本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

電力と国家 (集英社新書)
佐高信

748(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2011年10月
  • 著者/編集:   佐高信
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  173p
  • ISBN:  9784087206135

商品説明

内容紹介

「公(パブリック)」精神なき国に原発という怪獣が生まれた

フクシマの惨劇を目の当たりにした今こそ「民vs.官」で繰り広げられてきた、電力をめぐるこの国の暗闇の歴史を徹底検証。真の公益性と公の精神を取り戻し、電力の明日を考える、今こそ必読の1冊。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

軍部と革新官僚が手を結び、電力の国家統制が進んだ戦前、「官吏は人間のクズである」と言い放って徹底抗戦した“電力の鬼”松永安左エ門「原爆の洗礼を受けている日本人が、あんな悪魔のような代物を受け入れてはならない」と原発に反対した木川田一隆など、かつて電力会社には独立自尊の精神を尊び、命を賭して企業の社会的責任を果たそうとする経営者がいた。フクシマの惨劇を目の当たりにした今こそ、我々は明治以来、「民vs.官」の対立軸で繰り返されてきた電力をめぐる暗闘の歴史を徹底検証し、電力を「私益」から解き放たねばならない。この国に「パブリックの精神」を取り戻すところから、電力の明日を考える。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 国家管理という悪夢ー国策に取り込まれた電力事業(勲章を嫌った民間人/勲一等とは?/電力国営化の背景 ほか)/第2章 誰が電力を制するのかー「鬼の棲み家」で始まった民の逆襲(銀座電力局で「鬼」の復活/松永、GHQに一発かます/改革ではなく革命 ほか)/第3章 九電力体制、その驕りと失敗ー失われた「企業の社会的責任」(木川田の逡巡と決断/ファウスト的契約/企業の社会的責任とは何か ほか)/おわりに 試される新たな対立軸

著者情報(「BOOK」データベースより)

佐高信(サタカマコト)
1945年山形県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。高校教師、経済誌編集長を経て、評論家として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(13件)

総合評価
 3.45

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    トモガラ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年12月26日

    戦前の挙国一致体制下でも電力の「民営化」を維持しようとした「電力の鬼」松永安左エ門と、戦後の原子力発電の事実上の「国営化」をもたらした(国家・役人との緊張関係を無くした)平岩外四元東電社長を対比させ、その差を今回のフクシマ原発事故の原因の深層にあるものと見る著者の視点には、強い説得力を感じる。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ