鉄道公安官と呼ばれた男たち
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん” (交通新聞社新書)
濱田研吾

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 鉄道公安官と呼ばれた男たち 756円
紙書籍版 鉄道公安官と呼ばれた男たち 864円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「鉄道公安官」とは、昭和22年から国鉄分割・民営化まで活躍した、「鉄道公安職員」の通称。現在、その役割は都道府県警による鉄道警察隊に引き継がれているが、当時はれっきとした国鉄職員であった。本書では、国鉄マンとしての誇りを持ちながら、駅や列車内でのスリ、窃盗、暴力事件などと戦い続けた、その全貌を、新たな資料とインタビューにより明らかにする。鉄道という閉じた「舞台」ならではの犯罪エピソードも興味深い。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 1%未満のプロフェッショナル/第2章 それでも列車は走っていた/第3章 誇りと重みの黒手帳/第4章 犯罪者は鉄道がお好き/第5章 われら、強く優しき国鉄マン/第6章 鉄路の友は、デモのなか/第7章 昭和62年3月31日/資料編

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
濱田研吾(ハマダケンゴ)
1974年大阪府交野市生まれ。ライター・編集者。社史や企業PR誌の執筆・編集のかたわら、昭和時代の芸能史、映画史、放送史、広告文化史、鉄道史を研究。著作や雑誌などに発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.4

ブックスのレビュー

  • いま一歩でした
    orohane10502
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2012年04月05日

    内容がやや平板で読み甲斐が期待していたほどなかった

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年01月29日

    鉄道公安官って警察官のイメージでしたが、国鉄時代は国鉄職員だったんですね。昔やっていたテレビドラマとは本当は少し違う鉄道公安官の姿について読みやすく書かれています。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

864円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ