ソモフの妖怪物語
  • Googleプレビュー

ソモフの妖怪物語 (ロシア名作ライブラリー)
オレスト・ミハイロヴィチ・ソモフ

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロシア文化発祥の地ウクライナは、多くの民間伝承が残り、昔からさまざまな妖怪たちの住む故郷でもありました。広大な森の奥には森の魔レーシイが隠れ、川や湖の水底には水の精ルサールカが潜み、禿げ山では魔女たちが集まって世にも恐ろしい宴サバトを開いていると信じられていたのです。そんな妖怪たちの姿を、プーシキンやゴーゴリよりも早く、初めて本格的にロシアの小説に取り込んだソモフの妖怪物語集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
クパーロの夜/ルサールカ/キエフの魔女たち/鬼火/キキモラ/寡婦の息子ニキータの話/人狼/骨砕きの大熊と商人の息子イワンの話

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ソモフ,オレスト・ミハイロヴィチ(Сомов,О.М.)(ソモフ,オレストミハイロヴィチ)
1792-1833。ウクライナに生まれ、地元の大学を卒業した後にロシアの首都ペテルブルグに上り、詩や散文の創作、雑誌編集の仕事を手がける。20代後半にヨーロッパを旅して当時流行の文学潮流にふれてからさらに旺盛な批評活動を展開し、のちにデカブリストとなる政治的活動家の文学者とも交流。1825年のデカブリストの乱のあとはジャーナリスト・作家として活躍したが、39歳の若さで他界した。ロマン主義文学者としてプーシキンや同郷のゴーゴリの先輩かつ友人であったが、没後ながらく忘れられ、150年を経て小説集がはじめて刊行され、現在はロシアの妖怪物語の原点に位置する作家としても高く評価されている

田辺佐保子(タナベサホコ)
ロシア文学研究・翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人魚の眠る家
      人魚の眠る家

      東野圭吾

      788円(税込)

    2. 2
      しなくていいがまん
      しなくていいがまん

      小林麻耶

      1,512円(税込)

    3. 3
      ルージュ
      ルージュ

      誉田哲也

      820円(税込)

    4. 4
      金の裏表
      金の裏表

      上田秀人

      691円(税込)

    5. 5
      下町ロケット ヤタガラス
      下町ロケット ヤタガラス

      池井戸 潤

      1,620円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ