本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(外国)

タンポポたいへん!
シャーロット・ミドルトン

1,650(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



2009年のイギリスの作品。
アメリカ生まれの日本を代表する詩人という触書のアーサー・ビートが、とても気になりました。
彼は、卒論の執筆時に日本語に興味を持ち、1990年6月に単身来日。
来日後、通っていた日本語学校の教材の小熊秀雄の童話『焼かれた魚』を英訳した事をきっかけに、日本語での詩作、翻訳を始めたそうです。
現在は活動の幅をエッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなどに広げており、全国各地で講演活動等も行っています。
いわむらかずおさんの「14ひき」シリーズの英訳もされており、日本の作品が英訳されて紹介されることは、非常に好ましいことだと思います。

主人公は、モルモットのクリストファー。
タンポポの葉が大好きです。
最初は、モルモット達が楽しくタンポポの葉を食しているシーンで始まります。
しかし、モルモットヶ丘のタンポポが、モルモット達に食べ尽くされてしまったから、さぁ大変。
ネットでも購入できるのですが、高騰しているなんて、今時の話っぽい展開です。
クリストファーが、最後のタンポポを発見し、この食糧危機を乗り切るべく奮闘するのですが、今日的なテーマに取り組んでいると言えそうです。

コラージュを使った絵は、新鮮な感じ。
冒険と言った方が相応しいかも知れません。
ストーリーは、文字数は多いものの、分かり易く食育にも役立つ作品だと思います。
(ジュンイチさん 40代・広島県 男の子12歳、男の子6歳)

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(「BOOK」データベースより)

モルモットがおかのどこへいってもムシャムシャックシャクシャッときこえてきます。みんなタンポポのはっぱがだいすきで、あさからばんまでかじっています。このままではぜんぶなくなっちゃうかも。

著者情報(「BOOK」データベースより)

ミドルトン,シャーロット(Middleton,Charlotte)
絵本作家。英国グロスターシャーの小さな村に生まれる。幼いころから絵を夢中で描き、将来はイラストレーターになろうと決心。ケンブリッジ美術学校でイラストレーションとグラフィック・アートを学ぶ。現在は、グロスターシャーで田舎ぐらしをしている

ビナード,アーサー(Binard,Arthur)
詩人。米国ミシガン州に生まれる。ニューヨーク州の大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。『ここが家だベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ