お買い物マラソン開催中! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 数学
分散分析超入門誤差は必然か、偶然か?知識ゼロでもわかる統計学[前野昌弘]
  • Googleプレビュー

分散分析超入門 誤差は必然か、偶然か? 知識ゼロでもわかる統計学
前野昌弘

2,178(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2011年11月
  • 著者/編集:   前野昌弘
  • 出版社:   技術評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  159p
  • ISBN:  9784774148618

商品説明

分散分析は、実験などから得た結果が有効かどうかを判定する手法です。どのような要因が互いに作用しあってもたらされた結果なのかを調べます。新薬の開発や洗剤の洗浄力の違いなども、分散分析によって何が影響しているのか追究できるのです。実用でいえば、それを明らかにすることで品質の高い商品が開発されていくのです。地道な計算が必要になりますが、身の回りの例を使って手ほどきします。分散分析と関わりの深い、検定(t検定、カイ二乗検定など)や回帰分析にもふれます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
データのバラツキは偶然?一番影響を与える因子はどれ?誤差ってなに?-。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 検定の復習(母平均の検定、適合度の検定など)(検定の判断基準/第一種の誤りと第二種の誤り/異常値の検定)/第2章 バラツキを解析する(分散分析の原理/繰り返しで実験が行われた場合の分散分析)/第3章 2要因の効果を検証するー二元配置の分散分析(繰り返しのない二元配置の分散分析/有意水準と信頼区間/因子間の相乗効果)/第4章 3要因の効果を検証するー三元配置の分散分析(因子の水準間組み合わせ/交互作用の解釈/実験データをマトリックスにする)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
前野昌弘(マエノマサヒロ)
兵庫県神戸市出身。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。化学系企業の研究所長を歴任後、東京理科大学材料工学科教授および米国イリノイ州立大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      週パン(ダ)大衆
      週パン(ダ)大衆

      1,100円(税込)

    2. 2
      空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑
      空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる…

      荒木 健太郎

      1,375円(税込)

    3. 3
      東京・銀座 WAKO SPECIAL BAG BOOK
      東京・銀座 WAKO SPECIAL BAG BOOK

      2,249円(税込)

    4. 4
      【予約】パンダ自身 2頭め
      【予約】パンダ自身 2頭め

      企画出版室

      1,200円(税込)

    5. 5
      生物はなぜ死ぬのか
      生物はなぜ死ぬのか

      小林 武彦

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ