風評被害
  • Googleプレビュー

風評被害 そのメカニズムを考える (光文社新書)
関谷直也

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 風評被害~そのメカニズムを考える~ 617円
紙書籍版 風評被害 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年05月
  • 著者/編集:   関谷直也
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  210p
  • ISBNコード:  9784334036249

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ウルリヒ・ベックというドイツの社会学者は『危険社会』という本で、富の分配が重要な課題であった産業社会の段階を超えて、科学技術によって作られる「危険」の分配が重要な課題となったと論じた。生命の危険を誰が負担するかという話である。それは必ずしも、物理的な危険性の話ではなく、経済的な危険も含んでいる。日本はそのリスクの負担を究極までに避けてきた。絶対の「安全」を追求していけば、少しでも危険といわれたものは避けようとする。根拠がなく、ある食品や商品、地域や日本ブランドそのものが「安全でない」と見なされて、経済的被害を引き起こす。それが「風評被害」である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 風評被害とは何か/第2章 「放射能パニック」と風評被害/第3章 原子力事故と風評被害/第4章 メディア報道と風評被害/第5章 安全と風評被害/第6章 流通と風評被害/第7章 観光産業と風評被害/第8章 企業・金融・保険と風評被害/第9章 東日本大震災における「風評被害」と「うわさ」/第10章 東日本大震災後の日本が抱えるジレンマ/終章 風評被害にどう立ち向かうか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
関谷直也(セキヤナオヤ)
1975年新潟生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。東京大学大学院人文社会系研究科社会情報専門分野修士課程修了。東洋大学社会学部准教授。2007年日本災害情報学会学術貢献分野・廣井賞受賞。2009年日本広報学会賞優秀研究奨励賞・日本広告学会賞学術部門賞受賞。専門は災害情報・環境情報の社会心理、安全社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.27

ブックスのレビュー

  • 風評被害はどうしておこるのか?
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年09月15日

    初版5月はあの東日本大震災から2カ月後のことです。著者は何年も以前から研究されていたのでしょうが、あまりにもリアルで風評被害のメカニズムが手に取るように解ります。よく見、聞き、考えて小出しの報道に躍らされる事のない、賢明な行動をとれる大人になりたいと思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      【予約】「糖質過剰」症候群
      【予約】「糖質過剰」症候群

      清水泰行

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ