条件達成でポイント5倍!300円OFFクーポン配布中!お買い物マラソン会場はこちら
ぼくが眠って考えたこと
  • Googleプレビュー

ぼくが眠って考えたこと
藤原智美

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年07月
  • 著者/編集:   藤原智美
  • 出版社:   エクスナレッジ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  189p
  • ISBNコード:  9784767804330

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「不眠者の時代」の寝床めぐり。うたた寝から熟眠まで、芥川賞作家の体験ルポルタージュ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 空間の体験ー広がる眠りの「場」(遍在化する「眠り」を訪ねて/スイートルームー見せるためのベッドメイク/イギリスの民宿ーベッドが主役の宿らしい宿/カプセルホテルー日本だけの眠りの装置/コンサートホールー睡眠のための音楽会 ほか)/2 空間の考察ーかわる眠りの「意味」(夢と睡眠/不眠の時代/浮遊する眠りの空間)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤原智美(フジワラトモミ)
1955年生まれ。1990年「王を撃て」で文壇デビュー。1992年『運転士』で第107回芥川賞を受賞。また、1997年、住まいの空間構造と家族の社会関係を独自の視点から取材、問題提起したノンフィクション『「家をつくる」ということ』(プレジデント社、現在、講談社文庫)がベストセラーとなる。その後も『家族を「する」家』(プレジデント社、現在、講談社+α文庫)、『「子どもが生きる」ということ』(講談社)、『なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか』(祥伝社)など、家族、子育て、教育といった分野での執筆活動も展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ