水雷兵器入門
  • Googleプレビュー

水雷兵器入門 水面下に潜む恐るべき爆発力 (光人社NF文庫)
大内建二

740円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
水雷兵器は銃や大砲と違い、その歴史は大変新しい。最も早く発明された機雷もその歴史は二百三十年で銃や大砲などの三分の一程度である。しかし水雷兵器のその後の発達は急速で、近代から現代に戦われた多くの海戦で、主力兵器として登場してくる。現在はエレクトロニクス技術と一体となり水雷兵器は存在する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 水雷前史/第2章 機雷/第3章 魚雷/第4章 爆雷/第5章 水雷兵器余話

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大内建二(オオウチケンジ)
昭和14年、東京に生まれる。37年、立教大学理学部卒業後、小野田セメント株式会社(後の太平洋セメント株式会社)入社。中央研究所、開発部、札幌支店長、建材事業部長を歴任。平成11年、定年退職。現在、船舶・航空専門誌などで執筆。「もう一つのタイタニック」で第4回海洋文学大賞入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    KZY666
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2011年06月17日

    題材は悪くないが、著者のレベルがそれに伴っていない。筆が滑り気味で悪文の傾向があるのは他の著作と同じだが、事実と相違する記述は特に多い部類だと思う。近年定説が変わってきたような点が誤っているわけでもなく、単に調査の手を抜き、思い込みで書いているだけ。例えば日本海軍について、全ての巡洋艦の魚雷発射管数が12門だとか、水上艦艇・潜水艦とも装備していた魚雷全てが酸素魚雷だったとか、本当に酷い。その他にも時系列を無視した記述や色々事実誤認があり、とても「入門」を名乗る資格はない。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

740円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    2. 2
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    4. 4
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    5. 5
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ