本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

風待ちのひと (ポプラ文庫)
伊吹有喜

704(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介

“心の風邪”で休職中の男と、家族を失った傷を抱える女。海辺の町で偶然出会った同い年のふたりは、39歳の夏を共に過ごすことに。

内容紹介(出版社より)

NHKドラマ化・10万部突破などで話題の
『四十九日のレシピ』著者のデビュー作!

“心の風邪”で休職中の39歳のエリートサラリーマン・哲司は、亡くなった母が最後に住んでいた美しい港町、美鷲を訪れる。
哲司はそこで偶然知り合った喜美子に、母親の遺品の整理を手伝ってもらうことに。
疲れ果てていた哲司は、彼女の優しさや町の人たちの温かさに触れるにつれ、徐々に心を癒していく。
喜美子は哲司と同い年で、かつて息子と夫を相次いで亡くしていた。
癒えぬ悲しみを抱えたまま、明るく振舞う喜美子だったが、哲司と接することで、次第に自分の思いや諦めていたことに気づいていく。
少しずつ距離を縮め、次第にふたりはひかれ合うが、哲司には東京に残してきた妻子がいたーー。 
人生の休息の季節と再生へのみちのりを鮮やかに描いた、伊吹有喜デビュー作。
『四十九日のレシピ』にも似たあたたかな読後感に、心が包まれます。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

“心の風邪”で休職中の男と、家族を失った傷を抱える女。海辺の町で偶然出会った同い年のふたりは、39歳の夏を共に過ごすことに。人生の休息の季節と再生へのみちのりを鮮やかに描いた、著者デビュー作。『四十九日のレシピ』にも通じるあたたかな読後感に心が抱まれる物語。

著者情報(「BOOK」データベースより)

伊吹有喜(イブキユキ)
1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。2008年『風待ちのひと』(『夏の終わりのトラヴィアータ』改題)で第三回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(88件)

総合評価
 3.99

ブックスのレビュー(8件)

  • この本、よかった
    koene
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年09月27日

    この本もよかったです。伊吹作品、好きです。

    0人が参考になったと回答

  • 久々に引き込まれました
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年07月04日

    四十九日のレシピを読んでから読みたくなり購入しました、久々に話に引き込まれました

    0人が参考になったと回答

  • はじめは。。。
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年06月10日

    はじめはつまらなかったのですが、読んでいくうちにおもしろくなりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      「私」という男の生涯
      「私」という男の生涯

      石原 慎太郎

      869円(税込)

    2. 2
      52ヘルツのクジラたち
      52ヘルツのクジラたち

      町田そのこ

      814円(税込)

    3. 3
      月下のサクラ
      月下のサクラ

      柚月裕子

      902円(税込)

    4. 4
      三体
      三体

      劉 慈欣

      1,210円(税込)

    5. 5
      夜明けのすべて
      夜明けのすべて

      瀬尾 まいこ

      803円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ