本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
国民ID制度が日本を救う
  • Googleプレビュー

国民ID制度が日本を救う (新潮新書)
前田陽二

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 国民ID制度が日本を救う(新潮新書) 648円
紙書籍版 国民ID制度が日本を救う 734円

商品基本情報

  • 発売日:  2011年10月
  • 著者/編集:   前田陽二松山博美
  • レーベル:   新潮新書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  182p
  • ISBNコード:  9784106104404

商品説明

国民への番号付与は「世界の常識」である。もし日本でも実現していたら、東日本大震災の被災者支援はもっとスムースに進み、「消えた年金」問題も生じず、「役所たらい回し」も減っていたかもしれない。経済効果は3兆円以上との試算もある。アレルギー反応を示すより、「番号がないことのマイナス」を真剣に問い直すべきだ。導入後の社会のイメージ、情報漏洩の防ぎ方など、制度の根幹を徹底解説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国民への番号付与は「世界の常識」である。もし日本でも実現していたら、東日本大震災の被災者支援はもっとスムーズに進み、「消えた年金」問題も生じず、「役所たらい回し」も減っていたかもしれない。経済効果は年間3兆円以上との試算もある。アレルギー反応を示すより、「番号がないことのマイナス」を真剣に問い直すべきだ。導入後の社会のイメージ、情報漏洩の防ぎ方など、制度の根幹を徹底解説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 あたりまえのことができていない国/第2章 国民ID制度は世界の常識/第3章 IT戦略の「失われた10年」/第4章 国民IDの不在が生み出す深刻な問題/第5章 行政システムを一気に変える起爆剤/第6章 情報漏洩はこうして防ぐ/第7章 便利で公平で安心な社会を目指して

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
前田陽二(マエダヨウジ)
1948年生まれ。工学博士。早大大学院理工学研究科修了。三菱電機、次世代電子商取引推進協議会などで調査研究に従事

松山博美(マツヤマヒロミ)
1953年生まれ。九州大学工学部卒。ITベンダー、次世代電子商取引推進協議会でコンサルティング・調査研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(12件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • 日常でのネットの係り方を勉強したい。
    一歩一歩7395
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年12月30日

    ネットの良し、悪しを把握しておく必要があると思い、勉強するために購入しました。その点この本は、参考になると思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

734円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    5. 5
      漢帝国ー400年の興亡
      漢帝国ー400年の興亡

      渡邉 義浩

      950円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ