通貨戦国時代円高が続く本当の理由
  • Googleプレビュー

通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 (朝日新書)
小口幸伸

756円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 540円
紙書籍版 通貨戦国時代 756円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年07月
  • 著者/編集:   小口幸伸
  • レーベル:   朝日新書
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  213p
  • ISBNコード:  9784022734051

商品説明

"ドル安の流れが止まらず、ユーロ加盟国の財政危機が続く。世界はこれから始まる通貨大戦争を経て、ドル基軸通貨体制の全面組み換えに発展することになる。大きな流れは二つ。人民元をめぐる米中の闘いとリーマンショック後の金融危機の後遺症だ。そしてその流れに「ドル」の先細りが重なる。本書はドル体制が崩れていくプロセスとその後の新体制を予想し、また日本の新たな「成長戦略」も描いていく。 "

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
リーマン・ショック後の通貨安競争を経て、世界は「通貨戦国時代」に入った。人民元をめぐる米中の闘い、相対的に安全だとして円に「避難」してくる国際マネー…。ドル本位体制の行方は?最終的に円は勝てるか?伝説のカリスマ・ディーラーが通貨を論じ尽くす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 世界通貨戦争が起きている/2 通貨戦争の背景/3 通貨戦争の兵器と威力/4 チキンゲーム/5 通貨戦争の中の円/6 通貨戦争の法則/7 円はどうなるか/8 世界はどこへ行くのか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小口幸伸(オグチユキノブ)
通貨・国際投資アナリスト。1950年、群馬県生まれ。横浜国立大学経済学部卒。シティバンクでチーフディーラー、ミッドランド銀行、ナショナルウエストミンスター銀行で国際金融本部長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

756円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴル…

      板橋 繁

      1,296円(税込)

    4. 4
      世界の危険思想
      世界の危険思想

      丸山ゴンザレス

      799円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ