犯罪は「脳」と「食品」がつくりだす(仮)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

「脳」が人を犯罪者に変える 「犯罪脳」をつくる「食」と「生活」 (日文新書)
北芝健

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

残忍でありながら非常に短絡的で、動機や背景が理解不能な異常犯罪が増加している。本書はそうした犯罪の原因が、現代人の「脳」にあり、また、そういった犯罪を生む脳をもたらしているのが現代の食であることを解き明かす。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある日突然、善良な人間を凶行へと駆り立てる「犯罪脳」とはいったいどのようなものなのか。また、「犯罪脳」をつくってしまう「食」と「生活」とはいかなるものなのか。脳の生化学的視点から、犯罪学にアプローチする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「脳」が人を、犯罪へと駆り立てる(脳の異常が引き起こす犯罪/知能指数と犯罪 ほか)/第2章 犯罪者の脳で何が起こっているのか(それでも脳は犯罪を起こす/狂った扁桃体が生んだ悲劇 ほか)/第3章 こんな「食」と「生活」が犯罪者をつくり出す(危険な油が脳を破壊する/体に甘く脳に甘くない砂糖の罠 ほか)/第4章 何を食べれば脳が健康になるのか(うつ病に効く食事とは/コレステロールで脳を守る ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北芝健(キタシバケン)
犯罪学者、作家、学術社団日本安全保障・危機管理学会顧問、教員。交番勤務ののち刑事となる。警視庁の語学課程で優等賞をもらい、公安警察に転属する。退職後、OB団体に所属し、早稲田大学大学院で犯罪社会学を研究。犯罪学と国際関係論を講義して教壇に立つ。推理小説、漫画原作なども手がけ、コメンテーターとしても活躍中。空手六段。護身術・空手道場「修道館」館長。早稲田大学卒業、元警視庁刑事

澤田彰史(サワダアキフミ)
群馬大学医学部卒、東京警察病院医師。日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。同院以外のさまざまな施設にても、外科手術・レーザー治療から、寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。テレビでのコメンテーターや、雑誌、新聞などでの連載等、幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

864円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      論語と算盤
      論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      お金の流れで読む 日本と世界の未来
      お金の流れで読む 日本と世界の未来

      ジム・ロジャーズ

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ