チョコレート戦争
  • Googleプレビュー

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)
大石真

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1999年02月
  • 著者/編集:   大石真北田卓史
  • 出版社:   理論社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  189p
  • ISBNコード:  9784652005026

商品説明



すずらん通りにある町いちばんの洋菓子屋さん、金泉堂。特に、ショートケーキ、シュー・ア・ラ・クレーム、エクレールなどは舌もとろけそうなうまさで、金泉堂の洋菓子をいくつたべたかが、子どもたちのじまんの種にもなっているという憧れのお店です。その金泉堂と子どもたちの間で何やらトラブルが?!それは、光一と明が学校の帰り道に金泉堂に立ち寄った時のこと。2人がショーウインドーに飾ってあるチョコレートのお城をのぞいていると、いきなり目の前のガラスが割れて、出てきたお店の人に犯人扱いされてしまうのです。支配人、そして社長の谷川金兵衛氏の前に連れていかれる2人。「やっていない」といくら言っても信じてもらえず、ただひとり信じてくれたのは、桜井先生という若い女の先生だけでした。くやしくて気がおさまらない光一は、金泉堂の大事な看板であるチョコレートのお城を盗む計画を立てます。そう、これは子どもたちの名誉をかけた戦いなのです。光一はまず仲間を集め、入念に計画を練っていきます…しかし思わぬところに、落とし穴が。金泉堂VS子どもたちの戦いの行方は、子どもたちに優勢になったり、金泉堂に優勢になったり…、後半に続くどんでん返しには何度もハラハラさせられて。けれどもジェットコースターのような展開のあとには、何ともすっきり、気持ちの良い読後感が残ります。   登場するキャラクターの面白さや、子どもたちらしい発想の数々がなんともユーモラス。楽しいお話にぴったりのさし絵を書いているのは北田卓史さん。国語の教科書でもおなじみの『車のいろは空のいろ』の絵を書かれた方ですから、絵を見て懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか。まるでそばにいる友達がしゃべったり考えたりしているような生き生きとした登場人物たちの姿に、読む子どもたちは共感し、応援しながら読んでいくことでしょう。さらに大人たちの1本筋が通ったいさぎよさにも好感が持てて、ぜひ大人の方にも読んでいただきたいお話です。
(絵本ナビ編集部 秋山朋恵)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おとなはなんでぼくたちのいうことをしんじないの?みにおぼえのないつみをきせられたことから、子どもたちは町一番のケーキ屋さんに戦いをいどみます。

みんなのレビュー

  • 小学2年生が はまりました。。。
    1776ai
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年03月31日

    自分が子供のころ夢中で読んだ本です。小2の長女が、がっつり食いつきました!
    お勧めです。

    1人が参考になったと回答

  • 息子リクエスト
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月29日

    突然、この本を買ってくれと。。。学校のテストで?何やら紹介されてて読みたくなったとか( ´∀`)早速読んだらあっという間い読破。面白かったと読み返してます。

    0人が参考になったと回答

  • 痛快です。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年09月30日

    私が小学生の時に読んだ本。あまりにも面白くて当時母親にもすすめた記憶があります。小3息子は「まだ無理…」と半年ぐらい手付かずでしたが、読む本がない時に何となく手に取りあっという間に読破。「読んで良かった!」と絶賛していました。
    痛快でありながら、悪人は結局いないし、ハッピーエンド。おすすめです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

1,296円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ