本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

ITIL V3実装の要点 一問一答でよくわかる
久納信之

2,398(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2011年06月
  • 著者/編集:   久納信之
  • 出版社:   技術評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  239p
  • ISBN:  9784774146287

商品説明

内容紹介

社内ITサービスの現場でITILの各プロセスを実践していくうえで、ITILの解説で多用されている、一般には馴染みがない用語や概念を理解することが不可欠です。本書は一問一答形式の解説を足掛かりにして、ITILを実践するうえでの疑問の解決にフォーカスして解説します。5冊のITIL V3コアブックに対応した章構成なので読みやすく、またITILの実践で欠かせないSLA(サービスレベル合意)について独立した章で解説しているため、ITILのスキルを上げるための学習書として最適です。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ITILのプロセスを実装するために押さえておきたいポイント。現場で求められるITILプロセスの実践方法を解説する。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ITILの基本・キーワード(従業員100人未満の会社でもITILを実践する意義はありますか?/ITIL V3を実践するまでの期間を短縮するには? ほか)/第2章 サービスストラテジの疑問(ITILを実践すると、会社の利益を増やすことにつながりますか?/ITILのプロセスはどのように利益につながるのですか? ほか)/第3章 サービスデザインの疑問(顧客からの無理な要求には、どのように対応したらよいですか?/SLAを導入すると、IT組織は自分の首を絞めることになりませんか? ほか)/第4章 サービストランジションの疑問(構成管理のプロセスはどのように取り組めばよいですか?/CABとECABのメンバーは兼任してもよいのですか? ほか)/第五章 サービスオペレーションの疑問(機能的エスカレーションと階層的エスカレーションはどのように違うのですか?/インシデントの優先度はどのように決めるのですか? ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

久納信之(クノウノブユキ)
大手消費財メーカーにて長年、国内外のシステム開発、導入プロジェクト、IT運用に従事。1999年からはITILを実践し、ITSMの標準化と効率化に取り組む。2002年、itSMF Japan設立に参画するとともに、ITILの日本語化に協力。2004年からはITサービスマネジメントを中心としたコンサルタントとして活動中。itSMF Japan SLA分科会座長、itSMF Japan Value Creation分科会座長、itSMF Japan IT戦略とポートフォリオ分科会座長、EXIN ITILマネージャ認定資格試験採点を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    けんにゃん9156
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年06月04日

    ITILを実践する上での疑問点を解消してくれます。誤字脱字が多いのと図がまったく有効に補足になっていない点は、ちょっとマイナスですね。

    5人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ