ニッポンの国境
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

ニッポンの国境 (光文社新書)
西牟田靖

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ニッポンの国境 617円
紙書籍版 ニッポンの国境 820円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年07月
  • 著者/編集:   西牟田靖
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  250p
  • ISBNコード:  9784334036331

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロシアが支配を強める北方領土、日韓関係のアキレス腱・竹島、中国が虎視眈々と狙う尖閣諸島ーこれらの領土問題はなぜ発生し、現在もなおくすぶり続けるのか。国境がなければ見向きもされないような小さな島が、衝突を引き起こすのはなぜか。問題が必ず再燃するのはなぜかー。歴史的背景や外交の舞台裏、さらには島民の声などを拾った貴重な現地ルポを交え、その原因と真相に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 国境の誕生(国境の誕生と領土のルール/あいまいな日本の領土)/第2章 戦後の復興と領土問題の発生(東西に分断されていたかもしれない日本/サンフランシスコ講和条約という爆弾)/第3章 冷戦の道具にされた島々-北方領土編(日本政府と北方領土/日本とロシアの影響力/四島返還へのこだわりが生んだもの)/第4章 日韓に打ちこまれた楔ー竹島編(日本と韓国の温度差/密約とアメリカの影)/第5章 隔離された島々-尖閣諸島編(自由に行けない政治的秘境/動き始めた「禁断の島々」)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西牟田靖(ニシムタヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業。ノンフィクション・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.72

ブックスのレビュー

  • (無題)
    johnny5373
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年01月07日

    北方領土や竹島、尖閣諸島。
    ニッポンを取り巻く領土問題について
    その歴史と現状、問題点について言及している。
    日本政府が「我が国固有の領土」と主張している北方領土も
    歴史を辿れば、そこは本来アイヌの人たちの生活領域であったことは明白だ。
    僕にとって、興味深いテーマであるが
    それぞれの領土問題に対する著者の考え方はかなり僕に近い。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

820円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
      知ってはいけない2 日本の主権はこうし…

      矢部 宏治

      950円(税込)

    2. 2
      女の不作法
      女の不作法

      内館牧子

      864円(税込)

    3. 3
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    4. 4
      払ってはいけない
      払ってはいけない

      荻原 博子

      820円(税込)

    5. 5
      自分が高齢になるということ
      自分が高齢になるということ

      和田秀樹(心理・教育評論家)

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ