これからの電気のつくりかた(仮)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

これからの電気のつくりかた 早わかり!図解 (ローレンスムック)
小山哲太郎

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

脱原発時代、発電はどうあるべきか?

東日本大震災による原発事故がきっかけとなり、エネルギー政策の転換や「脱原発」の議論が高まっています。
埋蔵資源に乏しく、原子力発電の先行きが不透明になった現在、日本は将来にわたる安全で安定的な電力供給を
どう実現するべきかという喫緊の課題に直面している。そんな中、「未来の発電はどうあるべきか?」を考える
ための拠り所となるのが本書。「原発が止まったら電力は足りるのか?」から始まり、電気エネルギーの歴史や
仕組み、さまざまな発電システムの利点と問題点、そして未来の発電の可能性について図解します。

【主な内容】
1章 原発は止まったら電気は足りるのか?
火力発電でまかなえるのか? 全国発電所の発電量など

2章 電気のしくみとさまざまな発電方法
さまざまな発電技術を図解。実験段階のものも含む

3章 家庭で発電はできるのか?
太陽光発電、電力の買い上げ、自家発電のコストなど

4章 電気はどうやって届くのか?
配電技術の基礎、スマートグリッドなどの最新技術

5章 電気をどう蓄えるか?
電気は貯められないが、蓄電技術も進歩している

6章 電気に関するQ&A


各章の末尾コラムや巻末Q&Aには、電気にまつわる旬の疑問を盛り込みます。
●海外ではどこの電力会社から電気を買うか選べるか、日本では今後どうなっていくか?
●関東と関西では電気の周波数が異なる。その理由と、将来的に統一されるのか?
●54基の原子力発電所の大半はすでに停止しており、それでも計画停電は免れているのはどういう理由?
●自家発電した電気の買い上げ制度や、自治体の補助はどうなっているのか?
●ソフトバンク孫社長が提唱する「電田プロジェクト」はどうなっている?

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ