14歳からの原発問題
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

14歳からの原発問題 (14歳の世渡り術)
雨宮処凛

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

「3・11」で原発の恐ろしさに気付いた著者が、小熊英二・鎌仲ひとみ・西尾漠・原発労働者ら6名の専門家を訪ね、原発についてイチから学ぶ。これからを生き抜くための「原発問題」入門。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「3・11」まで無関心だった著者が、イチから学んだ「原発問題」。未来を台無しにしないための、日本で一番わかりやすい原発本。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「原発いらない!」と気付いた日ー3・11からの「反原発」/第2章 原発の中では何が起きている?-元・原発労働者Aさんに聞く/第3章 なぜ日本に原発ができたのかー社会学者・開沼博さんに聞く/第4章 世界の動きと日本の原発ー歴史社会学者・小熊英二さんに聞く/第5章 そもそも原子力発電ってなに!?-「はんげんぱつ新聞」編集長・西尾漠さんに聞く/第6章 20キロ圏内にとり残された動物たちー獣医・なかのまきこさんに聞く/第7章 「総被曝時代」に立ち向かうためにー映画監督・鎌仲ひとみさんに聞く

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
雨宮処凛(アマミヤカリン)
1975年、北海道生まれ。作家・活動家。2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)を出版し、デビュー。以来、若者の「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。06年からは新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。メディアなどでも積極的に発言。07年に出版した『生きさせろ!難民化する若者たち』(太田出版)でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.89

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ