンペーン・特集 > ゲーム > JUDGE EYES 死神の遺言 特集

INTRODUCTION ーイントロダクションー

主演「木村拓哉」が主人公を熱演

数々の映画・ドラマで活躍してきた木村拓哉が、本作ではゲームの主人公として登場。開発スタッフと様々な打ち合わせを重ね、1000分以上にわたるドラマパートのボイス収録を実施。主人公・八神隆之を濃密に作り上げていった。

「龍が如くスタジオ」渾身のストーリー

名越稔洋率いる「龍が如くスタジオ」は、これまで『龍が如く』シリーズにおいて熱き男たちの闘いを描き、その骨太なゲーム作りは幅広い層に支持されてきた。スタジオが手掛けてきた数々の作品において、もっとも大事にされてきた「大人が満足できるコンテンツであること」。その信念は本作においても健在。ゲームの柱となるストーリーは、構想から脚本完成まで実に3年の月日がかけられた。そして、それを支えるゲームパートについても幾度にもわたる試行錯誤を経ることで「新たなタイトル」として、また「大人が満足できるコンテンツ」として練り込まれていった。

「龍が如くスタジオ」渾身のストーリー

本作が掲げるジャンルは「リーガルサスペンスアクション」。『龍が如く』シリーズと共通する世界観の東京・神室町を舞台に、おぞましい犯罪や陰謀と闘う新たなヒーロー・八神隆之の活躍が描かれる。

story ー物語ー

八神隆之は15歳の時、両親を殺されたという過去を持つ。弁護士だった父親は、担当した殺人事件の裁判で無罪を勝ち取るが、被害者遺族の凶行により、弁護を担当した父と共に母親の命も奪われたのだった。

以来、八神は天涯孤独の身となり神室町で自暴自棄の青年時代を過ごすが、やがて様々な理解者に支えられ、父と同じ弁護士の道を歩んでいく。

そして八神は、ある殺人事件の弁護を担当することになる。かつての父親と同じく、八神は容疑者・大久保新平の無実を信じて奔走し、見事に無罪を勝ち取ることに成功する。

有罪率99.9%を誇る日本の刑事裁判において、その無罪判決は奇跡と言ってよく、八神は弁護士として一躍時の人となる。

しかし……
無罪放免となった大久保新平が、釈放直後に同棲中の恋人を惨殺。十数度に渡って包丁で刺したうえ、彼らの住んでいたアパートへ火を放ったのである。

釈放されたばかりの男が及んだ残虐な犯行は、八神に対する世間の評価も一転させた。

“凶悪な殺人鬼を野に放ったインチキ弁護士”

大久保新平は死刑を言い渡され、奇跡を起こしたはずの八神はそれまで築いてきたもの全てを失う。弁護士としての信念すらも……。

3年後……。
八神は、胸の弁護士バッジを外し、便利屋もどきの探偵となっていた。猥雑で暴力的。過去に傷を持つ者も少なくない吹き溜まりの街、神室町。ここを第二の故郷として生きてきた八神は、この街で細々と暮らしていた。

しかし、その神室町で連続殺人事件が発生する。殺人が珍しくないこの街においても、全ての死体から目玉がくり抜かれるという、あまりにも猟奇的な殺人事件は人々を震撼させた。

八神は、弁護士時代に所属していた法律事務所からの依頼を受け、単なる報酬目的でこの連続殺人事件に関わっていく。その先に待ち受ける真実が、自分の運命を変えると知る由もなく――。

story ー出演ー

実力派俳優が集結

  • 主人公・元弁護士の探偵 八神 隆之 TAKAYUKI YAGAMI 八神 隆之 TAKAYUKI YAGAMI 八神はかつて弁護士として駆け出しの頃、殺人容疑で逮捕された被告の弁護を担当する。誰もが有罪を疑わなかったその裁判で、八神は見事に無罪を勝ち取る。だが、その被告が再び殺人を犯したという事実を知った八神は、弁護士を続ける気力を失ってしまう。そしてその後はしがない探偵事務所を営んでいた。法律家の経験と神室町で鍛えた喧嘩の腕で、どんな依頼も受け付ける「何でも屋」のような存在だが、そんな彼を頼る神室町の住人は多い。八神自身も神室町で青春時代を過ごし、そこで暮らす人々に愛着を感じており、親身になって依頼を引き受けていた。しかしある日、神室町で起こった猟奇殺人事件に関する証拠集めの仕事を依頼されたことがきっかけで、その事件の渦中に引き込まれていく。
  • 源田法律事務所所長 源田 龍造 RYUZO GENDA 出演:中尾 彬 AKIRA NAKAO 八神が弁護士として駆け出しの頃から面倒を見てきた気骨のある弁護士。八神が弁護士業から身を引き、探偵となった現在も、仕事の世話も含め何かと気にかけてくれる。
  • 神室署組織犯罪対策課刑事 綾部 和也 KAZUYA AYABE 出演:滝藤 賢一 KENICHI TAKITO 神室署組織犯罪対策課刑事。捜査情報の横流しを行い、私腹を肥やす悪徳警官だが、金次第で八神の調査に協力する。
  • 神室署組織犯罪対策課刑事 黒岩 満 MITSURU KUROIWA 出演:谷原 章介 SHOSUKE TANIHARA 神室署組織犯罪対策課刑事。常に捜査の陣頭指揮を執り、神室町の犯罪に関し高い検挙率を誇る。敏腕であり剛腕さも併せ持つ、将来を嘱望されるエリート刑事。八神を目障りな存在だと思っている。
  • 松金組若頭 羽村 京平 KYOHEI HAMURA 出演:ピエール瀧 PIERRETAKI 神室町を根城とする、東城会系三次団体松金組の若頭(ナンバー2)。自己中心的で、他人を蹴落とすことに長けた策略家。連続殺人事件を通して、八神に絡んでくる。

action ー調査アクションー

プレイヤーは探偵として、いろいろな事件の謎を追っていく必要がある。そこで駆使するのが、多種多様な“調査アクション”。「聞き込み」「証拠提示」 「尾行」「追跡」「変装」「鍵開け」「サーチモード(探索)」「スクープミッション(盗撮)」などのスキルを駆使し、状況&物的証拠、証言を揃えて いく。また、調査の過程で様々な妨害を受けることもあるため、「バトル」により実力で敵を排除しなければならないこともある。

adventure ー舞台ー

ストーリーを盛り上げる美しいグラフィック

本作では、美しいグラフィックがサスペンスとしてのゲームプレイを盛り上げていく。実在の人物からスキャンされたリアルなキャラクターや表情、 細部までこだわって作りこまれた背景舞台が、深く、重厚な空気感と独特の色調によりリアルに描かれている。

SIDE CASE&PLAY SPOT ー多彩なサイドケースとプレイスポットー

©Mindware

主人公は、メインストーリーとなる連続殺人だけではなく、「サイドケース」と呼ばれる街の住人から依頼される様々な事件の調査を行うことで、探偵 としての能力を上げることができる。またサイドケースでは主人公・八神を通じて木村拓哉氏の多彩かつ意外な姿も随所に登場。さらに、街中に点在するプレイスポットは、カジノや賭場、ピンボールなどのオーソドックスなものから、クラブセガで遊べる数々のアーケードゲーム、街全体を使用したドローンレースやVRをモチーフとしたすごろくまで多種多様。本編以外にも遊べる要素を多数用意。

spec ー製品情報ー

  • 商品名:JUDGE EYES:死神の遺言
    (ジャッジアイズ:しにがみのゆいごん)
  • 対応機種:PlayStation®4
  • 発売日: 2018年12月13日(木)発売予定
  • ジャンル:リーガルサスペンスアクション
  • プレイ人数:1人
  • CERO表記:D区分(17歳以上対象)
  • 発売・販売:株式会社セガゲームス
初回特典 探偵支援パック プロダクトコード ゲーム序盤でプレイヤーをサポートする回復アイテムや、経験値を得られるドリンク剤などのゲーム内アイテムが入手可能。 数量限定予約
 主人公ボイス詰め合わせキーホルダー 木村拓哉さん演じる本作の主人公・八神隆之のボイスが5種類詰まったキーホルダー

©SEGA

このページの先頭へ

おすすめキャンペーン・特集

このページの先頭へ