本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 文学史(日本)

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
蛇蔵

990(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2011年08月
  • 著者/編集:   蛇蔵海野凪子
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  118p
  • ISBN:  9784344020375

よく一緒に購入されている商品

  • 日本人なら知っておきたい日本文学ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典[蛇蔵]
  • +
  • 日本人の知らない日本語なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ[蛇蔵&海野凪子]
  • 日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
  • 蛇蔵

990円(税込)

在庫あり

合計 2,035円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明……
「名前だけ知ってるあの人」が大好きになる教養コミック!
累計140万部突破のベストセラー『日本人の知らない日本語』著者、待望の最新刊!!

『日本人の知らない日本語』『日本人の知らない日本語2』が累計140万部のベストセラーとなった著者の、待望の最新作です。 日本文学上の有名人である「清少納言・紫式部・藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・兼好・ヤマトタケル」の9人について、一般にあまり知られていない人物像をマンガで紹介します。笑ったり共感したりするうちに、古典そのものに興味がわく教養コミックです。


【この本、売れてます!】
『日本語の難問』はこちら

内容紹介(「BOOK」データベースより)

紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明…古典の有名人9人のおもしろエピソードが楽しめる教養コミック。

目次(「BOOK」データベースより)

1章 清少納言『枕草子』より/2章 紫式部『紫式部日記』より/3章 藤原道長『御堂関白記』より/4章 安倍晴明『大鏡』より/5章 源頼光『今昔物語集』より/6章 菅原孝標女『更科日記』より/7章 鴨長明『方丈記』より/8章 兼好『徒然草』より/9章 番外編ヤマトタケル『古事記』より/巻末ふろく 古典のおはなしこぼればなし

著者情報(「BOOK」データベースより)

蛇蔵(ヘビゾウ)
コピーライター・漫画家

海野凪子(ウミノナギコ)
日本語教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(318件)

総合評価
 4.02

ブックスのレビュー(121件)

  • 日本人の知らない日本語の続編?
    お父さん(松)
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年10月28日

    子供が大好きな日本人の知らない日本語(1)・2に続いて海野凪子先生の本です。子供と一緒(別々?)に大変面白く読ませていただきました。
    勉強になります。是非!
    (画像は、裏表紙と読売新聞に載ってた広告です。)

    8人が参考になったと回答

  • たいへん今風な切り口で、おもしろいっ!
    ショウ1701
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年09月08日

    好きです!、こ〜いうタイプのコミック(?になるの)秋の夜長にドタマあんまり使わんと読めちゃう一冊、しかもけっこ〜ニヤリとさせてくれるので、気分転換にはもってこいっ!の一品でしょうか。おしむらくは、収録人物が九人といささかものたりなさげ、カラーページが最初のせいしょーナゴンおんり〜。(全ぺーじカラーって、やっぱムリ?)んでも、それさっぴぃたって価値アル一冊〜みたいな。「この本読んでからレビュー書くと、すこし脱線しているような気がしないでもない。」まあ、とにかくオススメできるです。ん、にしても、もう第三刷、幻冬舎どんだけもうけるねんっ、ちゅうこってすけど、そこはツッコまないでおきやしょう。(気になる続きは二巻で!)と書いてあったから、幻冬舎さん二巻必ず出してよ!二巻がでたら☆五つになおしたげるね。「話は変わるが、いっしょに付いてきたシオリに載ってる女の子は誰れ?すんごくカワイイんだけど」。

    6人が参考になったと回答

  • (無題)
    E.W.H.P.T. IV
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年02月13日

    本書は蛇蔵さんの描いた「コミック」です。(断言)
    『日本人の知らない日本語』1&2つながりで購入しましたが、前書が凪子先生の体験談に対し、本書は蛇蔵さんメイン。
    1000年前の文学者達のエピソードをマンガで描いてるのですが、セリフが思い切り現代語(しかもネット用語多用)なので、まるで現代の話を見ているようです。日本人は1000年前から変わってないんだな〜、と苦笑い。
    凪子先生はそれぞれのエピソードの最後に解説者的に登場。
    本編のハジケかたが凄いので、いかにも先生の解説といった感じです。どこまでも真面目だなぁ。それに対して蛇蔵さんはちょっと腐女...いや、なんでもありません。

    買ってから暫く読まず積んでいて、昨年末の帰省の電車の中で読み始めたのですが、一気に読み終わってしまいました。
    これはもっと読まれるべき!

    4人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ