夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

アンのゆりかご 村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡恵理

825(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • アンのゆりかご村岡花子の生涯(新潮文庫)[村岡恵理]
  • +
  • 白蓮れんれん(集英社文庫)[林真理子]
  • アンのゆりかご 村岡花子の生涯 (新潮文庫)
  • 村岡恵理

825円(税込)

在庫あり

902円(税込)

在庫あり

合計 1,727円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

『赤毛のアン』で知られる名翻訳家、村岡花子の波乱万丈の生涯を、孫娘が描いた心温まる評伝。アンのファン必読!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

戦争へと向かう不穏な時勢に、翻訳家・村岡花子は、カナダ人宣教師から友情の証として一冊の本を贈られる。後年『赤毛のアン』のタイトルで世代を超えて愛されることになる名作と花子の運命的な出会いであった。多くの人に明日への希望がわく物語を届けたいー。その想いを胸に、空襲のときは風呂敷に原書と原稿を包んで逃げた。情熱に満ちた生涯を孫娘が描く、心温まる評伝。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグ 戦火の中で『赤毛のアン』を訳すー昭和20年(1945)4月13日、太平洋戦争が終結する4ヵ月前/第1章 ミッション・スクールの寄宿舎へー明治26〜36年(1893〜1903、誕生〜10歳)/第2章 英米文学との出会いー明治37〜40年(1904〜07、11〜14歳)/第3章 「腹心の友」の導きー明治41〜大正2年(1908〜13、15〜20歳)/第4章 大人も子供も楽しめる本をー大正3〜6年(1914〜17、21〜24歳)/第5章 魂の住家ー大正7〜10年(1918〜21、25〜28歳)/第6章 悲しみを越えてー大正11〜昭和2年(1922〜27、29〜34歳)/第7章 婦人参政権を求めてー昭和3〜13年(1928〜38、35〜45歳)/第8章 戦時に立てた友情の証ー昭和14〜20年(1939〜45、46〜52歳)/第9章 『赤毛のアン』ついに刊行ー昭和21〜27年(1946〜52、53〜59歳)/第10章 愛おしい人々、そして本ー昭和28〜43年(1953〜68、60〜75歳)/エピローグ 『赤毛のアン』記念館に、祖母の書斎は残るーアン誕生100周年、花子没後40年の平成20年(2008)4月13日

著者情報(「BOOK」データベースより)

村岡恵理(ムラオカエリ)
1967(昭和42)年生れ。虎城大学文芸学部卒業。祖母・村岡花子の著作物や蔵書、資料を、翻訳家の姉・村岡美枝と共に保存し、’91(平成3)年より、その書斎を「赤毛のアン記念館・村岡河子文庫」として、愛読者や研究者に公開している(不定期・予約制)。また『赤毛のアン』の著者、L.M.モンゴメリの子孫やプリンス・エドワード島州政府と交流を続け、日本とカナダの友好関係促進につとめる。東日本大震災で保護者を亡くした子どもたちの支援を目的とした「赤毛のアン募金」の運営に参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(148件)

総合評価
 4.23

ブックスのレビュー(42件)

  • 赤毛のアン好き♪
    Anne66
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年11月14日

    所謂、海外の名作は色々な方が翻訳し、読んでいる私達は必然的にその翻訳者の言葉をそのまま著者の言葉として、その本を読んでいます。
    が、『言葉』としてとらえた場合、その多くが翻訳者から来るわけで、それを思うと翻訳の仕事というのは、大変荷の重い仕事なんだなと今更ながらに実感します。
    この『アンのゆりかご』は、日本で最初に『赤毛のアン』を翻訳かつ紹介した『村岡花子』さんの生涯を著者である孫娘の恵理さんが描いています。
    『赤毛のアン』は、随分と長い間ファンですが、翻訳者の村岡花子さんのことは、この本を読むまではほとんど知りませんでした。
    『赤毛のアン』が、いかにして世に出たのかなどが、親族ならでは知り得た事柄もあり、大変興味深く読むことができる一冊だと思います。
    又、村岡花子さんの交友録には、正直驚きました!
    歴史上に名を連ねる錚々たる面々(柳原白蓮、片山廣子、林芙美子、市川房枝、宇野千代などなど)が、普通に友人として登場します。
    そういう面からでも、十分に楽しめる本です。
    『赤毛のアン』ファンの方々以外にも、是非お勧めしたいです♪
    そして、最初に読んだ『赤毛のアン』が、村岡花子さん翻訳で本当によかったと思いました。

    23人が参考になったと回答

  • (無題)
    ナオラヴ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年07月06日

    朝ドラの原作でもある「アンのゆりかご」、まずタイトルがとても素敵だと思いました。
    私も中学生の頃に夢中で読んだ新潮文庫の赤い背表紙のアンシリーズ、もちろん訳は村岡花子さんによる物ですが、訳者がどういった方なのか思いを致すことは有りませんでした。
    しかし朝ドラの主人公ということで、興味が湧きドラマが始まる頃にこの本を購入、波乱の人生に驚き、また楽しみながら一気に読み終えました。
    やはりドラマはかなり脚色が加えて有りますので、興味がある方は原作を読まれる事をお勧めします。

    10人が参考になったと回答

  • (無題)
    志津ママ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年05月13日

    もう少し細かに村岡花子さんの生涯が書かれているのかと思いましたが、かなり端折って全体をまとめている感は否めなかったかも?やはりお孫さんの書かれたものゆえ、村岡花子訳の「赤毛のアン」の愛読者世代としては、内容が薄めに感じました。しかし、村岡花子さんがあまりに偉大過ぎて、つい比べて読んでしまい、稚拙さを感じるだけかもしれませんが、2〜3巻に分かれても良いから、もう少し濃い文章を読みたい気がしました。
    ただ、これを読んでから「花子とアン」を観ると、おいおい、そこまで原作と変えるかぁ?赤毛のアンを重ね過ぎ、脚色し過ぎ!と、ツッコミどころがより解り、反対にドラマを面白く観れるかもしれません。

    4人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入りシリーズ

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入りシリーズ

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      Yuming Tribute Stories
      Yuming Tribute Stories

      小池 真理子

      649円(税込)

    2. 2
      ツナグ 想い人の心得
      ツナグ 想い人の心得

      辻村 深月

      781円(税込)

    3. 3
      クジラアタマの王様
      クジラアタマの王様

      伊坂 幸太郎

      825円(税込)

    4. 4
      【予約】八丁越 新・酔いどれ小籐次(二十四)
      【予約】八丁越 新・酔いどれ小籐次(二…

      佐伯 泰英

      825円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】ミノタウロスの皿(1)
      【入荷予約】ミノタウロスの皿(1)

      藤子・F・ 不二雄

      618円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ