官僚制批判の論理と心理-デモクラシーの友と敵
  • Googleプレビュー

官僚制批判の論理と心理 デモクラシーの友と敵 (中公新書)
野口雅弘

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 官僚制批判の論理と心理 デモクラシーの友と敵 799円
紙書籍版 官僚制批判の論理と心理 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年09月
  • 著者/編集:   野口雅弘
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  187p
  • ISBNコード:  9784121021281

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
多くの人が福祉社会を志向しているにもかかわらず、それを支えるはずの行政への不信が蔓延している。本書では、目まぐるしく変わる政治状況を横目に見ながら、官僚制批判のさまざまな連関が辿られていく。トクヴィル、カフカ、ハーバーマス、シュミット、アーレントら幅広い論者が呼び出され、ウェーバーの官僚制論が現在との関連で検討される。官僚制と戦う強いリーダーが待望される現実と対峙する鋭利な政治思想史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 リヴァイアサンとロマン主義(概念の成立の遅さ/オイコスと近代 ほか)/第2章 デモクラシーと官僚制(ウェーバーの時代/ロベルト・ミヘルスとデモクラシーの逆説 ほか)/第3章 「正当性の危機」から新自由主義へ(ルソーとウェーバー/官僚制の正当性 ほか)/第4章 「鉄の檻」以後のカリスマの問題(近代の時代診断とカリスマへの期待/日本官僚制論の構図 ほか)/第5章 読み直されるウェーバーの官僚制論(グローバル化のなかで/比較類型論の復権 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野口雅弘(ノグチマサヒロ)
1969年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。2003年、ボン大学哲学部で博士号(Ph.D.)取得。早稲田大学政治経済学術院助教、岐阜大学教育学部准教授等を経て、2010年4月より、立命館大学法学部准教授。専門は政治学、政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(17件)

総合評価
 3.54

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      論語と算盤
      論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ